記憶に残る名選手:豊田清投手

image

ドラフト3位入団


豊田清投手は同朋大学から1992年ドラフト3位でライオンズに入団しました。
1996年から1軍で先発起用されるようになると、球速はそれほど出ないものの抜群の制球力を武器にローテーションに定着し、1997年と1999年には2桁勝利を挙げています。

ストッパー転向


しかし2001年シーズン開幕後に森慎二投手が不振に陥ると、当時の東尾監督からの説得もありストッパーに転向しました。
当時その報道を目にした際には球威があるタイプではないため抑えは向かないのでは?と不安に思ったものでした。
しかしストッパー転向後は先発登板時とは打って変わって150km/hを超えるストレートとフォークを武器に投球回数を超える奪三振を奪うようになり、また気迫を前面に出すスタイルできっちりと試合を締めくくってくれました。
この時はさすが投手出身監督ならではの慧眼だなと感嘆した記憶があります。
ただこの年は8月だけで3本のサヨナラホームランを打たれチームメイトが心配するくらい落ち込んだ姿を見せたようです。

翌年からはさらに安定感抜群の内容で2年連続で最多セーブのタイトルを獲得しました。
特に2002年は57試合投げて防御率0.78と圧巻の内容でした。

その後は故障や不振などもありつつ2005年オフにFA宣言し巨人へ移籍、巨人を自由契約になった2010年オフに広島に移籍し、2011年限りで引退となりました。

全盛期の森–豊田リレーはライオンズ史上でも屈指の安定感だったと思います。
また先発でも抑えでも四球で大崩れという事がほとんどなく、豊田投手の現役時代を思い出す度に投手はやはり制球力次第だなとつくづく思ってしまいます。

引退後


引退後は巨人のコーチなどを経て今年からライオンズのコーチに就任しています。
今シーズンは課題だったリリーフ陣が整備され特に森脇投手覚醒の背景には豊田コーチの助言もあったとの事ですので、今後もライオンズが再び投手王国となれるようお願い致します。






ミスも絡んで敵地で大敗(対ホークス18回戦)

image

今日のスタメン


今日は栗山選手がお休みで山川選手が4番DHで出場しています。

今日も制球に苦しむ今井投手


先発の今井投手は今日も先頭の周東選手に挨拶代わりの四球を与えてしまいます。
しかし今日は比較的球威がある球を投げており初回を無失点で抑えると、5回まで何とか1失点で凌ぎます。

今井投手投手は6回もマウンドに上がりますが連打で無死1、3塁のピンチを招くと、甲斐選手のスクイズをメヒア選手がファンブルしてしまい勝ち越し点を献上してしまいます。
交代した宮川選手も連打を浴びこの回4失点で勝負を決められてしまいました。

今井投手は前回登板と同様にピンチは何とか凌ぐものの今日も6四球と制球に苦しみました。
その結果として回終了時点で99球を投げており、また初回から飛ばしていいたため、今日の試合を勝ちに行くのであれば5回でスッパリと交代でも良かったのではないでしょうか。

他の先発候補も不調なため来週のホークス戦でも先発起用されるとは思いますが、どのようなピッチングになるのか心配です。

ビッグチャンスも1点止まり


打線は序盤にランナーを出すものの今日も後1本が出ません。

1点ビハインドの6回には無死1、3塁のチャンスを作りますが、4番の山川選手が併殺に倒れ同点止まりとなってしまいました。
このチャンスで畳みかける攻撃ができていれば以降の継投策も含めて違った展開となっていたかもしれないだけに残念です。
山川選手は昨日の犠牲フライで少しは気が楽になったかなと思いましたが打撃不振はまだ深刻なようで、シーズン中に復調できるか心配です。

明日の先発


明日は十亀投手が先発します。
松田選手との相性が取り沙汰されますがホークスとの相性自体は悪くないため、何とか鬼門の地で勝利を掴み取って欲しいです。




残り試合のセカンドの選手起用は?

image

気になるGG賞の行方


マリーンズとの3連戦では山野辺選手が攻守共にラッキーボーイとなりました。
当面はスタメンで起用され続けると思いますがポジションがどうなるかが気になるところです。

今までは守備面でポカが目立った山野辺選手ですがこの3連戦では好プレーを見せてくれており、普通であればセカンドは山野辺選手で、外崎選手は外野起用になると思います。

ただしその場合に気になるのがゴールデングラブです。
今年の外崎選手はパリーグのセカンドの中でも優秀な守備指標となっており、ゴールデングラブ賞の筆頭候補だと思っています。
ただしこの賞は目に見える数値で決まるものではなく記者投票で決まるため、記者の印象重視で打撃成績まで加味されれしまう場合があります。
そのため外崎選手が残り試合を外野手として起用された場合、記者の印象が薄れて昨年のように他チームの選手に賞を奪われる可能性が高まってしまうのを危惧してしまいます。

現状の打線ではサードを固定できていないため、外崎選手がセカンド、山野辺選手がサードという案もあるのではないでしょうか。

とは言えまだ順位も確定していない状況で選手の賞を優先しての起用はないでしょうし、山野辺選手がサード起用でリズムが狂う可能性もあります。

という事で結局は山野辺選手セカンド外崎選手外野スパンジェンバーグ選手外野またはサードに落ち着くとは思いますが、その上で今年こそは外崎選手にGG賞を受賞して欲しいと強く願ってしまうのです。








スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。