連日のリリーフ失敗で終盤に追いつかれて引き分け(L-B 8回戦)

IMG_1254

引き分け


4日はバファローズと対戦し6-6で引き分けました。

本日の公示


​​増田達至投手が抹消され小川龍也投手が1軍登録されました。
当面は増田投手の配置転換は無いと明言されていましたが一転抹消となりました。
監督やコーチと相談の上の抹消と思いますので、ファームでしっかりと調整し直してまた1軍の9回のマウンドで君臨して欲しいです。

痛恨の被弾


先発の上間永遠投手は4回3失点で降板しました。
初回先頭から連続四球を与えるなど立ち上がりかららしくない投球でした。
前回登板で初勝利を挙げただけに強気で勝負して欲しかったです。

2番手の佐野泰雄投手は1回を1失点でした。
お決まりのように先頭打者に四球を与えておりなかなか状態が上向いてきません。

6回は伊藤翔投手武隈祥太投手で無失点に抑えました。
伊藤投手の残したピンチを抑えた武隈投手の信頼度は高まってきているかもしれません。

7回は平良海馬投手が無失点に抑えました。
吉田選手から始まる打順のため7回に起用されたというのは理解ができます。

8回は宮川哲投手が登板しましたがいきなりヒットを打たれると、代わった小川龍也投手が痛恨の同点2ランを浴びてしまいました。
好調の十亀剣投手が起用されるかと思いましたが、おそらく前日の汚名挽回のチャンスのための宮川投手起用だったのではと思います。
また1軍昇格したばかりの小川投手にとってはいきなり厳しい場面となってしまいましたが後続はしっかりと抑えたのは好材料だと思います。

9回はギャレット投手が登板しますが先頭打者の打球が当たり降板となりました。
緊急登板となった森脇亮介投手はピンチを広げたもののなんとか無失点で切り抜けました。
まだ本調子ではない森脇投手ですが浮上のきっかけとして欲しいです。

最終的に9回で両チーム合わせて16投手が起用されるNPB新記録となりました。
緊急事態となった9回をなんとか凌ぎましたがリードしていただけに勝ちを逃してしまったという印象となった試合でした。

チャンスにあと1本が出ず


​打線は2点差の5回に呉念庭選手、愛斗選手のタイムリーで勝ち越しに成功しました。
故障者が続出している中でチャンスを掴んだ若手が結果を残しています。

同点の8回では2死満塁のチャンスでスパンジェンバーグ選手が三振に倒れました。
9回には2死2、3塁では源田壮亮選手がセカンドゴロで間一髪アウトとなり、リクエストでも判定が覆らず引き分けに終わりました。
源田選手は序盤の2度にチャンスでも凡退しておりどこかであと1本出ていれば勝利に結びついていただけに残念な結果となってしまいました。

1番の若林楽人選手は4安打2盗塁の大活躍でした。
ラッキーな安打もあったものの打撃は再び復調傾向でしょうか。
複数盗塁を決める試合も多いため今後もリードオフマンとしての活躍を期待しています。

今日の栗メーター


栗山巧選手はタイムリーを含む2安打を放ち2000本安打まで残り63本となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


5/4ファーム結果:終盤の追い上げで引き分けに持ち込む


IMG_1253

引き分け


4日のイースタンリーグはイーグルスと対戦し8-8で引き分けました

大曲投手炎上


先発の大曲錬投手は3回2/3を7失点と炎上してしまいました。
3回まではランナーを出しつつも無失点に抑えましたが4回に集中打を浴びました。
スタミナ面や長いイニングを投げるための投球術などに課題がありそうですが、もともと即戦力評価ではないと思いますので少しずつ課題克服に努めて欲しいです。

大曲投手の残したピンチで登板した大窪士夢投手は1回1/3を無失点に抑えました。
最近は打たれる場面が増えてきていましたがまた調子を上げて欲しいところです。

3番手の吉川光夫投手は1回を無失点に抑えました。
味方の2失策がありつつも抑えたのはさすがベテランというところでしょうか。
ただし1軍でも軍でも炎上した試合があったため継続して抑え続けたいところです。

4番手の松岡洸希投手はヒットは打たれたものの3人で抑えました。
前回登板で今シーズン初失点を喫しましたが引きずらず抑えたのは成長でしょうか。

5番手の田村伊知郎投手は2安打を浴びながらも無失点に抑えました。
ストライク先行で勝負はできていたようなのでその上で被安打率を下げたいところです。

6番手の榎田大樹投手は2回を1失点でした。
2死から連打で失点したのは課題ですが内容自体は悪くなかったでしょうか。
なお復帰後の起用法をみるとリリーフ起用を見据えていそうな気がします。

終盤に追いつく

​​​打線は初回に山川穂高選手の先制2ランが飛び出しました。
ただし指名打者としての出場で途中交代したため1軍復帰はファーストの守備に就いてフル出場できるようになってからでしょうか。

以降は釜田投手の前に押さえ込まれていましたが投手が交代した8回に3点、9回に3点を奪い引き分けに持ち込みました。
若手野手達の粘りで奪った得点であり自信になるのではと思います。

その中で途中出場の綱島龍生選手は2本のタイムリーで3打点の活躍でした。
このところ打撃の調子を落としていただけにまた猛打でアピールを続けたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


背番号18:黄金期以降のエースの番号

IMG_1252

ライオンズの各背番号を背負った選手のうちプレーしていた記憶のある黄金時代以降の選手について思い出などを書いてみようと思います。

変遷


背番号18を着けてプレーしているのを見た記憶のある最も古い選手は郭泰源投手です。
黄金期のローテーションの軸としてシーズンMVP1回に加え、最高勝率2回、ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞2回を獲得しました。
オリエンタルエクスプレスの異名をとった速球は、現役時代に対戦した打者達が当時1番速かったのは郭投手だったとコメントする程の威力だったようです。
長くチームを支えましたが故障の影響で1997年限りで引退しました。

1999年にはドラフト1位入団の松坂大輔投手が着けました。
平成の怪物の異名に違わず1年目から最多勝新人王を獲得します。
以降も西口投手とのダブルエースとしてライオンズ在籍時代には沢村賞1回に加え、最多勝3回、最優秀防御率2回、最多奪三振4回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞7回を獲得しました。
またWBCなどの世界大会でも日本のエースとして活躍しました。
2006年オフにポスティングでMLBに移籍、2016年にNPBに復帰し2020年からライオンズに復帰しています。

2009年からは涌井秀章投手の背番号が18に変更になりました。
涌井投手自身は元の背番号16に愛着があったようですが石井一久投手に16を譲るために球団からの変更の打診を受け入れたようです。
松坂投手後のエースとしてライオンズ在籍中に沢村賞1回、最多勝2回、ゴールデングラブ賞3回を獲得しました。
2013年オフにFA権を行使してマリーンズに移籍し、現在はイーグルスに在籍しています。

現役選手


2016年からはドラフト1位入団の多和田真三郎投手が着けました。
2018年には最多勝のタイトルを獲得しています。
現在は自律神経失調症の影響で育成契約となっていますが球団も背番号を空けていますので、また背番号18をつけてマウンドで躍動する姿を見せてくれる事を気長に待ちたいと思います。




スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村