背番号00:着用した選手の少ないレア番号

プロ野球界全体でも特殊な番号である00ですが、ライオンズではこれまでに3人の選手が着けています。

マクレーン選手


2004年に長打力不足に悩んでいたチームは、前年まで在籍していたマクレーン選手を4月末に復帰させ、球団史上初となる背番号00を与えました。
これは当時は支配下選手の背番号は基本的に69までに収めていた事と、松井稼頭央選手の7と伊東捕手の27という前任者がレジェンドの番号しか空いていなかった事による措置ではないかと思っています。
(今なら70番台以降か、もしくはあっさり7を与える可能性もあるなと思ったり…)
カブレラ選手とのツインバズーカの再結成が期待されましたが、打率1割台と低迷し同年限りで解雇となってしまいました。

林崎選手


2人目は2010年のドラフトで指名された林崎選手が入団1年目から00を着けました。
内野のユーティリティプレイヤーとして期待されましたが出場機会に恵まれず、2013年からは背番号45に変更になります。
その後も怪我による育成契約も経験するなど結果を残せず、2015年限りで戦力外となってしまいました。
走攻守共にあまり特長が無く、何か1つこれという武器があればという選手でした。

水口選手


3人目は現在も現役の水口選手です。
2012年のドラフトで育成選手として入団すると、2015年に支配下契約を勝ち取ると同時に背番号00が与えられますが、2018年から背番号0に変更になっています。
2020年現在で日本プロ野球界の最小兵選手でもある内野手で、俊足が持ち味ですが1軍ではまだ結果を残せていません。
外野手に挑戦したり打撃ではパワーをつけたりするなど模索しており、代走要員などで1軍に定着しつつありますのでまずは途中出場から活躍を見せて欲しいです。

現役選手


現在ライオンズで背番号00を着用している選手はいません。
過去の3選手の着用期間が短く、空き番号となっている期間も長いことから、今後は強く希望する選手が現れない限りは基本的に欠番になるのではと推測しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

逆転勝ちで球団通算3000勝!(対ファイターズ17回戦)

試合中止?


今日ファームのファイターズ戦は中止となりましたが、しばらくの間ライオンズ公式サイトで1軍のファイターズ戦も中止と表示されていてネット上で中止?とざわつく一幕がありました。
球団担当者の人為ミスだったようです。

本日の公示とスタメン


熊代選手が登録抹消、代わりに中村選手され6番サードでスタメン。
昨日の欠場は死球の影響との事で心配されたスパンジェンバーグ選手も5番レフトで出場、一方で山川選手がスタメンから外れています。
また浜屋投手が先発のため前回に続いて柘植選手がマスクを被ります。

制球に苦しむ浜屋投手


前回の初先発で無四球の好投を見せた浜屋投手ですが、初回いきなり先頭打者を四球で出すもののここは無失点で抑えます。
しかし2回も先頭打者に四球を与えると、更にヒットと四球で無死満塁のピンチを招き、この回一気に3点を失いました。
不安な立ち上がりとなりましたがこの後は立ち直り、3イニング連続で三者凡退に抑えます。
6回にソロホームランを浴びたものの5回1/3を投げて4失点で勝利投手になりました。
立ち上がりやランナーを出してからのピッチングに不安がありそうですが、ルーキーらしからぬ試合途中での修正力を見せてくれました。

代わって登板して宮川投手はいきなりピンチを招くと外崎選手のエラーで1点を失います。
打撃不調の外崎選手ですが、今日は守備面でも足を引っ張る結果となりました。 

7回からは森脇投手、平良投手、増田投手の勝ちパターンリレーが揃って先頭打者を出すものの無失点に抑え、見事に球団通算3000勝を達成しました!

木村選手と栗山選手の存在感


打線は3点を追う4回、メヒア選手中村選手がヒットで出塁すると、木村選手に同点3ランが飛び出します。
さらに金子選手がヒットで出塁し早速盗塁を決めると、柘植選手のタイムリーで勝ち越します。
ホームランで終わらずにその後に一気に勝ち越せたのが本当に大きかったと思います。 

木村選手は5回にもタイムリーを放ち今日4打点と復帰戦で存在感を見せました。

そして今日は栗山選手の働きも大きかったと思います。
5回の5点目に繋がるヒットはもちろんですが、打線が日本ハム先発のバーヘイゲン投手に苦しむ中、4回の打席でアウトになったものの10球投げさせる粘りを見せ、結果的にそれが次のメヒア選手のヒットに繋がったのではないでしょうか。

明日の先発は伊藤投手


明日は伊藤投手が今シーズン3度目の先発です。
いけるところまで投げるというブルペンデーに近い感じだと思いますが、チームの3001勝目に導くピッチングに期待したいです。

※9/23時点の成績:37勝41敗2分(5位)

記憶に残る名選手:高木大成選手

経歴


高木大成選手は1995年のドラフトで慶応大学からライオンズを逆指名して入団します。
当時のライオンズは伊東勤選手が不動の正捕手として君臨していたもののベテランの域に達しており、世代交代を考える時期となっていました。
そのため高木選手は今の森選手と同じように強打の次世代正捕手というファンの期待を背負っての入団でした。

その期待に応え1年目から多くの試合で捕手として出場し、2年目以降の正捕手獲りへの期待が高まる中、打撃を活かすためのファーストにコンバートされます。
コンバート後は3番ファーストに定着し、2年連続規定打席到達とゴールデングラブ受賞で東尾ライオンズの連覇に貢献します。
松井選手、大友選手との1〜3番トリオは当時のスローガンHit!Foot!Get!の象徴であり、高木選手はレオのプリンスとして人気を博しました。

しかし以降は故障が原因で成績を落としていき、レフトにコンバート後の2003年には4試合連続ホームランを放ち復活したかに見えたものの調子は続かず、2005年限りで引退となりました。

主軸として活躍した時期は短かったですが非常に華のある選手であり、本当に怪我さえなければと思ってしまいます。

高木選手の思い出


なぜ個人的に高木選手が強く印象に残っているかというと、初めてライオンズの試合を生観戦したのが1996年4月7日の福岡ドームでのホークス戦、高木選手が初スタメンマスクを被った試合でした。

この試合で高木選手は初安打・初打点を記録、守っても2年目の西口投手をリードして見事にチームを勝利に導きました。

初めてのライオンズ戦で大興奮したのはもちろん、高木選手が放ったフェンス直撃の当たりは今でも鮮明に覚えています(確かフェン直だったはず…)
それくらい当時は正捕手として期待を寄せていましたし、忘れられない選手の1人です。

引退後


引退後はコーチ等の話もあったようですが、意外にも球団職員の道を選びます。
そして名ばかりだけではなく、ファンへの恩返しとしてファンサービスイベントを企画したり、公式サイトでファンから意見を集めたりなど新天地でも名前を目にする事が良くあります。
今後もファンと球団との架け橋として、元選手としての視点でますますのご活躍をを期待しています


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。