敗戦に加えて若林選手が自打球で負傷交代(M-L 2回戦)

IMG_1169

敗戦


10日はマリーンズと対戦し2-6で敗れました。

本日の公示


山野辺翔選手が登録抹消されました。
6日の試合で指を痛めていたようで状態が気になるところです。

本日のスタメン


若林楽人選手が2試合連続で1番レフトで出場しました。
また山野辺選手に代わって山田遥楓選手が8番セカンドで出場しています。

10与四球


先発の浜屋将太投手は制球に苦しみ3回4失点で敗戦投手となりました。
またソロホームランはある程度仕方ないとしてもマーティン選手に2打席連発を許したのは不用意だったのではと思います。
ファームの先発陣も安定していないだけに次回登板もあると思いますが、内容によっては2軍再調整の可能性もあるかもしれません。

2番手の伊藤翔投手は2回無失点に抑えたものの2四球を与えています。
3番手の佐野泰雄投手は1回を無失点に抑え、唯一安定していたように思えます。

4番手の宮川哲投手は制球が安定しない悪い日のピッチングでした。
先頭打者に四球を与えると、続く打者がバントの構えを見せてもストライクが入らず連続四球、さらにフィルダースチョイスで満塁にした後に押し出しで失点と完全に独り相撲でした。
昨年からの課題である登板毎の好不調の波を減らして欲しいところです。

5番手の田村伊知郎投手も先頭打者への四球から1失点を喫しました。
投手陣全体で10四球を与えておりまたもや制球難を露呈してしまい、ファンとしてはストレスの溜まる試合展開となりました。

愛斗選手2試合連発


​打線は愛斗選手が反撃の狼煙となる2試合連発にソロホームランを放ちました。
一方で8回の満塁のチャンスでは課題の落ちる変化球の前に三振に倒れています。
甘い球は身逃さずに打てるようになってきているだけに、変化球を見極められるようになるかが今後活躍できるかの鍵となるでしょうか。

セカンドで出場の山田遥楓選手も1安打1四球1盗塁とまずまずの結果を残しました。
スタメン出場の機会が増えると思いますのでチャンスと捉えて飛躍して欲しいです。

一方で若林楽人選手が自打球を膝に当てて途中交代となりました。
自分で歩けず両肩を支えられながら交代しておりアイシング後に病院に向かったようです。
当面の1番打者として期待していただけに心配ですし長期離脱とならない事を祈るばかりです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/10ファーム結果:試合は完敗も初先発の大曲投手が好投


IMG_1168

敗戦


10日のイースタンリーグはマリーンズと対戦し1-7で敗れました。

大曲投手初先発


初​先発の大曲錬投手は敗戦投手になったものの5回を被安打2で1失点という好投でした。
失点は味方のエラーによるものでしたし、球数も79球で5回に149km/hを記録するなどまだ余力はあったのでは無いかと思います。
4四球を与えた制球面は課題ですが今後の実戦で変化球の精度などを上げて欲しいです。

2番手の豆田泰志投手は2/3回を投げて3四球を与えるなど3失点でした。
疲労もあるのかプロの壁にぶつかりつつありますが、少しずつ課題克服に努めて欲しいです。

豆田投手の残したピンチで登板した松岡洸希投手は自責点はつかなかったものの、タイムリーと押し出しで豆田投手の残したランナーを2人返してしまいました。
今年は好投を見せていた松岡投手ですが星球面はまだアバウトなだけに、ピンチの場面ではまだ課題が残るかもしれません。

今季イースタンリーグ初登板の中塚駿太投手は4四死球を与え押し出しで1点を失いました。
もともと遠征メンバーには入っていなかっただけに、しっかり調整できていたのかは気になるところです。

水上由伸投手は味方のエラーもあり1回2失点という内容でした。
打たれるケースが目立ってきましたが実戦を通して成長して欲しいです。

意地のタイムリー


​​​​打線は9回に中熊大智選手のタイムリーで1点を返すのがやっとでした
イースタンリーグ序盤は不振だった中熊選手ですが、今日はマルチヒッチを放っており打撃の調子は上がってきているようです。

またブランドン選手は復帰後初ヒットを放ちファーストも守りました。
ただし2塁ランナーとして味方の外野フライでタッチアップした際に3塁でアウトになるというミスもあったため、各プレーの判断力を高めたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


山野辺選手が指の故障で登録抹消


IMG_1166

セカンド穴を埋めるのは?


山野辺翔選手が登録抹消されました。
6日の試合でヘッドスライディングした際に指を痛めており、その痛みが引かないため登録を抹消してリハビリを行っていくようです。
ヘッドスライディングは気持ちがこもっている反面、やはり危険も伴うプレーであると痛感してしまいました。
翌日以降も試合に出場していただけに大怪我では無いと思いますが、無理をして悪化させていないかが心配です。

しかしこれで外崎修汰選手の故障離脱の後に山野辺選手が埋めていたセカンドのポジションがまた空いてしまう事になります。
緊急的な抹消で代わりになる選手が登録されておらず、またファームの選手が1軍で即セカンドのレギュラーというのも難しいため、当面は現状の1軍メンバーは起用されると思います。

候補としては呉念庭選手山田遥楓選手や今年からセカンドにも挑戦している佐藤龍世選手になるでしょうか。
仮に呉選手がセカンド起用された場合のファーストも山田選手、佐藤選手が候補となり、渡部健人選手はまだファーストの守備は不安が残るのではと思います。
また山野辺選手の復帰も長引いてしまうようであれば、外国人選手合流後はスパンジェンバーグ選手の起用もあり得るかもしれません。
ただし外崎選手はもちろん昨年からセカンドの出場機会を得ていた山野辺選手と比べると、ショートの源田壮亮選手との連携を含めた守備力は低下してしまうのではと思います。
そのため守備はある程度仕方がないとして、打撃面でアピールして欲しいところです。

山野辺選手は昨日まで試合に出てたとは言え、開幕後の各カードで故障者が出るという異常事態となっています。
これ以上の故障者は防いで欲しいのはもちろん、故障者には無理はせずとも早めの復帰を願いたいですが、まずは現状のメンバーで一丸となって苦難を乗り切って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。