1996年ドラフト:将来の主砲候補の高校生野手を1位指名

IMG_1045
過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は1996年のドラフトです。

1位:玉野宏昌選手(背番号3)


強打の高校生野手で、同年オフに移籍した清原選手の後継者としての期待込めて背番号3を与えられましたが、結果を出せず3年で背番号33に変更になりました。
入団4年目の2000年にセカンドとして開幕スタメンの座を勝ち取り4月は打撃好調で活躍を見せましたが、疲労等もあり徐々に低迷してレギュラー定着はなりませんでした。
その後も伸び悩み2004年オフにトレードでドラゴンズに移籍すると、翌年オフに戦力外通告を受けて引退となりました。
球団の期待の表れとは言え黄金期の主砲の番号をいきなり与えられた事がプレッシャーとなった可能性もあるかもしれません。

通算1軍成績:123試合54安打4本塁打26打点2盗塁 打率.208

2位:森慎二投手(背番号19)


​ライオンズを逆指名して入団し主にリリーフとして活躍しました。
荒れ球ながらもストレートとフォークを武器に非常に高い奪三振率を誇り、最優秀中継ぎ投手のタイトルを2回獲得しています。
2005年オフにポスティングでMLBデビルレイズ(当時)に移籍しましたが、オープン戦初登板で右肩脱臼の大怪我を負ってしまい、メジャー登板のないまま2007年途中で退団となりました。

引退後は2015年からライオンズでコーチを務めましたが2017年シーズン中に病気のため急逝し、球団関係者やファンが非常にショックを受けたのを今でも鮮明に覚えています。




通算1軍成績:431試合44勝44敗17H50S 防御率3.39

3位:谷中真二投手(背番号15)


社会人の小西酒造から指名されました。
ドラフト当日は醸造所で働いている姿を密着されていたのを覚えています。
主にリリーフとして起用されましたが2001年シーズン中にタイガースにトレードされます。
その後も2003年オフにブルーウェーブにトレード、2005年は球団合併に伴う分配ドラフトでイーグルスに入団し、2007年オフに自由契約になったところを再度ライオンズが獲得しました。
しかしその後も大きな活躍を見せられずに2010年限りで引退となりました。

選手としてのプレーもさる事ながら、松坂フィーバーに沸いた1999年春季キャンプで詰めかけた多数のファンと報道関係者の目を撹乱するために松坂投手の影武者となった事が話題となった選手でした。

通算1軍成績:243試合21勝25敗2H0S 防御率4.55

4位:和田一浩選手(背番号22)


ポスト伊東選手として指名され捕手として経験を積んでいましたが、伊原監督就任時に外野にコンバートされると才能が開花します。
ライオンズ時代には首位打者1回、最多安打1回、ベストナイン5回を獲得しました。

2007年オフにFA権を行使してドラゴンズに移籍すると、2015年に通算2000本安打を達成してその年限りで引退しています。

通算1軍成績:1968試合2050安打319本塁打1081打点76盗塁 打率.303

5位:馬渕隆雄投手(背番号48)


同朋大から指名され同大学の先輩である豊田投手と似たタイプとして期待されましたが、1軍出場は果たせず1999年限りで引退しています。

通算1軍成績:出場なし

6位:青木和義選手(背番号25)


右の強打者として期待されましたが1軍出場なく2004年限りで引退しました。
なお2002年からの登録名はカズでした。

通算1軍成績:出場なし

7位:古屋剛選手(背番号61)



森投手と同じ新日鉄君津からの指名でした。
左キラーとして期待されましたが結果を残せず2004年限りで引退しています。

通算1軍成績:79試合20安打1本塁打6打点6盗塁 打率.187

総括


​1位の玉野選手は主力になる事ができませんでした
しかし森投手、和田選手東尾監督、伊原監督、伊東監督時代の投打の主力となったという点では収穫の大きいドラフトだったと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

ダーモディ投手はシーズンに向けて調整中


IMG_1048

インタビュー動画


球団公式SNSでダーモディ投手のインタビュー動画が公開されました。
獲得が発表されたものの来日は未定となっているだけに、まずはファンに向けてメッセージを話すダーモディ投手の動画を見る事ができたのは良かったです。

インタビューでは投球スタイルやトレーニングの内容、特技などについて語っていました。
(メジャー昇格年の自転車に乗っている時の事故をネタにしていました)

来日した際にしっかりとした準備ができているように、現在はウエイトトレーニングや週2回のブルペン投球などを行なっているようです。
仕上がり具合は来日してみないと分かりませんし、2週間の隔離がいつまで続くのかも不透明ですが、まずはしっかりと仕上げて来る事を期待して待ちたいと思います。

実際のプレーはまだ見る事ができておらず、制球面は安定していそうですが成績やプレー動画では突出した特徴は無いようにも見えます。
しかし近年のライオンズの外国人選手は全く活躍できない選手はあまりいませんし、昨年不安視されていたギャレット投手もリリーフとして活躍しましたので、ダーモディ投手も日本の野球に適応して投手陣の救世主となってくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


岡田選手がA班に合流


IMG_1047

選手の入れ替え


2日から岡田雅利選手がA班に合流する事が発表になりました。
B班での調整が続いていましたが練習試合で安打を放つなど調整は順調なようです。
オープン戦も始まるため1軍投手陣との呼吸を合わせる意味合いもあるのでしょうか。
今年も第二捕手としての活躍を期待したいです。

一方で6選手がB班に合流します。
こちらも教育リーグが始まるためそちらで実践経験を積む事になると思います。

ギャレット投手は練習試合での登板なくB班に戻る事になりました。
詳細は分かりませんが現在の状態確認のためのA班合流だったのでしょうか。
開幕に向けて状態を上げていって欲しいところです。

十亀剣投手はベテランのため降格と言うよりは内海投手榎田投手など共にB班で引き続きじっくりと調整という感じになるのでしょうか。

一方で渡邉勇太朗投手は現状では1軍は厳しいという判断かもしれません。
ただしB班には尊敬する内海投手もいますので、直接アドバイスを受けつつ再度の昇格を目指してトレーニングを積んで欲しいです。

28日の練習試合で炎上した大曲錬投手はおそらく元々1軍の体験的な意味合いで、B班合流は予定通りではないかと思います。
スケールの大きい期待感の溢れる投手ですので課題克服に努めて欲しいです。

駒月仁人選手、中熊大智選手は岡田選手の紹介に伴い教育リーグの捕手要員としてのB班合流かと思われます。
特に中熊選手は捕手としての課題が多く見つかったと思いますので、B班でまた1から捕手としての経験を積んで欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。