IMG_1375

勝利


10日はベイスターズと対戦し5-3で勝利しました。

本日の公示


ダーモディ投手、綱島龍生選手が抹消され水上由伸投手、山野辺翔選手が登録されました。
ダーモディ投手は登板間隔が空く事による抹消か再調整かは不明ですがファームで状態を上げてきて欲しいところです。

水上投手は驚きでしたが前日に渡邉投手が3回投げた事によるスポット的な昇格でしょうか。
点差が開いた時などに登板機会を得たいところです。
また山野辺選手の昇格はまだ早いような気もしますが、まずは代走などで貢献して欲しいです。

本日のスタメン


金子侑司選手が2番センターで出場しました。
森友哉選手は休養で柘植世那選手が8番キャッチャーで出場しました。
また前日猛打賞の山田遥楓選手は胃腸炎で欠場し熊代聖人選手がショートで出場しています。

今シーズン初勝利


​先発の内海哲也投手は5回3失点で今シーズン初勝利を挙げました。
初回にいきなり1点を先制されると4回には2ランを打たれてしまいました。
それでも最低限試合は作れたためまずまずの結果と言えるでしょうか。
今後も状態を見ながら先発機会が与えられるのではと思います。

6回は宮川哲投手が三者凡退に抑えました。
登板毎のムラが激しいだけにこのピッチングを続けて欲しいです。

7回は十亀剣投手、武隈祥太投手のリレー、8回はギャレット投手がそれぞれピンチを招きながらも無失点に抑えました。
現状は他に適任の投手もいないだけに当面はドキドキする展開が続きそうですが。結果的に無失点に抑えて貰えればと思います。

9回は平良海馬投手が無失点に抑え開幕から31試合無失点のNPB記録に並びました。
新記録の達成に期待したいですが連投になったのと登板過多も気になるため、ドラゴンズ戦では楽な試合展開にしたいところです。

岸選手猛打賞


打線は1点を先制された初回に岸潤一郎選手の先頭打者ホームランですぐに追いつきました。
内海投手の立ち上がりが不安だっただけに非常に大きな一発でした。

更に2回は柘植世那選手、岸潤一郎選手のタイムリーで2点を勝ち越し、3回は柘植世那選手の押し出し、4回は栗山巧選手のタイムリーで1点ずつを追加し序盤で試合を有利に進めました。

岸潤一郎選手は猛打賞の活躍でした。
前日は無安打に終わっただけに不安でしたが結果を残してくれました。
今後対策されてくると思いますが当面は1番として活躍してくれると思います。

また柘植世那選手も2打点の活躍でした。
なかなか出場機会が得られませんでしたが内海投手先発時にはマスクを被る機会が増えるのではとないかと思います。

今日の栗メーター


栗山巧選手は1安打で2000本安打まで残り38本となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク