IMG_1702

引き分け


29日のイースタンリーグはベイスターズと対戦し5-5で引き分けました。

内海投手先発


先発の内海哲也投手は4回を投げて無失点でした。
しかし6安打を奪う一方で球数は83球を要しており評価は難しそうです。
実戦復帰後も長いイニングを投げていないため直近の1軍合流は無さそうでしょうか。

2番手の出井敏博投手は2安打1四球で1失点でした。
タイプ的にある程度ヒットを打たれるのは仕方ないですが無駄な四球は減らしたいところです。

3番手の赤上優人投手は2/3回を投げて3失点でした。
暴投で1点を失い更に満塁としたところで降板しましたが後を受けた佐野泰雄投手が2点タイムリーを浴びてしまいました。
球威を落とさず課題の制球面を破綻しない程度にまとめられるようになって欲しいです。

5番手の小川龍也投手は2安打を浴びながらも無失点に抑えました。
1軍復帰に向けてはやはり評価が難しそうです。

6番手の大曲錬投手は1失点で同点に追いつかれました。
連投になると内容が悪くなる傾向にあるように思えます。

7番手の井上広輝投手は1回を三者凡退に抑えました。
この内容を続けられる安定感を身につけて欲しいところです。


渡部選手19号

​打線は初回に渡部健人選手の19号ホームランで2点を先制しました。
イースタントップの清宮選手に追いつきましたがその後は2三振に倒れただけに打撃の確度を高めて打率を上げていきたいところです。

4回には2つの押し出しと犠牲フライで3点を追加しました。
相手の制球難に助けられ2安打で計5点を奪いましたが結果試合を通して5安打に終わりました。
打線の状態が下降気味ですが1軍の起爆剤となるような若手選手に出てきて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク