IMG_3362

契約更改


30日は育成再契約の選手を除くと13選手が契約更改を行いました。
※金額はメディアによる推測です。

宮川哲投手
:600万UP
昨年の不振から復調し1年を通してリリーフとして奮闘しました。
しかし宮川投手も反省を口にしていたように不安定な投球となる場合もありました。
来季は制球面を改善して勝ちパターン入りを目指して欲しいです。

浜屋将太投手:310万DOWN
ファームでも結果を残せず初めて一軍登板がありませんでした。
左腕のライバルも増えてきたため好不調の波を減らしたいところです。

公文克彦投手:450万DOWN
終盤はリリーフ左腕として活躍しましたが故障での出遅れが響きました。
来季はシーズンを通しての活躍を期待したいです。

平井克典投手
:1200万UP
リリーフだけでなくチーム事情による先発起用でもある程度の結果を残しました。
なお来季FA権取得予定のため複数年契約を提示したものの単年契約となりました。
ただしこれは移籍前提ではなく、昨年や今年の成績を踏まえた年俸での複数年契約を結ぶよりは来季更なる活躍を見せた上で更改した方が良いという判断ではと思っています。

佐々木健投手:650万UP
コロナでの離脱までは唯一のリリーフ左腕としてチームを支えるなど飛躍を遂げました。
ただし今年の成績は最低限とコメントしているように来季は更なる活躍を期待したいです。

田村伊知郎投手:250万DOWN
昨季後半は好投を見せたため飛躍を期待されましたが不本意な成績に終わりました。
1年を通して好調というシーズンが無いだけに安定感を高めて欲しいです。

與座海人投手:2200万UP
自身初の二桁勝利の活躍で大幅アップとなりました。
ただしシーズン終盤は崩れるケースも目立っただけに更なるレベルアップを図り来季は規定投球回に達して欲しいです。

柘植世那選手:500万UP
森友哉選手の離脱時の捕手陣を支えるなど第二捕手として定着しました。
来季は正捕手獲りの期待もかかるだけに打撃面を更に向上させたいところです。

齊藤誠人選手:50万UP
一軍帯同は増えたものの1試合の出場に終わりました。
打撃面の成長は見えただけに来季はまずは第三捕手として一軍定着を狙いたいところです。

呉念庭選手:300万UP
今季も一軍に定着したものの打撃の調子が上がりませんでした。
昨年前半の打撃を取り戻してレギュラー獲りを狙って欲しいです。

若林楽人選手:180万DOWN
大怪我からの復活を果たしたものの今年の一軍出場は予想外だったとの事で膝の状態はまだ万全ではなかったようです。
来季はフィジカル面の状態を上げてリードオフマン争いに加わって欲しいです。

愛斗選手:1300万UP
開幕後しばらくは不調が続きましたがバットを短くなってからは成績も上向きとなりキャリアハイの成績を残しました。
守備力は非常に高いだけに安定して率を残せるようになれば定位置獲得も近いと思います。

川越誠司選手:200万UP
一軍でも結果を残し始めた矢先にコロナと自打球の影響で後半は出場がありませんでした。
打席での粘りも出てきただけに来季は一軍に定着して欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク