2020年10月

2020年育成ドラフト指名選手

IMG_0709


育成1位:赤上優人投手


東北公益文化大学から初の指名選手となりました。
大学1年から投手転向したため経験は浅いもののMAX153km/hで大学通算162イニングで210奪三振という非常に高い奪三振率を誇っており、秋のリーグ戦では最多勝も獲得するなど実績を残しています。

ただし制球難という明確な課題があり101四死球も記録しています。
逆に言えば多少アバウトでもゾーンに投げられるくらいになれば球威で勝負できると思いますので、三軍育成に期待したいところです。

育成2位:長谷川信哉選手


名門敦賀気比高校で2年時に投手から野手に転向し4番を打った主砲です。
三拍子揃った右打ちの外野手との事ですがサードを守った経験もあるとの事で、ポジションは適性を見ながらの育成になるでしょうか。
若手野手育成に定評のある田辺三軍コーチの下でどのように成長するのか楽しみです。

育成3位:宮本ジョセフ拳選手


ハーフならではの高い身体能力を持つ右打の外野手です。
50mを5.9で走る俊足に加え大学通算20本塁打を放つパワーもあるようです。
また非常に明るい性格との事ですのでチームにもすぐ溶け込んでくれそうです。

大学では4年間2部リーグだったためまずはプロのスピードに慣れるところからだとは思いますが、ホームランの半数以上は先頭打者ホームランという1番打者向きの選手ですので、支配下ドラフト4位の若林選手と高いレベルで将来のリードオフマン争いをして欲しいです。

育成4位:豆田泰志投手


地元浦和実業のエース右腕です。
MAX147km/hのストレートは威力十分で甲子園での合同練習会では打者7人から5奪三振を奪っており、新型コロナの影響で各大会が行われなかった中でも順調に成長していそうです。
素材型で課題も多いですが地元出身として期待しているファンも多いと思いますので、将来のライオンズ投手陣を支えるような選手に育って欲しいです。

育成5位:水上由伸投手


四国学院大時代には2年春に外野手として首位打者を獲得した後に投手に転向し、3年秋にはいきなり最多勝を獲得した異色の選手です。
投手経験は浅いため150km/hを記録する反面、変化球の精度などに課題があるようです。
状況によっては野手転向みあるかもしれませんがまずは投手として育成されると思いますが、投手歴が浅いだけに逆にどれだけスケールの大きい投手に成長してくれるのか楽しみです。

感想


支配下ドラフトに続いて個性派揃いの非常に面白い指名だったと思います。
明確な課題はあるものの身体能力が高い選手が多く、集中的に課題克服に取り組む事で大化けする可能性を秘めていると思います。
それだけに更に本格化する三軍制がどれだけ機能するのかが重要になりそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村





序盤の失点の大量失点で同一カード3連勝逃す(対イーグルス22回戦)


IMG_0708


ニール投手炎上


先発のニール投手は初回から炎上し2回5失点でKOとなってしまいました。
シーズンを通して不安定な内容が多く、開幕がずれ込んだ事による調整への影響か他チームに研究されてしまったのかは分かりませんが、2年契約のため被安打数は増えてもゴロを打たせて打ち取るピッチングを取り戻して欲しいものです。

2番手の田村投手はエラー絡みで1点を失うも3回1失点と試合を落ち着かせました。
今年はビハインドの場面での登板が多いですが地味ながらもチームとして欠かせない存在になっています。
3番手のギャレット投手も1イニングを無失点に抑えました。

しかし7回から登板した國場投手は2ランを打たれ試合を決定づけられると、3イニングで大量7失点を喫してしまいました。
打線がじわじわと追い上げてきていただけに、味方のエラーがあったとはいえ7回の2失点は防いで欲しいところでした。
しかし最後まで投げ切ってくれたため同点〜リード時の救援陣は温存する事ができ、明日はブルペンデーになりそうですのでその点は良かったのではないでしょうか。

あともう一本出ていれば…


打線はチャンスにタイムリーは出るようになってきましたが、得点を奪った後の畳み掛ける攻撃というのがなかなか出来ません。
特に今日は4回2死満塁、6回1死1、2塁の場面で源田選手にもう一本出ていればもう少し違った展開になったかもしれません。
今日は金子選手が全5打席出塁でチャンスを作っていただけに噛み合わない結果となってしまいました。

明日の先発


今日はロッテもサヨナラ負けしたためゲーム差は変わりませんでした。
明日からはソフトバンク戦ですが今年はメットライフドームでの相性は悪くないため、最低限勝ち越して2位に食らいついていって欲しいです。
そのような状況ですが今井投手は体の張りが取れないとの事で、初戦の明日は平井投手が先発と発表されました。
長いイニングというのはあまり意識せず目の前の打者を1人ずつ打ち取り、継投策で勝利を掴み取りたいところです。




にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



10/29ファーム結果:上間投手粘投も延長で逆転サヨナラ負け

 IMG_0707



上間投手制球に苦しむも粘投


先発の上間投手は制球に苦しみ5四球を与えますが要所を締めて6回1/3を投げて1失点で降板しました。
今日は球数も106球を投げておりイースタンリーグ後半からはローテーションを守って投げられているため19歳のドラフト7位ルーキーとしては十分ではないでしょうか。

2番手以降のリリーフ陣は今日もイマイチな内容でした。
野田投手は2/3回を投げて1失点でなかなか球速が戻ってきません。

中塚投手は1回を無失点でしたが2死から2四球を与えています。
ランナーを出した後投げにくそうにマウンドを外したり1塁に偽投するシーンが見られたため、自分のボールに自信を持って投げ込んで欲しいところです。

1点リードの9回には武隈投手が同点に追いつかれます。
さらに2点を勝ち越した10回には松岡投手が3点を失いサヨナラ負けを喫しました。
松岡投手は制球が安定せず四球を出しストライクを取りに行くと痛打される場面が目立つため、三軍でもう一度じっくり修正しても良い気がしますが今のチーム状況ではなかなか難しいでしょうか。

鈴木選手と愛斗選手猛打賞


打線では鈴木選手が10回の勝ち越し2点2塁打を含む猛打賞を記録しました。
怪我からの復帰後少しずつ調子は上がってきていると思いますが、1軍再昇格にはまだもう少しでしょうか。

また愛斗選手も先制タイムリーを含む猛打賞の活躍でした。
軽く当たったように見えた打球がフェンス際まで飛んで行ったのには成長を感じましたが、それを更にスタンドまで運べるようになると1軍レベルと言えるのかもしれません。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村







逃げ切り勝ちで2位と1ゲーム差(対イーグルス21回戦)

IMG_0706

浜屋投手1ヶ月振りの勝利


先発の浜屋投手はピンチを招きながらも5回を無失点に抑えます。
6回に1死満塁から1点を失ったところで宮川投手となりましたが見事1ヶ月振りの3勝目を挙げました。
リーグ最多勝利を挙げている涌井投手相手に勝てたのは自信になるのではないでしょうか。
これで2試合連続の好投となり岡田選手との相性が良いのかもしれません。
6回に制球を乱したためスタミナ面が課題かもしれませんが、その点はオフの自主トレやキャンプを通してプロとしての体力をつけていければと思います。

7回は森脇投手が無失点に抑えますが、8回に平良投手が浅村選手にソロホームランを打たれます。
久々の失点となりましたが新人王争いも白熱していますので、次回登板以降はまた無失点ピッチングを続けて欲しいです。

最終回も増田投手がソロホームランを打たれ更にランナーを出しますが、最後のバッター浅村選手を打ち取り31セーブ目を挙げました。
昨日からの連投となりましたので明日は登板機会のないよう大量リードを奪う展開になる事を期待したいところです。

効果的な得点


打線は2回2死3塁から木村選手の2ランで先制します。
今日もチャンスを逃す展開か…と思ったところでの1発で持ち前の意外性を発揮しました。

さらに1点差に迫られた6回には栗山選手のタイムリー2塁打で2点を追加します。
終盤に追い上げられたため結果的に本当に大きなベテランの一振りとなりました。
理想を言えば続くチャンスで最低でも1点を奪って一気に突き放したいところでした。

2位と1ゲーム差

今日もロッテが敗れたため2位と1ゲーム差に迫りました。
今後も連戦が続きますが目の前の1戦1戦に集中して勝ち星積み重ねていって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村





10/28ファーム結果:多和田投手今シーズン初勝利

image

多和田投手勝利!


先発の多和田投手は自身のエラーも絡んで2点を失いますが(自責点0)、見事に今シーズン初勝利を挙げました!
6回2/3を投げて被安打7与四死球2という粘りのピッチングだったようですが、94球を投げておりスタミナ面も心配無さそうです。
来シーズンに向けて先発としての試合感を取り戻してくれればと思います。
以降は野田投手、中塚投手、武隈投手、齊藤投手のリレーで無失点で抑えました。
1軍で投げて欲しいメンバーですが今シーズンはもう2軍調整で終わりそうでしょうか。

高木渉選手4四球


打線はベイスターズ投手陣の制球難もあり11四球を選びました。
特に高木渉選手が4四球を選んでおり、今日のように難しい球に手を出さずに見極められるようになってくれば1軍でも結果を残せるようになるのではないでしょうか。

ただし打線は5点を奪うも13残塁を記録しました。
あと1本が出ないというのは今の1軍に近い状況ですが、1軍昇格のチャンスを掴むためにも相手の隙は見逃さず畳み込むような攻撃を見せて欲しいものです。





スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。