1996年トレード:ドラフト1位選手同士のトレード

IMG_0889


1対1の交換トレード


1996年オフにライオンズの長見賢司選手とベイスターズのデニー友利(友利結)投手との1対1の交換トレードが成立しました。
当時の東尾監督の強い希望があってのトレードだったようです。

デニー投手は1986年ドラフト1位で指名され、サイドスローからの球威あるボールが持ち味でしたが、制球難もありベイスターズでは活躍する事はできませんでした。
しかし東尾監督の「コントロールできないのだから思いっきりど真ん中に投げ込めばコーナーに散らばってくれる」というアドバイスを受けて才能が開花し、移籍初年度からライオンズリリーフ陣を支える存在となりました。
更に1999年に入団した松坂投手の指導係的存在として良き兄貴分になっていました。
その後もリリーフとして活躍しましたが2002年に出場機会を減らすとそのオフにトレードでベイスターズに復帰、2006年にはドラゴンズに移籍して2007年限りで引退しました。

一方の長見賢司選手は1990年ドラフト1位で指名されて投手として入団し、1995年から野手転向したものの1軍出場はありませんでした。
トレード後の1997年には6試合に出場し初ヒットを放ったものの、その後はまた1軍出場する事なく2000年限りで引退となりました。

総括


結果を残せていなかった選手同士が移籍して出場機会を得たという意味で意義のあるトレードでしたし、特にライオンズにとってはデニー投手がリリーフとして活躍してリーグ連覇に貢献するなど非常に大きなトレードになりました。
ただし東尾監督だったからこそデニー投手も覚醒できたのだと思いますので、相性の良い指導者との出会いも重要なのだなと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


若林選手は内野でもアピール


IMG_0895

内野グラブも持参


ドラフト4位の若林楽人選手は外野手登録ですが内野用のグラブも持参しており、室内練習場でのノックの際にはセカンドのポジションに入ったようです。
大学時代も内野の練習を行なっており外崎選手スパンジェンバーグ選手のようなユーティリティプレイヤーとしてアピールするとの意欲を示しました。
打撃はまだ課題はあると思いますが守備走塁面の評価は高いため、内外野共に標準以上に守れる事をアピールできれば、まずは熊代選手にような守備代走要員として1軍出場機会を与えられるかもしれません。

なお若林選手は細めの身体を大きくするために渡部健人選手から間食を増やした方がいいというアドバイスを受けたとの事です。
とはいえ容易に体重を増やせるかもある種の才能ではありますので、焦らずにじっくりとプロ仕様の体づくりをして欲しいと思います。

また育成4位の豆田泰志投手が15日に18歳の誕生日を迎え、早く1軍で投げている姿を見せたいという意欲を見せました。
育成選手ではありますがストレートの魅力は十分ですので、体力がついて武器になる変化球も身につけられれば1軍でも通用するのではないかと思います。
まずは3軍での育成になるとは思いますが、昨年の井上投手のようにシーズン終盤にはイースタンリーグで期待の持てるピッチングを見せてくれるのではと期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


宮崎キャンプは無観客で実施


IMG_0896

新型コロナ感染拡大防止


宮崎県では県独自の緊急事態宣言が発令中で、県からの要請により宮崎で春季キャンプを予定している各球団は無観客で実施する方針となりました。
キャンプの見学を楽しみにしていたファンにとっては非常に残念ではありますが、現在の状況では当然の対応だと思います。

キャプテンの源田選手も「キャンプイン後に改めて寂しさを実感すると思う」というコメントを出しており、選手にとってもやはりファン不在のキャンプは違和感を感じるようです。
もちろん球団やホテルは十分対策を実施するでしょうし、選手たちも練習前後を含めた行動に一層の注意を払いつつ、王座奪回に向けて練習に取り組んで欲しいです。
その日々の様子がネットやテレビのニュースで流れてくるのを楽しみに待ちたいと思います。

そして思いっ切り野球観戦を楽しめる日々が少しでも早く戻ってきますように。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。