電撃トレードで獲得した公文投手が1軍昇格へ


IMG_1661

左腕強化


16日に公文克彦投手が1軍昇格するようです。
平井克典投手が15日の試合で3イニング投げ今日の試合はベンチ入りから外れる事が予想されるため、ブルペン陣の強化のための昇格となります。

公文投手は木村文紀選手、佐藤龍世選手を放出した電撃トレードで、平沼翔太選手と共に8月にライオンズに加入しました。
しかし他の3選手が1軍出場を果たす中で、公文投手は左肩のコンディション不良があったようでファームでの調整が続いていました。

そしてファームでの4試合の登板を経ていよいよ1軍合流となりました。
15日の試合では失点したもののファームでの登板内容はそれほど悪くなさそうです。

現状の1軍リリーフ陣で左腕は武隈祥太投手のみとなっています。
長年の左腕不足解消のためにも公文投手の好投を期待したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

終盤に追いつき引き分けるもサヨナラはならず(L-F 16回戦)

IMG_1660

引き分け


15日はファイターズと対戦し3-3で引き分けました。

本日のスタメン


呉念庭選手が8番サードでスタメン出場しました。

平井投手好投


​先発の本田圭佑投手​は3回3失点で降板しました
初回に王選手に2ランを浴びると1点差の3回にもタイムリーを浴びました。
他の選手は抑えたものの西川選手、王選手だけにやられてしまった印象です。
粘れずに失点してしまうケースが多いところが信頼を勝ち取れない一因でしょうか。

2番手の平井克典投手は3イニングを無失点に抑えました。
平井投手がしっかり押さえて追加点を許さなかった事が同点劇を呼んだと思います。
なお最近の起用法を考えると第2先発としても考えられているのかもしれません。

3番手のギャレット投手は先頭にヒットを打たれたものの後続を抑えました。
同点や僅差のリードの場面でも同じように抑えて欲しいところです。

4番手の水上由伸投手は1回を三者凡退に抑えました。
結果を出し続けているだけに一気に勝ち越して勝ちをつけたいところでした。

5番手の平良海馬投手は満塁のピンチを招いたものの無失点に抑えました。
味方のエラーがあったものの落ち着いて抑えてくれました。

骨と牙で3打点


打線は初回に中村剛也選手のタイムリーで1点を返しました。
2点を先制された直後だっただけにすぐに反撃できたのは良かったと思います。

更に栗山巧選手が5回には1点差に迫る犠牲フライ、8回には同点タイムリーを放ちました。
頼れる両ベテランが存在感を示し続けてくれています。

しかし8回は後続の山川穂高選手が併殺に倒れ、9回のチャンスもあと1本が出ませんでした。
1回から5回までも毎回得点圏にランナーを進めながらも複数得点は奪えなかっただけに、引き分けに持ち込めたのは良かったものの勝ち切りたい試合ではありました。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/15ファーム結果:綱島選手4打点もリードを守れずサヨナラ負け


IMG_1659

敗戦


15日のイースタンリーグはスワローズと対戦し5-6で敗れました。

内海投手先発


先発の内海哲也投手は3回無失点でした
2安打無四球とまずまずの内容でしたが久々登板という事で球数限定だったでしょうか。
ベテランの力は必要になると思いますので状態を上げて欲しいところです。

2番手の出井敏博投手は1回を1失点でした。
連投の影響もあったかもしれませんが先頭打者へに四球が失点に結びつきました。
タイプ的にも制球力を高めて無駄な四球を減らしたいところです。

3番手のダーモディ投手は1回を2失点でした。
こちらも連投になると不安定な内容になってしまう傾向が強いように思えます。

4番手の大曲錬投手は1回を無失点に抑えました。
満塁のピンチは招いたものの後続を抑えています。

5番手の小川龍也投手は1回を無失点に抑えました。
しかしやはりピンチを招いておりこの不安定さが1軍復帰できない要因かもしれません。

6番手の公文克彦投手は1回を1失点でした。
自身のエラーが失点に結びついており評価の難しい内容でした。
16日の試合で連投テストがあるでしょうか。

7番手の井上広輝投手は2点を失いサヨナラ負けを喫しました。
最近は好投が続いていましたが失敗も経験して更に成長して欲しいです。


綱島選手4打点

​打線は綱島龍生選手が4打点の活躍でした
犠牲フライ、内野ゴロ、タイムリー、押し出し死球と全て違う形での打点でした。
もちろんタイムリーを打てるのが理想ですがどのような形でもチャンスを潰さずに得点を奪う事は非常に重要だと思います。

中熊大智選手もタイムリーを含む猛打賞の活躍でした。
この調子でシーズンオフの支配下登録を勝ち取れるでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。