2011年打線:統一球導入の中で異次元の成績を残した主砲

IMG_1656

基本オーダー



打順 守 備 選 手 打 率 本塁打 打 点 盗 塁 犠 打 タイトル
1 センター 栗山巧 .307 3 60 6 9
2 セカンド 原拓也 .241 0 12 0 51
3 ショート 中島裕之 .297 16 100 21 0 B9、GG
4 サード 中村剛也 .269 48 116 4 0 本塁打王、打点王、B9
5 指名打者 フェルナンデス .259 17 81 3 0 B9
6 ファースト 浅村栄斗 .268 9 45 7 18
7 レフト 坂田遼 .233 2 11 0 0
8 キャッチャー 銀仁朗 .218 2 22 4 33
9 ライト 秋山翔吾 .232 1 21 8 8

違反球


​この年は各球団で使用する硬式球の規格を統一する事と飛距離を抑えるためにNPB主導で統一球が導入されました。
しかし実際には反発係数が基準値を下回る違反球も多く使用されており、結果としてNPB全体でホームラン数を前年より大きく減らす事となってしまいました。

その状況下で主砲の中村剛也選手は1人だけホームランを量産し48本を放ちました。
この年パリーグのホームラン数2位だったホークス松田選手は25本でしたが、2位とのホームラン数の差が23本というのは過去最多の記録となっています。
更にロッテのチームホームラン数は46本だったため中村選手1人で上回ってしまいました。

打線としては前年まで4年連続盗塁王を獲得していた片岡易之選手が故障で離脱しましたが、代わりにセカンドを守った原拓也選手がチームの最多犠打記録を更新しました。
更に3年目の浅村栄斗選手が初めて規定打席に到達し、ルーキーの秋山翔吾選手も100試合以上に出場するなど若手の台頭が目立った年となりました。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


高橋投手10勝目でチームも3連勝(L-F 15回戦)

IMG_1658

勝利


14日はファイターズと対戦し3-1で勝利しました。

本日のスタメン


中村剛也選手、栗山巧選手がスタメン復帰しました。

二桁勝利


​先発の高橋光成投手​は6回1失点で勝利投手になりました。
7三振を奪う好投でついに2年振りの二桁勝利を達成となりました。
ただし理想を言えば7回までは投げ切って欲しかったです。

2番手の森脇亮介投手は1回を三者凡退に抑えました。
変化球で2三振を奪っておりだいぶ状態は戻ってきたでしょうか。

3番手の増田達至投手も三者凡退に抑えました。
ストレート中心で押し切っておりやはり調子は戻ってきたようです。

4番手の平良海馬投手はランナーを出したものの無失点で締め括りました。
先頭打者の折れたバットを避けた影響で悪送球したものの、呉念庭選手が2塁を狙ったランナーを刺したのが大きかったと思います。

岸選手決勝打


打線は2回に岸潤一郎選手のタイムリーで2点を先制します。
今日はマルチヒッチを記録したように固め打ちが多い印象ですが、後はノーヒットの試合を減らせればレギュラーに定着できるのではと思います。

3回には栗山巧選手のタイムリーで1点を追加しました。
直前に1点差に迫られていただけに非常に大きな1点だったと思います。
しかし続く無死満塁のチャンスで畳み掛けられなかったのは課題です。

また攻撃面では他にもミスがあっただけに、今後巻き返しを図っていくためには細かいミスを無くしていきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/14ファーム結果:ベテラン左腕たちが打たれて敗れる


IMG_1657

敗戦


14日のイースタンリーグはスワローズと対戦し4-5で敗れました。

榎田投手先発


先発の榎田大樹投手は3回2失点でした
4安打を浴びるなど状態は良くなさそうでしたが、3回で降板したためまだ負傷明けからの調整段階だと思います。
終盤戦では1軍登板できるよう状態を上げていきたいところです。

2番手の伊藤翔投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
今シーズンはファームでフォームを固めながら安定感を高めていく事になるでしょうか。

3番手の吉川光夫投手はホームランを浴びて3点を失いました。
味方のエラーがあったとはいえ3安打2四球といういまいちな内容でした。
これで登板時は10イニング連続失点となったようで厳しい状態となっています。

4番手のダーモディ投手はピンチを招いたものの無失点に抑えました。
2三振を奪いましたがこれを継続できるようになって欲しいところです。

5番手の出井敏博投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
球速は145km/hを記録しており球威が増してきたかもしれません。

6番手の佐野泰雄投手は1安打四球を許したところで日没コールドとなりました。
キャッチャーが見づらい等あったかもしれませんが安定しない状態が続いています。


愛斗選手ホームラン

​打線は5回に山野辺翔選手のタイムリー1点を返しました
マルチヒットに加えて盗塁を記録しており状態が上がってきたでしょうか。

7回にはワイルドピッチとブランドン選手のタイムリーで3点を奪いました。
将来の中軸候補として今後もチャンスの場面で打ち続けて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。