IMG_1922

途中帰国


スパンジェンバーグ選手は2020年からライオンズに加入しました。
主力野手の移籍が相次いだ中で内外野を守れるユーティリティさを買われての獲得でした。

昨シーズン序盤は弱点が露呈し三振の山を築いてしまいました。
しかし実戦の中で徐々に適応していくと二塁打や三塁打の多いアグレッシブなプレーや意外性のある打撃でチームの勝利に貢献しました。

更なる活躍を期待された今シーズンでしたが新型コロナの影響で出遅れました。
1軍合流後は選球眼は向上したもののなかなか成績が上向かない状態が続きました。
それでも徐々に打撃の状態を上げてきましたが、膝の故障が発覚してシーズン中に帰国となりそのまま退団となってしまいました。

退団の理由としては故障の状態が想像以上に良くないのだと思います。
また手薄な外野として期待されたものの守備面に不安があった影響もありそうです。

まだ若いためまたMLBの舞台で活躍してくれる事を期待しています。
そのためにもまずは故障をしっかりと治して欲しいところです。

2021年成績:61試合 181打数42安打7本塁打27打点 30四死球 3盗塁 打率.232
通算成績:172
試合 588打数151安打22本塁打84打点 66四死球 15盗塁 打率.257


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク