三軍戦での金子功児選手の捕手起用の意図は?

IMG_6615

捕手起用


22日の三軍戦で金子功児選手が捕手として起用されました。
5回の守備からマスクを被ると打席に立つ事なく1イニングのみで交代しています。

金子選手の後には是澤涼輔選手が出場してマスクを被りました。
そのため交代捕手がいない事による緊急出場という訳では無いようです。

また以前から球団の練習施設では捕手練習をしている姿が目撃されていたようです。
キャンプなどで内野手がプロテクターを着けて特守を受けるケースもあるためその一環ではと思っていましたが実際に捕手としての練習を重ねていたのでしょうか。

ただし現在二遊間の故障者が相次ぎ、更に二軍でも内野としての起用が続くなど将来の二遊間のレギュラー候補として考えられているだけに本格的な捕手転向では無いのではと思います。
あるとすれば昨年の佐藤龍世選手のように有事に備えた第三捕手としての起用でしょうか。

また内野としての課題を克服するためにキャッチングやスローイング改善、下半身強化が目的かもしれません。
しかし実戦に出場する必要は無いだけにやはり実際に捕手起用が見据えられている可能性はありそうです。

現時点で具体的な情報は出ていませんが今後渡辺久信GM兼監督代行から説明があるかもしれませんし、その前に今後のファーム戦でも捕手としての起用があるか注目したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


7/22三軍戦結果:離脱者達が続々と実戦復帰!金子功児選手が捕手で出場!?

IMG_6614

勝利


22日は栃木ゴールデンブレーブスと対戦し3-0で勝利しました。

スタメン


1番:古川雄大選手 センター
2番:野田海人選手 キャッチャー
3番:佐藤龍世選手 サード
4番:ブランドン選手 ファースト
5番:モンテル選手 レフト
6番:ガルシア選手 ライト
7番:川野涼多選手 ショート
8番:ジョセフ選手 セカンド
9番:野村和輝選手 指名打者

実戦復帰


與座海人投手2回 被安打0 四死球0 奪三振2 失点0
おそらく登板間隔が空く事による調整登板だと思いますが2イニングをパーフェクトに抑えました。
このピッチングを二軍、更に一軍でも披露してほしいです。

平良海馬投手2回 被安打1 四死球0 奪三振4 失点0
約3ヶ月ぶりの実戦登板となりましたが圧巻の投球を披露しました。
一軍復帰に向けて少しずつ球数を増やしながら状態を上げて欲しいです。

川下将勲投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
​1イニングを三者凡退に抑えました。
今後も制球を乱さず投げ続けられるようになっていきたいところです。


木瀬翔太投手
1回 被安打1 四死球0 奪三振2 失点0
​ヒットを打たれたものの2三振を奪いました
疲労からかやや安定感を欠きつつありましたがまた継続して抑え続けて欲しいです。

粟津凱士投手1回 被安打0 四死球0 奪三振3 失点0
1イニングを三者連続三振に抑えました。
今季中の支配下復帰は難しそうですが来季以降に向けてアピールを続けたいところです。


三浦大輝投手
1回 被安打1 四死球0 奪三振1 失点0
ヒットは打たれながらも無失点に抑えました。
まずは明確な武器を身につけてアピールしたいところです。

森脇亮介投手1回 被安打0 四死球1 奪三振0 失点0
1イニングを無失点に抑えました。
球速はまだ戻りきっていないようですので焦らず調整を行なって欲しいです。


捕手起用

打線は2回にガルシア選手の本塁打で先制します。
ただし2三振も喫したためパワーを維持しつつ確実性を高めたいところです。

3回には佐藤龍世選手がタイムリーを放ちました。
想定より早い実戦復帰は朗報ですが焦らず様子を見ながら調整を行って欲しいです。

8回には特例抹消から実戦復帰した長谷川信哉選手がタイムリーを放ちました。
他の若手外野手がアピールしつつあるためまずは二軍で圧倒的な成績を残したいところです。

なお内野手の金子功児選手が途中から捕手として起用されました。
一時的なものなのか本格的な転向を考えているのか気になるところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


アギラー選手は治療のため渡米中…シーズン中に一軍復帰できるか?

IMG_6613

治療中


故障で離脱中のアギラー選手ですがかかとの治療のため渡米中のようです。
ただし長期の滞在ではなくオールスター期間中には再来日する見込みです。

スペシャルアドバイザーに就任したデストラーデ氏が18日にチーム合流した際には球団施設で握手する姿がありました。
そのため今回は長くても1週間程度の渡米となるようです。

治療の内容は不明ですが通い慣れた病院での確認やセカンドオピニオン的な意味合いもあるかもしれません。
またオールスター期間と重ねている事からリフレッシュを兼ねている可能性もあります。
ただしいずれにせよ現在の回復状況や実戦復帰の時期は明らかになっていません。

今季は4番として期待されただけに長期離脱となった事がチームの得点力低下の一因となっています。
ファースト候補としては山村崇嘉選手、野村大樹選手が台頭してきましたが破壊力としてはもう少し物足りないだけに、リハビリが順調に進み後半戦には実戦復帰、さらには一軍復帰を果たして打線を牽引してくれる事を願っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
カテゴリー
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村