9/15ファーム結果:1軍クラス出場も泥沼の10連敗

楽天に敗戦


1軍級の選手がスタメンに名を連ねましたが楽天投手陣に4安打に抑え込まれて1-4で敗戦しました。
これで泥沼の10連敗となりなかなか光が見えません…

おかわりくん、カルロス復帰


故障で離脱していた中村選手木村選手が復帰、また親子ゲームという事で山野辺選手川越選手が調整のためスタメン出場しましたが、揃ってノーヒットのまま途中交代しています。

中村選手は守備では軽快な動きを見せたようですが、3打数で2三振と復調には時間がかかるかもしれません。
木村選手もノーヒットでしたが第1打席はあわやホームランという大飛球だったようで、こちらは痛めた腰が万全であれば1軍復帰は近いかもしれません。

その他の選手では期待の西川選手がチーム唯一の得点となるソロホームランを放ちました。
天才的な打撃センスには目を見張るものがあるため、さらに長打力もつけていって欲しいです。
また好調の綱島選手は今日も途中出場で1安打を記録しています。

先発は今井投手


2軍調整中の今井選手が先発し、3回までは無失点に抑えたものの4回にヒット、四球の後に3ランを被弾し敗戦投手となっています。
今日は7回を投げて被安打7、四球3、奪三振6という結果でした。
四球の数自体は多くはないものの全てストレートの四球で、今日も突然制球を乱してあっさり四球を出す悪癖を見せています。
またヒットも7本打たれており、今はまだ試行錯誤の段階なのかもしれません。
1軍の投手陣も少しずつ安定してきているため、焦らずじっくりともう1度フォーム固めから行い、常に安定したピッチングを披露できるようになって欲しいです。

2番手の中塚投手も1回1失点となかなか安定した結果を残せません。
3番手の野田投手は1回無失点ながら2安打を打たれており、リリーフ左腕が不足している状況ですがまだ1軍復帰は遠そうです。

ファームは育成の場で勝ち負けは二の次という面もありますが、若獅子たちが躍動して勝ち星を積み重ねていく姿をまた早く見たいものです。

 
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

期待の若手選手①:高木渉選手

ライオンズの将来を担うことを期待している選手について書いてみようと思います。
今回は売り出し中の高木渉選手です。今さら取り上げて書く必要もないほど、今1番将来を有望視しているライオンズファンも多いのではないでしょうか。

経歴


高木選手は右投左打の外野手で、福岡の真颯館高校から2017年の育成ドラフト1位でライオンズに入団しました。
1年目からファームで結果を残し2018年のオフに支配下契約を勝ち取ります。
そして昨年は1軍初打席を経験し、今シーズンは1軍初ヒットに初ホームランと順調にステップアップしています。

セールスポイント


高木選手の魅力は何と言ってもバッティングです。
ファームでは「なんでその当たりであそこまで飛ぶの?」と少し理不尽にも感じてしまうようなホームランや長打をよく放っており、タイプ的には他球団ですがホークスの上林選手、さらには柳田選手をイメージしてしまいます。
そのため順調に成長していけば、近い将来1軍でクリーンアップも担えると思っています。

今までライオンズではあまり左打ちのスラッガーが育った印象がありません。
「左のおかわりくん」として期待された坂田選手も怪我に泣き結果を残せませんでした。
そのため高木選手には貴重な左の大砲としての活躍も期待しています。

課題は外野守備ですが今シーズンは少しずつ向上の兆しが見えているようですので、今後1軍で失敗しつつも経験を積むことで守備も成長させていって欲しいものです。

育成の星へ


ライオンズではまだ育成から主力に育った選手はいないのが現状です。
そのため高木選手には1軍の主力となりライオンズ育成選手の星となって欲しいですし、十分にその可能性を秘めていると思います。

一般的に高木渉というと某少年探偵アニメの刑事役の声優さんが浮かぶようですので、それほど野球に詳しくない人でも「高木渉と言えば凄いプロ野球選手」とすぐに浮かぶような球界のスター選手になって欲しいです!


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

9/13ファーム結果:連敗止められず

巨人に連敗


今日も巨人に2-7で敗戦。泥沼の9連敗となりました。
あの2人の一件から完全にチームが下降していっています… 
 

先発は與座投手


今季1軍で初勝利を挙げた與座投手ですがファームでの調整後は苦しいピッチングが続いています。
 今日も5回4失点(自責点2)で敗戦投手となってしまいました。
ただしプロ入り後にトミージョン手術を受けて実質今シーズンが1年目ですし、打たせてとるタイプでキャッチャーのリードも影響してくるため、今は投球術を磨き直してシーズン終盤あたりでまた1軍を救うピッチングを見せてくれればと思います。

永江選手先制ホームラン


2回に永江選手に先制のソロホームランが飛び出しました。
1軍に呼ばれる事も少なくなってきましたが、中堅となった今課題の打撃をどれだけ伸ばせるでしょうか。

そして一昨日猛打賞の綱島選手は今日も2安打と結果を残しました。
この調子を維持できれば今シーズン中の1軍デビューも見えてきそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。