期待の若手選手②:川野涼多選手

経歴


川野涼多選手は右投両打の遊撃手で、熊本の九州学院から2019年ドラフト4位で入団しました。
九州学院では高1からレギュラーで、2学年上の現ヤクルト村上選手とも1年間一緒にプレーしています。
同じくショートでスイッチヒッターの松井稼頭央選手に憧れていたとの事ですが、その松井が2軍監督を務めるライオンズに指名され、村上選手と1番違いの背番号56を背負うなどいろいろと縁を感じます。

高卒ルーキーながらオープン戦に1試合帯同しており、球団としての期待の高さも伺えます。 
その試合で途中出場し、楽天牧田投手と対戦しています。
初見では厳しい相手という事もあり最終的には三振に倒れますが 粘りを見せ、ファールでしたが鋭い当たりを見せるなど大器の片鱗を見せてくれました。

プレースタイル


川野選手は走攻守揃った好選手です。

打撃面では本日9/21現在で100打数25安打で打率.250という成績です。
松井2軍監督の1年目が.260、栗山選手や現巨人の中島選手は体作り優先で1割台だった事を考えると高卒ルーキーとしてはまずまずの成績ではないでしょうか。
長打はまだ少ないですがホームランも2本放っており、これからパワーがついてプロの球に慣れてくると中距離打者となる素質を秘めていると思います。
また四球も14個選んでおり選球眼もありそうです。

走塁面では盗塁は2個と少な目ですが足は速いため、将来的には2桁盗塁をコンスタントに記録できるようになってくれればと思います。

守備面では失策は記録していますが高卒ルーキーとしては十分なレベルですし、「もう1歩前で取る攻めの守備」という明確な課題を持って取り組んでいるため更なる向上が見込めそうです。
ライオンズのショートと言えば源田選手であの異次元すぎる守備のレベルに到達するのは難しいと思いますが、源田選手からいろいろと学び盗んで名手と言われる選手に育って欲しいです。

走攻守全てをハイレベルに伸ばして将来的には1番や3番を打てる選手になって欲しいですし、高校時代から意識高く練習に取り組んでいるようですのできっと主力選手になってくれると信じています。
そのために3、4年目くらいからは1軍に定着して源田選手とのレギュラー争いを繰り広げて欲しいです。

また今風のイケメンというか可愛い感じのビジュアルのため、1軍で活躍するようになると人気選手になると思います

ライオンズとスイッチヒッター


ライオンズのスイッチヒッターと言えば松井稼頭央選手に加え、カリブの海賊デストラーデ選手という球史に残る選手がいます。
現役では盗塁王2回の金子選手、過去には強肩が魅力の羽生田選手や現コーチの赤田選手といういぶし銀の選手たちも在籍していました。
川野選手もライオンズだけでなく球界を代表する名スイッチヒッターになって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
 

9/21ファーム結果:愛斗選手連発も試合は今日も打ち負ける

遠征メンバー


高木渉選手が登録抹消され今日からの遠征メンバー入りしています。
1軍では弱点を突かれる事が増えたため、改めてファームで課題克服に努めて欲しいです。 
一方で木村選手がメンバーから外れているため明日にでも1軍登録されるのでしょう。
今年は若い外野手が多く1軍登録されましたがまだレギュラー定着という結果までは残せていないため、木村選手の経験値に期待したいところです。

投手では榎田投手が明後日先発予定のようです。
という事で木曜の1軍の先発は十亀投手、伊藤投手あたりでしょうか。 

愛斗選手2打席連発


打線は今日も好調です。

愛斗選手は2打席連続ホームランを放ちました。
ようやく調子が上向きですが木村選手昇格のタイミングと重なり直近の1軍昇格は無さそうですが、このまま好調をキープできれば今シーズン初1軍も見えてきそうです。

山田選手もホームランを含む2安打を記録しています。
中村選手が復帰後もまだ調子を取り戻せていない事もあり(今日も5打数ノーヒット)、サードのスタメン/控え候補としての昇格はあるでしょうか。

ルーキーの岸選手は猛打賞で1盗塁。
元甲子園のスターで華のある選手ですので、1軍で活躍する姿を早く見たいです。

そして好調の中熊選手は今日も猛打賞で打率を3割に乗せました。
シーズンオフでの支配下登録はほぼ間違いないのではと思いますが、ポジションの問題はあるもののシーズン中に支配下登録して1軍を経験させてみたい気もします。 

変則右腕リレー


投手陣は変則右腕3人が登板しました。

先発の與座投手は3回まで無失点に抑えましたが4回に捕まり3点を失うなど、6回を投げて5安打4失点(自責点2)という成績でした。
どん底の状態は脱してきたかなと思いますが、アンダースローの宿命とも言える2巡目や左打者をどう抑えるかが課題でしょうか。

2番手の粟津投手は今日も打たれて1回3失点。
良い時と悪い時の差が大きそうですので、常に安定した結果を残せる投球術を身につけて欲しいです。

3番手は平井投手が登板するも1回2失点。
映像は見ていないため内容は分かりませんが、1軍復帰に黄信号でしょうか。
昨年の酷使や今年の起用法の影響もあるかと思いますが、ブルペンを支える貴重な投手ですので早く本来のピッチングを取り戻して欲しいものです。 

野手は1軍で見てみたい選手が出てきていますが投手陣はイマイチ結果を残せていないため、1軍の主力として羽ばたいていく選手が1人でも多く出てきて欲しいと願うばかりです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

9/20ファーム結果:ナベU先発!試合は乱打戦で敗れる

渡邉投手今シーズン初登板


先発は今シーズンイースタンリーグ初登板のナベUこと渡邉勇太朗投手でした。
5回を投げて3失点とまずまずの結果でしたが、被安打が多く奪三振は0と粘りのピッチングだったようです。
素材型で故障歴もあるため3軍でじっくりと育成中と思いますが、素材はピカイチのため先発として2桁勝利を期待できるようなスケールの大きな選手に成長して欲しいです。

2番手のルーキー上間投手は2回2失点。

3番手の大窪投手は1回無失点2奪三振の好投! 
高卒2年目の育成選手ですが身長もスケール感も大きい文字通りの未完の大器です。
未完成な分どこまで成長してくれるのかという楽しみがあります。
大窪投手をきっちり戦力として育て上げられるかどうか、ライオンズの育成や3軍制の手腕が試されるのではないでしょうか。

4番手の藤田投手は4失点と大崩れで敗戦投手となりました。
貴重な左腕で好投を見せることもありますが今日のように大崩れすることも多く、 まだまだ若いですがプロ野球として正念場かもしれません。

打線は好調


連敗を脱して以降、打線は好調です。

今日もスタメン出場の木村選手にはホームランが飛び出しました!
明後日の日本ハム戦から1軍昇格があるかもしれません。

さらに西川選手、愛斗選手、中熊選手の期待という若獅子が複数安打を記録。
ライオンズの将来を担う選手として早く巣立って欲しいものです。

また駒月選手も途中出場からホームランを含む2安打。
ただし藤田投手の5失点は駒月選手がマスクを被ってからであり、1軍2軍ともに他の捕手たちが活躍を見せているため、今後捕手と野手どちらを主戦場としていくのでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。