IMG_2555

交流戦初打席安打


​​24日の中日戦で滝澤夏央選手が交流戦初打席でヒットを放ちました。
これは球団高卒新人初の快挙のようです。

またこれでシーズン10本目のヒットとなりました。
そのうち9本が単打ですが自分の武器を活かそうという姿勢が見えています。
また1軍トップクラスの投手の変化球には苦労していそうですがストレートには対応できているのが素晴らしいと思います。

西武ライオンズになってからドラフト指名された高卒野手のルーキーイヤーのシーズン安打数は以下となっています。

清原和博選手:123安打
炭谷銀仁朗選手:25安打
森友哉選手:22安打
赤田将吾選手:14安打
佐伯秀喜選手:2安打
大久保博元選手:1安打
高山久選手:1安打
永江恭平選手:1安打

清原選手は別格ですがやはり高卒1年目は体力作りや課題克服に費やす事が多くヒットを放つ前に1軍での出場機会を得る事自体が難しいです。
チームの中軸となった中村剛也選手、栗山巧選手、松井稼頭央選手、中島裕之選手、浅村栄斗選手なども1年目は1軍での試合出場はありませんでした。

もちろん今後滝澤選手は疲労や相手チームからの対策で結果を残せなくなる可能性も十分にあると思っています。
それでも今シーズン1軍で何本のヒットを積み上げてくれるのか楽しみです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク