2008年ポスティング:2度のポスティング申請も移籍成立せず

IMG_1399

ポスティングの歴史


1998年にポスティング制度が導入されました。
選手の権利ではなく球団主導の制度ではありますが、他球団と比べてライオンズからは多くの選手がポスティングを利用してのMLB挑戦を目指しています。

三井浩二投手


2008年オフに三井浩二投手がポスティング申請を行いました。

三井投手は2000年ライオンズを逆指名しドラフト2位で入団しました。
2002年と2003年は先発にリリーフにとフル稼働して二桁勝利を挙げると、2006年と2007年にはリリーフとして40試合以上に登板し20H以上を挙げるなどの活躍を見せています。
しかし2008年は不振に落ち入り防御率7点台に終わっていました。

それでも2006年に出場した日米野球で好投を見せたことからメジャー挑戦への想いに火がつきポスティングでの移籍志願に繋がったようです。
しかし期限までに入札を行う球団は現れず、年が明けた2009年1月に再度ポスティング申請を行いましたがやはり入札球団は現れずライオンズと再契約を結びました。
結果として史上初の同一年度に2度ポスティング申請を行った選手、更に2回続けて入札の無かった選手となってしまいました。

残留した2009年も状態は上向かず防御率6点台に終わるとオフに自由契約となり、他球団のテストを受けるも獲得には至らなかったためその年限りで引退しています。

総括


主にリリーフとして活躍した貴重なサウスポーではありましたが、ポスティング申請年に不振に陥った事に加え、何よりも35歳という年齢がネックとなりました。
球団としても高額の入札金は見込めなかったと思いますが、チームを支えた功労者に報いるために希望通りポスティングを認めた形だったと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


源田選手復帰も内容の悪い失点と拙攻で完敗(L-M 10回戦)

IMG_1398

敗戦


18日はマリーンズと対戦0-5で敗れました。

本日の公示


源田壮亮選手が登録され山野辺翔選手が抹消されました。
山野辺選手は実践復帰後の調整は十分ではない感がありましたし守備でのミスもありましたので、今度はしっかりと調整し直して後半戦はまた1軍で活躍を見せて欲しいです。

本日のスタメン


岸潤一郎選手が1番センターで起用され、復帰した源田壮亮選手は2番に入りました。
またメヒア選手が8番指名打者で起用されています。

小刻みな失点


​先発の高橋光成投手は6回2失点で敗戦投手になりました
2回までは危なげなく抑えましたが3回に先頭からの連続四球をきっかけに1点を先制されると、4回にも先頭打者への四球からの連打で1点を追加されます。
5回と6回はまた危なげなく抑えただけに失点した回の乱調が勿体なかったです。
ただし6回に150km/h台を記録するなど投げているボール自体は良くなってきていそうですので次回登板では久々の勝ち星を掴んで欲しいです。

7回は武隈祥太投手が登板し2死1、3塁としたところで森脇亮介投手が登板します。
しかし盗塁を刺そうとした森友哉選手の悪送球で1点を追加されてしまいました。
2死だっただけに無理はせずバッター勝負でも良かったかもしれません。

8回は宮川哲投手が先頭打者に四球を与えますが牽制でアウトを取ります。
これで落ち着くかと思いましたが次打者にソロホームランを打たれてしまいました。
更に続く打者への四球をきっかけに2死2塁となったところで佐野泰雄投手に交代しますが、タイムリーを打たれて更に1点を追加されました。
点の取られ方が悪すぎるため本格的にファーム再調整した方が良い気もします。

佐野泰雄投手は9回も続投し三者凡退に抑えました。
こちらは1軍復帰後の状態は良さそうに思えます。

完封負け


打線は1、2回にマリーンズ先発岩下投手の前に抑えられますが、ファール粘るなどしてある程度の球数を投げさせる事はできました。
しかし3回以降もチャンスを活かせず8残塁を記録し、三振も12個奪われるなど良いところなく完封負けを喫してしまいました。

その中で源田壮亮選手は第1打席でヒットを放つと盗塁も決めました。
好守備も見せるなど状態はそれほど悪くなさそうで安心しました。

一方で岸潤一郎選手の当たりが止まっているのが気がかりです。
打席数が少ないため一時期の若林楽人選手のようにスランプを脱してまた打ち始める可能性もありますが、状態が良ければ源田壮亮選手の1番起用やファームで結果を残している若手外野手の抜擢もあり得るかもしれません。

今日の栗メーター


栗山巧選手は無安打で2000本安打まで残り35本のままとなっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


6/18ファーム結果:ダーモディ投手が崩れて逆転負け


IMG_2569

敗戦


18日のイースタンリーグはイーグルスと対戦し3-5で敗れました

ダーモディ投手


先発の吉川光夫投手は7回1失点でした。
試合を作ってくれましたが7安打を浴びるなど安定していたとは言えず1軍登板となるとまだ不安が残りそうです。

2番手のダーモディ投手は1回を4失点と炎上し敗戦投手になりました。

3安打に加えて自身のエラーも絡むなどの乱調だったようです。
もともとリリーフが本職でしたが先発時よりも悪い内容となってしまいました。
セットアッパーとして起用できるとチームとしても助かるだけに状態を上げて欲しいところです。

3番手の伊藤翔投手はヒットを打たれたものの結果的に3人で終えました。
しかし抑えはしたものの球速が出ていなさそうだったのは気がかりです。


2HRによる3点のみ

打線は初回に木村文紀選手のホームランで先制すると、3回には高木渉選手のホームランで2点を追加しました。
高木選手はホームランをを量産できるようになってくると1軍も見えてきそうです。
また鈴木将平選手もマルチヒットを記録しており若手野手による更なる外野陣の底上げも期待できそうです。

ルーキーの山村崇嘉選手は猛打賞を記録しました。
なかなか2割前後から抜け出せない打率を固め打ちで上げていきたいところです。

打線全体では14安打を放ちながらも13残塁の拙攻でホームランによる3点のみに終わりました。
若手野手達はチャンスで打つ事でアピールして欲しいところです。
また齊藤誠人選手は1安打を放ち打撃は好調そうですが犠打を2度失敗してしまいました。
1軍を狙うためには小技もきっちりと決められるようになる必要があると思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。