IMG_1377

ライオンズの各背番号を背負った選手のうちプレーしていた記憶のある黄金時代以降の選手について思い出などを書いてみようと思います。

変遷


背番号23を着けてプレーしているのを見た記憶のある最も古い選手は大塚光二選手です。
俊足巧打の外野手でしたが黄金期の厚い選手層に阻まれ定位置獲得はなりませんでした。
しかし日本シリーズでは無類の勝負強さを誇っており現時点で歴代1位の日本シリーズ通算打率を記録しています。

2002年には前年にトレード移籍してきていた平尾博嗣選手が23に変更になりました。
この年の後半にレギュラーを獲得するような活躍を見せると、翌年からは背番号8に変更になっています。

2004年には許銘傑(ミンチェ)投手が背番号23に変更になりました。
2001年には11勝を挙げる活躍を残していたものの成績が下降気味となり低迷する時期が続きましたが、2011年にはセットアッパーとして活躍を見せます。
しかしその年のオフにFA権を行使してバファローズに移籍しました。

2012年にはマイケル中村(MICHEAL)投手が着けました。
主にリリーフとして17試合に登板しますがこの年限りで引退しています。

2013年には平野将光投手が背番号23に変更になりました。
しかし以降は1軍で結果を残せず2015年限りで引退しています。

2016年からはドラフト3位入団の野田昇吾投手が着けました。
1年目から1軍で起用されリリーフ左腕としてチームを支えました。
しかし故障の影響による球速の低下などもあり2020年は3試合のみの登板に留まると、オフに戦力外となりこの年限りで引退しています。

現役選手


​2021年現在は背番号23を着けている選手はいません
投手と野手どちらも着けてきた番号のため今後どのような選手に与えられるかは分かりませんが、ライオンズの背番号23の代表格となるような選手にが現れて欲しいです。




スポンサードリンク