2020年09月

9/30ファーム結果:サヨナラ負けも與座投手好投!

2B51A3FA-3627-49DF-A83F-A7391C471EE1

與座投手好投!


今日先発の與座投手ですが久々に好投を見せてくれました。
8回を投げて被安打3四球1で無失点、さらに三振を9個も奪う完璧な内容でした。
球数も111球と良いペースでしたし、1軍の先発投手の状況次第ですが近いうちに1軍での先発のチャンスが貰えるかもしれません。
そのためにも次回登板以降で今日のようなピッチングができれば良いですが、ピンチを作った際にも最小限で切り抜けられるような投球術を見せて欲しいです。

3点リードの9回からは野田投手が登板しましたが、満塁のピンチを招くとタイムリー内野安打を打たれ1点を失います。
代わった松岡投手もタイムリーと犠牲フライを打たれ、この回一挙4失点でサヨナラ負けを喫してしまいました。
貴重な左腕の野田投手ですが年々内容が悪くなっていますが、まだ若いためまずは課題の制球力を改善して欲しいところです…

打撃好調を維持する若獅子たち


今日は西川選手中熊選手がマルチヒットを記録し好調を維持しています。
西川選手は今日で打率.282と打率3割も視野に入ってきており、今となってはシーズン序盤の極度の不振が信じられない状態となっています。
また中熊選手も打率.313に上昇しており、このまま3割をキープして支配下登録を勝ち取って来シーズンの1軍戦力となって欲しいです。

川野選手は1安打ですが2点タイムリー2塁打を放っており、打率.250ペースを維持しています。
高卒ルーキーとしては十分合格点の成績ですので、本当に将来が楽しみです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



 

貰ったチャンスも活かせず2試合連続完封負け(対バファローズ20回戦)

C633CB0F-6114-4EAB-A35F-FC64404DEF83

本日の公示とスタメン


今日が補強の期限でしたがトレードや支配下登録等はありませんでした。
現有戦力で残りの試合を戦い抜いていく覚悟でしょう。
中熊選手にはシーズンオフでの支配下登録を期待します。

スタメンでは山川選手が外れ森選手が3番DHで出場しています。
またスパンジェンバーグ選手は機会の少ないライトでの出場です。 

今日も先制を許す


先発の浜屋投手は2回に死球と暴投で作ったピンチから2点を先制されます。
さらに3回はスパンジェンバーグ選手の落球をきっかけに1点を失うと、ジョーンズ選手にソロホームランを打たれこの回も2失点。
5回1/3を投げて敗戦投手となりましたが、被安打3四死球3と全体的には抑えており、失点を喫したイニングが本当に勿体なかったです。
また失点には結びつきませんでしたが5回にはメヒア選手もエラーを記録しており、ルーキーの登板なだけに守備面で盛り立てて欲しかったです。

2番手は1軍復帰後初登板の平井投手でしたが2人をきっちり抑えます。
また3番手のギャレット投手は今日も三者凡退に抑えました。
この2人が復調してくれるとリリーフ陣はさらに厚くなり、連投を避けた柔軟な起用法ができるのではないでしょうか。 

8回からは中塚投手が登板しましたが1点を失い勝負が決しました。
少しずつ結果を残しつつある中塚投手ですが、9回の攻撃に弾みをつけるためにはもう少し実績のある投手の起用も考えられたのではないでしょうか。

2安打に抑えられ完封負け


打線は増井投手の前に沈黙し、4年ぶりの先発勝利を献上しました。
2試合連続の完封負けは2018年以来との事です。

しかし全くチャンスが無かった訳ではなく、7回までに増井投手の吉田投手から計7四球でランナーは出しましたが、あと1本が出ずに得点を奪えませんでした。
2安打はいずれも栗山選手が放ったもので、ランナーを出した状態で栗山選手に打席を回せなかったのも痛かったです。
なお栗山選手はこれで2000本安打まで後99本とついに2桁台に突入しました!

明日の先発


明日は今井投手が久々に先発します。
前回のファーム登板は7回11奪三振2失点ながら7四死球を与えるなど課題はまだ改善しておらず、明日はどのようなピッチングを見せてくれるか期待と不安が半々といったところです。
相手は好調田嶋投手ですがなんとか投げ勝って欲しいものです。

※9/30時点の成績:40勝44敗2分(4位)


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



 

9/29ファーム結果:17安打の猛攻で快勝!

0640B146-48CA-416E-897B-BA01EA1E53F9

打線爆発!


今日のファームは17安打11得点の猛攻で大勝しました。
特に4回には高木選手、愛斗選手、駒月選手にホームランが飛び出すなど一挙7得点を奪いました。

また今日は水口選手、山田選手、高木選手、中熊選手、戸川選手、西川選手、駒月選手の7人もの選手がマルチヒットを記録しました。
特に高木選手は6打数4安打6打点の大暴れで、安打の内訳もホームラン、安打、2塁打、2塁打と長打力を発揮しました。
1軍で壁にぶつかり2軍で再調整中ですが、イースタンリーグでは敵なしの成績を残せるように鍛え直した上で、1軍レギュラー獲りに再チャレンジしてほしいです。

今日は1軍の打線が沈黙しただけにスカッとする勝利でした。

榎田投手が先発


先発の榎田投手は6回4失点で勝利投手となりました。
被安打7四球3とランナーは出す一方で7奪三振を奪っています。
評価に悩む結果ですがもともと被安打数は多いタイプのため、1軍先発のやりくりが厳しくなってきた今の状況では先発のチャンスが回ってくるかもしれません。

3番手には松岡投手が登板しました。
最近での登板では失点やランナーを出す事が多かったですが、今日は四球は1つ出したままの2奪三振を奪い無失点で抑えました。
まだ20歳と若いためまずはしっかり抑える試合の割合を少しずつでも増やしていって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

 

山本投手に手も足も出ず完敗(対バファローズ19回戦)

4DF212BD-DAE3-4710-94F0-0D5281C05AEC

本日の公示とスタメン


今日は平井投手が登録されました。
2軍でも圧倒的という内容では無かったですが終盤戦のブルペンを支えて欲しいです。

そして今日はメヒア選手がお休みで中村選手が4番で出場しています!

高橋光成投手粘投も…


先発の高橋光成投手は初回に吉田選手のタイムリー内野安打で1点を先制されます。
2回には伏見選手にソロホームラン、5回には吉田選手に今日2本目のタイムリーを打たれるなど6回3失点で降板し、敗戦投手となりました。
ランナーを出しつつ粘りのピッチングを見せて結果的にはQSを達成しましたが、オリックス先発が山本投手という事もあり序盤での失点は命取りでした。
大量失点を防いだのは成長点ですが、もう1段回上の絶対に先制点を許さないくらいのエース級のピッチングを身につけて欲しいです。

収穫は2番手のギャレット投手でしょうか。
三者連続三振という素晴らしいピッチングで、前回登板もきっちり抑えていたためようやく復調傾向かもしれません。

三振の山を築く


打線は初回の三者連続三振に始まり、最終的に山本投手に8回で14三振を喫してしまいました。
しかし序盤は全くチャンスが無かった訳ではなく、特に3回は1死1、3塁、さらに2死満塁のビッグチャンスを作りましたが後1本が出ませんでした。
ここで1点でも奪えていればまだ流れを変えられたかもしれませんが、逆にこのピンチをしっかり抑えるあたりが山本投手のエースの風格でしょうか。 

楽天も敗れたため3位とのゲーム差は広がりませんでしたが、上位2チームとの差は広がってしまいました。

明日の先発


明日はルーキーの浜屋投手が先発です。
オリックスの監督が交代してから相性が良くなく対戦成績が負け越していますので、浜屋投手には流れを変えるピッチングを見せて初先発からの3連勝を飾って欲しいです。

※9/28時点の成績:40勝43敗2分(4位)


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

 

期待の若手選手③:西川愛也選手

48FD8D2E-1BB7-4CD3-AE86-57505DC4BFDC

経歴


西川愛也選手は右投左打の外野手で2017年ドラフト2位で入団しました。
花咲徳栄高校の3年時には埼玉県勢初の夏の甲子園優勝を果たしています。

入団当初は内野手登録でしたが今年から外野手登録に変更になっています。
1年目からファームで多くの実戦経験を積み、3年目の今年は初の1軍昇格を果たし初安打となる2塁打を放つなど順調に成長しています。
ちなみに初安打記録時には3塁を狙うもタッチアウト、その後サードを守っていた楽天鈴木選手から初安打の記念ボールを直接受け取るという珍しいシーンもありました。

広角に打ち分けるバッティング


西川選手の魅力は何と言っても天才的なバッティングセンスです。
9/28現在で109打数29安打の打率.266と一見物足りない数字に見えますが、開幕当初は1割どころか5分にも満たな低打率に喘ぐなど極度の不振に陥ったものの、そこから復調し成績を急上昇させています。
広角に打ち分ける打撃で2塁打7本、3塁打3本を記録する中距離打者で、昨年まではパワー不足の感がありましたがホームランも出るようになってきているため、将来的には中軸を任せられるバッターに成長して欲しいです。

走塁面も盗塁を5個決めているなどまずまずの走力がありそうです。

守備面ではシーズン当初はレフト専任状態でしたが1軍を見据えてセンターやライトでも起用されるようになっています。 
ただし高校時代に大胸筋断裂の怪我を負いほぼスローイングできない状態で入団しており、送球面が課題です。
肩がどの状態まで戻るのかが今後のポジションや起用法に影響しそうです。

花咲徳栄コンビに期待


西川選手は非常に小顔でスタイルが良く、そういった面でも人気が出そうです。
1軍再昇格を果たすも本日9/28に抹消となってしまいましたが、同じ花咲徳栄の2年先輩の愛斗選手との愛愛コンビ(良いネーミングが思い浮かばなかった…)で早く1軍で活躍する姿を見たいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。