IMG_1928

将来の主力選手へ


前に書いたように高卒からチームの主力選手に定着した野手の多くは2年目のシーズンに大きな飛躍を遂げています。


1年目から圧倒的な成績を残していた森友哉選手は別格としても1年目は体力作り等で結果を残せなかった栗山巧選手中島裕之選手なども2年目は成績を向上させています。
同様に今シーズンの飛躍を期待された川野涼多選手ですが故障などもあり満足のいく結果は残せなかったため来シーズンの巻き返しに期待したいです。

そして今シーズンは3人の高卒野手が加入したため昨年の川野選手の成績と比較してみました。

選手名 試 合 打 率 安 打 本塁打 打 点 盗 塁 四 球 三 振 出塁率 OPS
川野涼多(2020) 58 .242 36 3 12 3 21 43 .333 .682
山村崇嘉 85 .217 96 6 33 1 10 81 .250 .592
仲三河優太 77 .210 42 1 22 2 17 73 .272 .587
長谷川信哉 72 .229 40 1 16 8 12 45 .284 .616

打率やOPSは川野選手の方が良い成績を残しています。
しかし今シーズンのルーキー達は積極的に試合で起用されており特に山村選手は開幕からほぼスタメンで起用され続け終盤には成績を良化させてきました。
仲三河選手も7位指名としてはまずまずの成績ですし、長谷川選手は数字以上の勝負強さに加えて盗塁を決めるなど走力でもアピールしました。

期待の選手揃いですので来シーズンはどの程度の成績を残してくれるのか楽しみですし、大きな飛躍を遂げるためにもキャンプ等でしっかりと課題克服に努めて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク