早くも5選手が1軍初ホームランを記録

IMG_1164

初ホームラン


9日のマリーンズ戰で愛斗選手がホームランを放ちました。
今シーズンはこれでブランドン選手、呉念庭選手、渡部健人選手、若林楽人選手に続き、5選手が1軍初ホームランを放ちました。
ルーキー3選手に苦節6年目の2選手という対照的な内訳になっています。

昨年は鈴木将平選手、高木渉選手、柘植世那選手が初ホームランを放ったと記憶していますので、12試合目で早くも昨年を超えています。

故障者や外国人不在の影響により出場機会が増えている面もありますが、昨年は主力が故障した際に若手が結果を残せず打線が低迷した事を考えると、今年の若手の頑張りは目を見張るものがあります。
現状の1軍メンバーでは外崎選手に代わってセカンドで出場中の山野辺翔選手、8日にファームでホームランを放った西川愛也選手、外野のサブ要員の岸潤一郎選手も帯同していますので、更に初ホームランを記録する選手が増える可能性もあります。

なおプロ11年目の熊代聖人選手もまだホームランを放っていません。
内外野のサブ要員やムードメーカーとして1軍昇格する機会はあると思いますので、待望の1発を放てるか注目したいです。

プロ初からの2発


愛斗選手はプロ初ホームランに加えて、8回には逆転となる2号3ランも放っています。

ライオンズでプロ初ホームランを記録した試合で2発を放ったのは高山久選手、中村剛也選手、炭谷銀仁朗選手以来4人目となります。

高山選手や炭谷選手は打撃面で伸び悩みましたが中村選手は主砲として何本ものホームランをおかわりしています。
愛斗選手も主力として活躍できるよう、今後は弱点を突かれて結果を出せない時も出てくると思いますが、課題を克服して更なるレベルアップを図って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


愛斗選手の2本塁打で逆転勝ち(M-L 1回戦)

IMG_1163

逆転勝ち


9日はマリーンズと対戦し7-4で勝利しました。

本日の公示


上間永遠投手吉川光夫投手が抹消され、十亀剣投手、武隈祥太が登録されました。
上間投手は登板間隔が空くための抹消で22日のバファローズ戦で先発予定と思われます。
吉川投手は前日も登板したもののやはり6日の試合での大炎上もあり、現状の状態では厳しいという判断でしょうか。
武隈投手はファームで無失点に抑えているものの1軍で通用するか気になるところです。

本日のスタメン


得点力が低下しているため打順に手が入り若林楽人選手が初の1番レフトで出場し、金子侑司選手は9番センターに入りました。
また渡部健人選手が7番サードで出場しています。

十亀投手今季初勝利


先発の高橋光成投手は5四球与えるなど制球に苦しみ6回4失点で降板しました。
調子が悪くても大量失点をしなかったのは成長と思いますが、山口選手に逆転2ランを浴びた点と、その後も小刻みに失点を重ねた点は反省点だと思います。
もちろん山口選手は将来性のある素晴らしい打者ですが、まだ結果の出ていない若い打者に対してはエースとして圧倒するような投球を見せて欲しいところです。

2番手の十亀剣投手は先頭打者に四球を与えたものの後続を打ち取り、次のイニングで打線が逆転したため今シーズン初勝利を手にしました。
先発が長いイニングを投げられない試合が多いだけに、リリーフとして安定した投球を続けられるとチームとしても大きいのではと思います。

8回からは久々の登板となる平良海馬投手、増田達至投手のリレーで逃げ切りました。

愛斗選手初ホームラン


​打線は2回に愛斗選手の1軍初ホームランで1点を先制しました。
期待されながらも結果を出せない状態が続きましたが6年目にして待望の1発となりました。

しかしその後は二木投手に抑えられ敗色ムードが漂いましたが、8回に小野投手に交代すると呉念庭選手のタイムリー1点差に迫り、愛斗選手の2ランで逆転しました。
ライオンズにとっては流れが変わる大きな投手交代となりました。
愛斗選手は初ホームランに続く1発となりしばらくはスタメン起用が続くのではと思います。

若手が躍動する一方で初回の1死3塁、3回の1死2、3塁のチャンスでは森友哉選手、中村剛也選手が凡退して無得点に終わり、チームが苦戦する一因となってしまいました。
森選手は最終回にタイムリーを放ったため浮上のきっかけとして欲しいです。

1番に入った若林楽人選手は1安打2四球で2盗塁の大活躍でした。
9番の金子侑司選手も2安打の活躍だったため、しばらくはこの打順で起用されると思います。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/9ファーム結果:與座好投もチャンスを活かせず完封負け


IMG_1747

完封負け


9日のイースタンリーグはマリーンズと対戦し0-1で敗れました。

與座投手完投


​先発の與座海人投手は敗戦投手になったものの8回を投げ切り1失点という内容でした
被安打は5本のみでピンチの場面でも動じる事なく投げられておりナイスピッチングだったのではないかと思います。
強いて言えば四球数も3個と多くはないものの、打たせてとるタイプのため極力無駄なランナーは出したくないところです。
今シーズンも1軍登板のチャンスを掴むためにも続けて結果を残したいところです。

ブランドン選手復帰


​​​​打線は離脱していたブランドン選手が4番指名打者で復帰しました。
無安打に終わりましたがまずはフル出場できた事は良かったのではと思います。
守備も含めて問題なく動けるようになればまた1軍昇格のチャンスはあると思います。

また育成のジョセフ選手がイースタンリーグ初ヒットを放ちました。
プロ入り後は体力面を含めて壁にぶつかっている印象がありますが、状態を上げていくきっかけになればと思います。
ただし足も武器ではありますが牽制で誘い出されてアウトになったのは反省点ですので、走塁面もプロに適応していって欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。