ライオンズの歴代1番打者

IMG_2126

トップバッター


黄金期には石毛宏典選手辻発彦選手が1番打者を務めました。
両選手共に足を使えた上に石毛選手は1発の魅力があり、辻選手は状況に応じたバッティングなど高い戦術理解で打線を牽引しました。

東尾監督時代や第一次伊原監督時代は松井稼頭央選手が起用されました。
安定して3割を記録する打率に加え盗塁王を3度獲得した俊足を武器としました。
パワーがついてからは3番を打つ事も増えましたがやはり松井選手が1番に入る事ができるような状態の打線が理想だったと思います。

伊東監督就任1年目には佐藤友亮選手が1番で活躍しました。
この年は規定不足ながらも3割を打つなどキャリアハイの成績を残しています。

渡辺監督時代の1番と言えば片岡易之選手の印象が強いです。
俊足を武器に4度の盗塁王と1度の最多安打を獲得しています。
また2008年の日本シリーズ最終戦では死球で出塁した直後の盗塁がチームが同点に追いつくきっかけとなりました。

田邊監督と辻監督時代の1番と言えば秋山翔吾選手です。
首位打者1回と最多安打4回を獲得しており、更にシーズン216安打というNPB記録保持者である稀代のヒットメーカーです。
また20本塁打程度を放つ事のできる長打力も魅力でした。

秋山翔吾選手の移籍後は1番打者を固定できずに苦しんでいます。
今シーズンは若林楽人選手に期待がかかりますが故障明けという不安があります。
タイプ的には外崎修汰選手、金子侑司選手が合いそうですが過去の1番起用で結果を残せていないだけに厳しいかもしれません。

振り返るとチームとして強かった時期にはトップバッターを固定できていただけに今シーズンは不動のリードオフマンが現れて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


ライオンズの最優秀中継ぎ獲得投手

IMG_2143

3投手が獲得


西武ライオンズの投手として以下の選手達が最優秀中継ぎを獲得しています。
※獲得回数は埼玉移転以降のみのカウントです。

橋本武広投手(1回)
森慎二投手(2回)
増田達至投手(1回)

新しめのタイトルという事やリリーフ陣が安定なかった時期が長かった事もあり獲得選手は多くありません。
その中で橋本投手は左のワンポイントとして活躍し森投手豊田清投手とのダブルストッパーとしてチームの勝利に貢献しました。

2015年の増田投手以降は本タイトルから遠ざかっています。
ただし昨年20ホールド20セーブを達成した平良海馬投手はシーズン途中でのクローザー転向がなければタイトルを獲得できていたかもしれません。

ワンポイント投手が獲得しやすいタイトルではありますが今シーズンは盤石の勝ちパターンを形成して多くのホールドを稼いで欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


盗塁に意欲を示す選手たち

IMG_2142

走塁指導


​22日の新人合同自主トレでは講師を招いての走塁の指導が行われました。

ドラフト3位の古賀悠斗選手は指導を受けて走塁への意識が変わったようです。
ライオンズの捕手によるシーズン最多は伊東勤選手の20盗塁です。
古賀選手は足は早くはないようですが投手へのプレッシャーをかけられるよう盗塁への意識も高めていきたいところです。

2年目の長谷川信哉選手も新人達と共に指導を受けました。
昨年はイースタンで9盗塁を決めた俊足ですがフォームの修正点が見つかったようです。
今のチームには単独で盗塁を決められるスペシャリストは少ないだけにキャンプから走塁面でアピールできれば支配下登録も近づくのではと思います。

また金子侑司選手はトークショーで盗塁王奪回に意欲を示しました。
ベテランの域に入ってきましたが2016年に35歳で盗塁王を獲得した糸井選手や昨年36歳で獲得した荻野選手に刺激を受けているようです。
足の故障をしてからは成功率が下がっている印象ですが今シーズンはまた重要な場面での盗塁を多く決めて欲しいです。

昨年のチーム盗塁数はリーグ3位でした。
得点力アップのためにも盗塁でチャンスを広げるような攻撃も増やしたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。