期待の若手選手③:西川愛也選手

48FD8D2E-1BB7-4CD3-AE86-57505DC4BFDC

経歴


西川愛也選手は右投左打の外野手で2017年ドラフト2位で入団しました。
花咲徳栄高校の3年時には埼玉県勢初の夏の甲子園優勝を果たしています。

入団当初は内野手登録でしたが今年から外野手登録に変更になっています。
1年目からファームで多くの実戦経験を積み、3年目の今年は初の1軍昇格を果たし初安打となる2塁打を放つなど順調に成長しています。
ちなみに初安打記録時には3塁を狙うもタッチアウト、その後サードを守っていた楽天鈴木選手から初安打の記念ボールを直接受け取るという珍しいシーンもありました。

広角に打ち分けるバッティング


西川選手の魅力は何と言っても天才的なバッティングセンスです。
9/28現在で109打数29安打の打率.266と一見物足りない数字に見えますが、開幕当初は1割どころか5分にも満たな低打率に喘ぐなど極度の不振に陥ったものの、そこから復調し成績を急上昇させています。
広角に打ち分ける打撃で2塁打7本、3塁打3本を記録する中距離打者で、昨年まではパワー不足の感がありましたがホームランも出るようになってきているため、将来的には中軸を任せられるバッターに成長して欲しいです。

走塁面も盗塁を5個決めているなどまずまずの走力がありそうです。

守備面ではシーズン当初はレフト専任状態でしたが1軍を見据えてセンターやライトでも起用されるようになっています。 
ただし高校時代に大胸筋断裂の怪我を負いほぼスローイングできない状態で入団しており、送球面が課題です。
肩がどの状態まで戻るのかが今後のポジションや起用法に影響しそうです。

花咲徳栄コンビに期待


西川選手は非常に小顔でスタイルが良く、そういった面でも人気が出そうです。
1軍再昇格を果たすも本日9/28に抹消となってしまいましたが、同じ花咲徳栄の2年先輩の愛斗選手との愛愛コンビ(良いネーミングが思い浮かばなかった…)で早く1軍で活躍する姿を見たいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

投打が噛み合い今シーズン初の同一カード3連勝(対イーグルス17回戦)

5867425C-BEB8-46E2-B1F9-935427467584

本日の公示とスタメン


昨日緊急降板したノリン投手が抹消されました。長引かなければ良いですが…

今日は好調の源田選手が1番、スパンジェンバーグ選手が2番という打順です。
山川選手は5番サードで出場し、金子選手が9番センターでスタメン復帰しています。

序盤でルーキー投手をKO


打線は初回に外崎選手のタイムリーで先制します。
昨日久々にヒットが出て今日はタイムリーと少しずつ復調してきているでしょうか。

2回は楽天キラーメヒア選手のタイムリーは2点を奪います。
そして3回に1死1、3塁のチャンスを作ると楽天先発のルーキー瀧中選手をKO。
代わった池田投手からも岡田選手のスクイズと金子選手のタイムリーで2点追加。
3回で5点のリードを奪います。
スタメン復帰の金子選手は今日2安打、守備でも好守を連発し負傷の影響はあまり無さそうで一安心です。 

その後追加点を奪えず楽天に2点を返されますが、7回に今日4番に入った栗山選手のタイムリーで1点を追加し勝負を決めました。
今日のヒットで2000本安打まであと101本となりました。
残り試合で1本でも多くのヒットを積み上げ、来年には達成して欲しいものです。

山川選手はノーヒットに終わったものの、サードで軽快な守備を見せました。
守備からでもリズムを作って打撃も復調させて欲しいです。

松本投手好投で4勝目


先発の松本投手は大きなピンチを作ることなく、7回を被安打4四球4奪三振3でソロホームランでの2失点のみで4勝目を挙げました。 
球数は121球と少し多めでしたが昨日リリーフ陣を注ぎ込んだため7回を投げ切ってくれたのは本当に大きかったです。 
また奪三振3は全て浅村選手から奪ったものでした。

8回は平良投手、9回は増田投手が投げて試合を締めくくりました。
平良投手も浅村選手から三振を奪っており、去年打ち込まれた浅村選手をこの3連戦で抑え込めたのは収穫ではないでしょうか。

新人王争い


今日の試合で楽天のルーキー小深田選手にプロ初ホームランが飛び出しました。
一方で平良投手は今日の登板で防御率を再び1点台としています。
平良投手は3年目で昨年も1軍で多くの試合に登板しているのがどう見られるかですが、今シーズンの成績としては申し分ないですし160km/hのインパクトもありますので、源田選手以来のライオンズ選手の新人王獲得となって欲しいです。

※9/27時点の成績:40勝42敗2分(4位浮上!)


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

9/27ファーム結果:逆転負けも若手投手が結果を残す

AF630768-A0DF-471A-A091-D1A1AECE567F

同学年右腕が登板


先発は2年目の渡邉勇太朗投手が中6日で登板しました。
前回登板は三振を奪えませんでしたが今日は立ち上がりから2者連続で三振を奪います。 
その後は毎回ランナーを出しつつも要所を締め、5回を投げて被安打2四球2奪三振4で1失点というナイスピッチングで、球数も76球と少なく成長が伺える内容でした。
2週連続の登板という事で3軍での身体作りはひと段落し、試合で投げて育成という次のステップに進んだのかもしれません。
投げていく中で課題も見つかると思いますが、それを克服してスケールの大きい投手に成長して欲しいです。

2番手はルーキーの上間投手でした。
上間投手も立ち上がりの2社連続で三振を奪うなど2イニングはノーヒットに抑えますが、3イニング目の四球と野選で満塁のピンチを作ると、そこから3点を失い逆転を許し敗戦投手となりました。
ただし大崩れした訳ではないため今日の内容自体は悪くなかったのではないかと思います。

今日は同学年の2人が登板し、どちらも一定の結果を残せました。
松岡投手、大窪投手とも切磋琢磨して数年後の主力投手に成長してほしいです。

打線は1点が精一杯


打線は9安打を放つも山田選手のタイムリーによる1点止まりでした。
好調だった西川選手、岸選手が1軍昇格したため打線の繋がりはイマイチになってしまっているかもしれません。

今日は山田選手とルーキー川野選手がどちらも2安打1盗塁、中熊選手も2安打という結果を残しました。
支配下登録の期限が月末に迫っていますが、中熊選手のシーズン中の登録はあるでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。