ファーム遠征メンバー:内海投手が先発予定


IMG_1655

ヤクルト戦


14日からは敵地でのヤクルトとの3連戦が予定されています。

榎田大樹投手、内海哲也投手、豆田泰志投手が先発予定のようです。

復帰2戦目となる榎田投手には1軍登板の足がかりとなる投球に期待したいところです。

内海投手は久々の実戦復帰となります。
弟子の渡邉勇太朗投手が1軍で結果を残しているだけに負けじと結果を残して再び1軍での先発チャンスを掴んで欲しいです。

豆田投手はまだ課題も多く実戦を通して学ぶ時期だとおもいますので、まずは最低限試合を作るピッチングに期待したいです。

リリーフでは公文克彦投手が3試合とも帯同予定です。
ここで連投テストが行われて問題がなければ1軍に合流するかもしれません。

先発陣では本田圭佑投手が帯同していません。
14日からの1軍日本ハム戦での先発があるでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


思い出の試合:2014年8月16日 日本ハムファイターズ戦

IMG_1653

黄金ルーキー


2014年は森友哉選手のルーキーイヤーです。
開幕からファームでは好成績を残していましたが捕手として実戦経験を積ませるという育成方針もあり2軍での出場が続いていました。

しかし1軍は開幕から躓きなかなか浮上できない状況が続いていたため、打線の起爆剤として7月下旬に1軍初昇格を果たしました。
7月30日にプロ初ヒットを放つと8月14日にはプロ初ホームランを放ちます。
更に8月15日に2試合連続ホームランを放ったという状況でこの試合を迎えました。

この試合は両チーム共に投手陣が安定せず中盤から点の取り合いとなり、1点リード9回には高橋朋己投手が同点打を浴びて7-7のまま延長戦に突入します。
そして延長10回には勝ち越しホームランを打たれ敗戦ムードが漂います。
しかしその裏に森友哉選手増井投手から代打ホームランを放ち引き分けに持ち込みました。

なおこれでプロ1号から3試合連続のホームランとなりましたが高卒新人としては史上2人目の記録だったようです。
ドラフト指名時から打てる捕手としてファンからの期待を集めていましたが、想像を上回る活躍を予感させる試合となりました。

なおこの活躍により早い段階で1軍起用しなかった首脳陣を批判する声もありました。
しかし捕手という特殊なポジションのため守備面の強化も図るためにファームでの出場機会を重視した判断は間違いではなかったと個人的には思っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/13ファーム結果:與座投手の好投で同一カード3連勝


IMG_1654

勝利


13日のイースタンリーグはイーグルスと対戦し4-1で勝利しました。

與座投手先発


先発の與座海人投手は7回無失点で勝利投手となりました
6安打2四球とランナーは出したもののピンチの場面ではしっかりと抑えています。
また1軍での先発のチャンスはあると思いますが、同様のピンチの場面で1軍レベルの打者を落ち着いて抑えられるかがポイントとなるでしょうか。

2番手の宮川哲投手は2安打を浴びて1失点でした。
ファームでも失点する割合が多いように思えますので、1軍復帰の時期は意識せずに1度調整をし直しても良いかもしれません。

3番手の小川龍也投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
結果を残しても1軍復帰が遠いため現状のチーム内での立ち位置が気になるところです。


愛斗選手ホームラン

​打線は初回にブランドン選手、高木渉選手のタイムリーで3点を先制しました
両選手共にまずはファームで3割を大きく超えるくらいの結果を残して欲しいところです。

5回には1軍から参加した愛斗選手がソロホームランを放ちました。
1軍ではスタメン落ちが増えていますが守備力は高いだけに打撃面で復調して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。