ライオンズ史上3人目となる1軍デビューを果たした大曲投手


IMG_1772

1軍デビュー


大曲錬投手が16日の楽天戦で1軍デビューを果たしました。

過去には大洋にドラフト外で入団しトレードでライオンズに移籍した呉俊宏投手が1軍登板していますが、ライオンズがドラフト指名した選手としては青木勇人投手、山本歩投手に続いて3人目となる1軍登板となりました。

青木投手は1999年ドラフト6位で入団しました。
1年目から1軍で登板機会を得ると以降はリリーフとして活躍し3年目までに99試合に登板し8勝を挙げました。
しかし肩の故障に加え死球に激昂した近鉄のローズ選手に突き飛ばされてむち打ち症になって以降は低迷し4年目以降は14試合の登坂に留まり2006年に広島に移籍しました。
現在はライオンズで3軍コーチを務めており大曲投手も指導を受けていると思います。

山本投手は2005年大学社会人ドラフト5巡目で入団しました。
制球に課題がありつつもも非常に高い奪三振率を誇り2007年には1軍で5試合に登板しました。
しかし以降は故障の影響もあり2009年限りで引退しています。
引退後は大学院進学を経て一般企業に就職されたようです。

今回1軍デビューを果たした大曲投手​ストレートに威力があり1軍初登板では最速151km/hを記録しましたが今後更に球速を伸ばせる可能性はあると思っています。
更にスプリットも決め球となりうる球種だと思いますので今後更に経験を積んでライオンズのみならずNPB史上最高の準硬式選手と呼ばれるような選手に成長して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


10/16フェニックスリーグ結果:打線が繋がり快勝を収める


IMG_1771
10/16のフェニックスリーグは楽天と対戦し9-2で勝利しました。

投手成績


本田圭佑投手:8回 被安打5 与四死球1 奪三振 失点2
8回を僅か98球で投げ抜き勝利投手になりました。
しかし今シーズンはファームで抜群の安定感を誇りながらも1軍では未勝利なだけに、勝てる投手になるためには制球面や各球種の精度をもう1ランク上げる必要がありそうです。

赤上優人投手:1回 被安打1 与四死球1 奪三振2 失点0
ピンチは招いたものの無失点に抑えました。
チェンジアップで2三振を奪っており決め球として使えると大きいと思います。
制球面が破綻しない程度までまとまれば支配下登録もあり得ると思います。

二桁安打


打線は10安打を放ち9点を奪いました。

ファーストで先発出場した綱島龍生選手は猛打賞の活躍でした。
打撃は大きく成長してきているだけに来シーズンは1軍初安打を放ちたいところです。

また途中出場の長谷川信哉選手はマルチヒットに加えて1盗塁も決めました。
将来のリードオフマン候補として期待しています。
 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


楽天投手陣を攻略できず敗戦も大曲投手が上々のデビュー(E-L 24回戦)

IMG_1769

敗戦


16日はイーグルスと対戦し0-3で敗れました。

本日のスタメン


中村剛也選手、森友哉選手がスタメンを外れ山川穂高選手が4番ファースト、岡田雅利選手が8番キャッチャーで起用されました。

大曲投手1軍デビュー


​先発の浜屋将太投手​は4回1/3を3失点で敗戦投手となりました。
初回に2死から四球を出した直後に2ランを浴び先制を許すと、5回に四死球も絡んで1死満塁としたところで降板となりました。
四球が失点に絡むだけにいかに無駄な四球を出さないかが課題となります。
ドラフトで隅田投手、佐藤投手という左腕を指名しただけに来シーズンの先発ローテーション争いを勝ち抜けるようキャンプで課題克服に努めて欲しいです。

2番手の田村伊知郎投手は犠牲フライを打たれたものの後続を抑えました。

追加点は防ぎたい場面ではありましたがしっかり仕事はしてくれたと思います。

3番手の大曲錬投手は四球は与えたものの無失点に抑えました。
1軍デビュー戦となりましたが球速は151km/hを記録し変化球で三振を奪うなど堂々のピッチングだったと思います。
ファールで粘られて四球を与えたのは課題ですが今後の成長がますます楽しみです。

4番手の井上広輝投手も1回を無失点に抑えました。
先頭打者に四球を与えたのは反省点ですがそこから大崩れしなかったのは春先からの成長の証ではないかと思います。

5番手の森脇亮介投手は2三振を含む三者凡退に抑えました。
今年は故障で出遅れ復調までに時間がかかっただけに来年はシーズンを通してセットアッパーとして活躍して欲しいです。

完封負け


打線は楽天先発岸投手の前に7回まで3安打に抑えられれ、投手が変わった8回に1死満塁のチャンスを作ったものの無得点に終わり万事休すとなってしまいました。

その中でスタメン出場したブランドン選手はマルチヒットを記録しました。
来シーズンはレギュラー争いに加われるよう残りの試合で大きくアピールして欲しいです。
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。