攻撃的オーダーも実らず逆転負け(H-L 9回戦)

IMG_1272

敗戦


9日はホークスと対戦し1-3で敗れました。

本日のスタメン


中村剛也選手が指名打者で出場しサードは呉念庭選手、セカンドはスパンジェンバーグ選手が守るという攻撃的なオーダーとなりました。
また川越誠司選手が9番ライトで今季初スタメン出場しています。

平井投手好投


先発の平井克典投手は6回1失点の好投でした。
1点リードの6回に無死満塁から同点に追いつかれましたが最小失点で切り抜けています。
序盤は7回までは投げられそうな球数でしたが味方の拙い守備の影響で球数が増えてしまったのが響いてしまった形となりました。
先発として十分試合を作ってくれていますので次回登板は勝ち星をつけたいところです。

7回からは武隈祥太投手が登板し2死3塁の場面で小川龍也投手に交代しましたが、柳田選手に決勝タイムリーを打たれてしまいました。
結果論ではありますが武隈投手の続投でも良かった気がしています。

8回は十亀剣投手が先頭打者への四球を足がかりに追加点を奪われてしまいました。
非常に大きな失点となりましたしベテランとして無駄な四球は防いで欲しいところでした。

初回の1点のみ


​打線は初回に栗山巧選手の内野ゴロの間に1点を先制しました。
しかし無死2、3塁のチャンスを作っただけに複数得点を奪いたいところでした。

更に2回も無死1、2塁のチャンスを作りますが後続が三者連続三振に倒れました。
これでホークス先発松本投手が調子を取り戻したのか3回以降は無安打に終わっただけに、序盤のチャンスを逃したのが大きく響く結果となりました。

また今日は勝ちパターンを休ませるために攻撃的なオーダーを組んだようですがスパンジェンバーグ選手の動きが良くなかったため試合途中でセカンドとサードが入れ替えられました。
結果として平井投手の球数が増えたため作戦が裏目に出てしまったと思います。

今日の栗メーター


栗山巧選手は無安打で2000本安打まで残り60本のままとなっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


5/9ファーム結果:渡邉投手が好投も打線はあと1本が出ず敗戦


IMG_1270

敗戦


9日のイースタンリーグはジャイアンツと対戦し1-2で敗れました

渡邉投手先発復帰


先発復帰した渡邉勇太朗投手は6かい2失点とまずまずの内容でした
5回に2ランを浴びたものの続く6回は三者凡退に抑えています。
先発で結果がせ出ずリリーフでも不安定でしたが何か掴んだものがあるでしょうか。
期待値は高いだけに先発経験を積んで大きく成長して欲しいです。

2番手以降の吉川光夫投手、宮川哲投手、榎田大樹投手はそれぞれ無安打無失点に抑えたものの四球を与えてしまっています。

宮川投手は2死から連続四球を与えてしまいました。
重圧のかかる登板ではないだけにファームでは圧倒するような投球を見せて欲しいです。

榎田投手も2四球を与えました。
三振を取るタイプではないだけに無駄な四球は防いで欲しいところです。

二桁安打

​​​打線は10安打を放ちながらもあと1本が出ませんでした

8回にようやく渡部健人選手が1点差に迫るタイムリーを放ちました。
イースタンリーグの2冠王を快走していますが、当面は1軍でも通用するような打撃を磨いて欲しいです。

また2番に入った仲三河優太選手が猛打賞を記録しました。
打撃の状態は上がってきており将来的にはパワーもついてくると面白い存在になりそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


思い出の試合:1995年4月1日 ダイエーホークス戦

IMG_1268

東尾監督の初陣


1994年オフに黄金期を築いた森監督が退任し東尾監督が就任しました。
初陣となる1995年開幕戦は同じく新監督の王監督率いるホークスとの対戦となりました。

開幕投手を務めた郭泰源投手は立ち上がりから安定せず無死満塁のピンチを招くと新外国人ミッチェル選手に初打席満塁ホームランを浴びてしまいます。
更にその後も連打を浴び初回にいきなり7点のリードを奪われてしまいました。

しかし打線も前年までのチームメイト工藤投手を攻め2回に垣内哲也選手のホームランで3点を返します。
そして4回にも集中打を浴びせ一挙5点を奪い試合をひっくり返しました。

一方のホークスも続投していた郭投手から5回に1点を奪いすぐさま同点に追いつきました。
しかし郭投手はその後無失点に抑え結局8回途中まで投げ抜いています。
ちなみに郭投手はこの年わずか0.01差で最優秀防御率のタイトルを逃しており、この試合が無ければタイトルを獲得できていたかもしれません。

試合は同点の8回に伊東勤選手が2点タイムリーを放ちライオンズが勝ち越しに成功します。

対するホークスも粘りを見せ9回1死3塁のピンチの場面で潮崎哲也投手を投入しますが、2死後に痛恨の同点2ランを浴び試合は延長戦に突入しました。
そして延長10回に続投した潮崎投手が無死満塁のピンチを招いたところで杉山賢人投手が登板しますが、決勝の犠牲フライを打たれ10-11で敗戦となってしまいました。

開幕戦は黒星スタートとなりましたが森監督時代は強いもののつまらないという声があり動員も伸び悩んだのに対し、敗れはしたものの一時は7点差を跳ね返したため面白い野球を見せてくれそうだという期待感を感じさせた試合でした。
しかし5月までは首位を走っていましたがイチロー選手要するブルーウェーブに大きく負け越し3位に終わり、連覇が途絶えてしまったシーズンとなりました。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。