7/30エキシビジョンマッチ:渡邉投手が1軍初先発で粘投


IMG_1513

敗戦


7/30はタイガースと対戦し2-3で敗れました。

渡邉投手先発


先発の渡邉勇太朗投手は6回0/3を2失点と試合を作りました。
ボール球が多く8安打をあびながらも粘りのピッチングを見せてくれました。
スタミナ面も含めて課題も多かったですが可能性は十分に見せてくれたと思います。

渡邉投手の残した無死1、3塁の場面で登板したダーモディ投手は無失点で切り抜けました。
後半戦はリリーフとして活躍できるよう良い調整を続けて欲しいです。

3番手の十亀剣投手はソロホームランを浴び敗戦投手になりました。
終盤での登板でしたし、チームとして交流戦で痛打を浴びた佐藤選手が相手だっただけにベテランとしては1発だけは防ぎたいところでした。

二者連続弾


打線は6回に中村剛也選手、山川穂高選手の連続弾で同点に追いつきました。
後半戦の浮上のためには両主砲の活躍が不可欠だと思います。

また2番に入った森友哉選手は猛打賞の活躍でした。
今季は3割を記録しているものの得点圏打率は低いためチャンスでの一打も期待したいです。

ただし9回の無死満塁のチャンスで無失点に終わるなど、10安打を放ちながらもホームランによる2点のみに終わりました。
エキシビジョンマッチでは得点を奪えていないだけに、残り半月で打線全体の状態を上げていきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


7/30ファーム結果:浜屋投手緊急降板も打線が踏ん張り引き分け


IMG_1512

引き分け


30日のイースタンリーグはマリーンズと対戦し延長の末4-4で引き分けました

浜屋投手負傷降板


先発の浜屋将太投手は3回1/3を4失点でした
4回に1死を奪い次打者との対戦中に緊急降板したようで状態が気がかりです。
投球内容は3回に味方エラーをきっかけに4失点を喫してしまいました。
この時点で身体の不調があったのかもしれませんが、前回登板に引き続き1イニングで大量失点となってしまったため最小失点で切り抜けられるようになりたいところです。

2番手の井上広輝投手は2回2/3を無失点に抑えました。
緊急降板で3安打を打たれたものの失点を許さなかったのは良かったと思います。
まずはファームで継続して抑えられるようになりたいところです。

7回からは宮川哲投手、佐野泰雄投手、小川龍也投手、伊藤翔投手の継投で抑えました。
宮川投手、小川投手は後半戦は1軍で活躍できるよう仕上げて欲しいです。


鈴木選手同点打

打線は4回に満塁のチャンスを作ると渡部健人選手のタイムリーで1点差に迫りました。
チャンスで打てた事は大きいですが他の打席では三球三振を喫するなど脆さも見せただけに、確実性を高めていきたいところです。

7回には鈴木将平選手のタイムリーで同点に追いつきました。
この試合でもマルチヒットを記録しており1軍昇格が待たれます。

また前日の試合で復帰した綱島龍生選手が途中出場でヒットを放ちました。
今年は打撃好調なだけにアピールを続けて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


増田投手は後半戦1軍合流へ


IMG_1511

昨季のセーブ王


増田達至投手が後半戦から1軍に合流するようです。

昨シーズンは無敗で最多セーブのタイトルを獲得した増田投手ですが、今シーズンは防御率6点台で既に2敗を喫するなど精彩を欠いていました。
下半身の不安を抱えていたようで5/1の登板を最後に登録を抹消されると、以降はファームでの調整が続いていました。

前半戦はリリーフが安定せずに落とした試合も多いだけに増田投手の復帰は朗報です。
まずは様子を見ながらの起用になると思いますが、昨シーズンの安定感を取り戻し8回は平良海馬投手、9回は増田投手という起用に戻るのがチームとしては理想だと思います。

ただし捕手のリードや内外野の守備の問題もあるかもしれませんが、ファームで実戦復帰してからまだ安定した結果を残せていないのは気がかりです。
後半戦を万全の状態で迎えられるよう残り半月の中断期間でしっかり調整して欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。