IMG_2813

流動的な起用


​​29日のソフトバンク戦では水上由伸投手がプロ初セーブを記録しました。
相手打線を三者凡退に抑える見事なピッチングでした。

しかし辻監督としては当面は抑えを固定せず打順などにより流動的に起用する方針との事です。

増田達至投手の代役として抑えを務めていた平良海馬投手はオールスター前に3試合連続で失点を喫してしまいました。
しかしオールスターで好投を見せると29日も三者凡退に抑えており状態は上向きでしょうか。

相手打者にも得意不得意がありますし球威でねじ伏せたいケースもあると思います。
日によって投手陣の好不調もあるため柔軟な器用というのは良い方針だと思います。

増田達至投手の復帰後もいきなり抑えを固定するかは状態次第になるのではと思います。
また水上投手、平良投手も9回を任せられるようになれば本田圭佑投手も含めて3連投を回避しながらの安定した勝ちパターン起用ができるというメリットもあります。

リリーフ頼みの状況が続き疲労も溜まっていると思いますが、残り試合も盤石のリリーフ陣で勝利を掴み取って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク