2021年04月

エースの好投と効果的な得点で快勝!(F-L 5回戦)

IMG_1241

勝利


30日はファイターズと対戦し5-1で勝利しました。

本日の公示


川越誠司投手が登録された西川愛也選手が抹消されました。
川越選手は調子を上げてきているだけに1軍でも結果を残して欲しいです。
西川選手はいい当たりはあったものの無安打に終わったためファームでまた鍛え直してきて欲しいところです。

本日のスタメン


若林楽人選手が1番レフトで起用されました
また前日休養した栗山巧選手が5番指名打者で復帰しています。

高橋光成投手4勝目


先発の高橋光成投手は6回1失点でハーラートップタイの4勝目を挙げました。
3回にバッテリーミスで1点を先制されながらもそれ以外はランナーを出しつつも粘りの投球を見せており、今年は大崩れする事なく安定感が増しています。
理想を言えば7回くらいまでは投げ切って欲しいところです。

7回はギャレット投手、8回は平良海馬投手が無失点に抑えました。
四球でランナーは出したものの安定して抑えてくれています。

9回は4点差になったため宮川哲投手が登板し死球を与えたものの無失点に抑えました。
僅差の場面でも制球を乱さず抑えて欲しいです。

若林選手新記録樹立


​打線は1点を先制された4回に中村剛也選手愛斗選手のタイムリーで逆転に成功しました。
中村選手は4試合連続タイムリーと好調を維持しており、成績が下降気味だった愛斗選手にも当たりが戻ってきているようです。

更に6回には栗山巧選手の犠牲フライで1点を追加し、9回には源田選手の2点タイムリーでダメ押しと今日は効果的に得点を奪いました。
やはり投手陣が乱れずに粘る事ができていれば打線も応えてくれると思います。

そして若林楽人選手は2盗塁を決め球団の月間新人盗塁記録を更新しました。
更に4月に新人が10盗塁を決めたのはマリーンズの荻野選手以来2人目のようです。
打撃面でも25打席振りのヒットを含む2安打を放ち少し気が楽になったのではと思いますので、またリードオフマンとして塁に出て脚でかき回してくれる事を期待しています。

今日の栗メーター


栗山巧選手は1安打を放ち2000本安打まで残り67本となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


思い出の試合:1986年10月27日 広島東洋カープ戦

IMG_1237

日本シリーズ第8戦


この年はカープとの日本シリーズを戦いました。

初戦は引き分けた後にカープが3連勝で一気に王手をかけますが、第5戦からライオンズが3連勝で逆王手をかけ、史上初のシリーズ第8戦となったのがこの試合です。

試合は3回にカープが2点を先制します。
しかし6回の1死1塁から秋山幸二選手が2ランホームランを放ち同点に追いつきます。
そしてこの時ダイヤモンドを1周して戻ってきた秋山選手は、なんとバック宙でホームインしたのでした。
当時はアスリートタイプの野球選手は少なかっただけにライオンズファンだけではなくプロ野球ファンを大いに驚かせたホームインとなりました。

実は中川充四郎氏とサヨナラホームランを打った際のパフォーマンスとして考えていたものだったようですが、日本シリーズでの値千金のホームランという事で披露する事にしたようです。

試合はライオンズが1点を勝ち越すとそのまま逃げ切り3年ぶりの日本一となりました。
この年は名将森監督就任1年目でしたがいきなりの日本一となり、この年から日本シリーズ3連覇を成し遂げる事になります。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


ダーモディ投手が5/3に来日初先発予定


IMG_1240

初登板初先発


ダーモディ投手が5/3のバファローズ戦で先発予定のようです。

これまでにファームで2試合に登板しまずまずのピッチングを見せています。
球速は140キロ中盤から150キロ程度出ていますし、前回登板では先頭打者にいきなり四球は与えたものの全体的には制球も安定しており四球から崩れる事は無さそうです。
ただし元々はリリーフだったため9連戦中ではありますが長いイニングを投げるというよりは5〜6回をしっかり抑えて貰えればと思います。

不安要素としては来日してまだ日が浅くキャンプも参加していないため、日本のマウンドやストライクゾーン、クイックモーションなどにどれだけ適応できているかでしょうか。
そのため本来はファームでもう少し調整した方が良いと思っています。
おそらく21日のイースタン戦でニール投手が大炎上し状態を上げるのにまだ時間がかかると判断されたため今回はダーモディ投手の起用となったのではと推測しています。

9連戦の後は5連戦となりまた調整の時間はできると思いますので、まずは3日の試合ではチームを勝利に導く快投に期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


若林選手が両リーグ最速となる10盗塁を記録


IMG_1239

シーズン10盗塁


29日のマリーンズ戦で若林楽人選手がシーズン10盗塁目を決めました。
今シーズン両リーグ最速での10盗塁到達となっています。

これで4月の盗塁数は8個となり石毛宏典選手、源田壮亮選手の持つ球団の月間新人最多盗塁記録に並びました。
30日にも試合があるため一気に新記録達成となるでしょうか。

また源田選手は球団の新人シーズン最多盗塁記録の37個を決めています。
若林選手はどれだけこの記録に迫れるか、そして更新できるかも注目したいです。
守備走塁の評価が高いためサブ要員としてでも1軍に残ると思いますので代走から記録を伸ばす事もできますが、盗塁機会を減らすためにはやはりスタメンに定着する必要があります。
そのために現在壁にぶつかっている打撃面を改善していきたいところです。

そして2リーグ化以降は現れていないパリーグの新人盗塁王にも期待がかかります。
源田選手はファイターズの西川選手に2個及ばずにリーグ2位でした。
更に1997年にはマリーンズの小坂選手が歴代新人選手最多盗塁なる56盗塁を決めましたがライオンズの松井稼頭央選手が62盗塁を決めており盗塁王獲得はなりませんでした。

そのため若林選手には史上初の偉業達成となるよう今後の活躍にも期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


初回の失点が響き同一カード3連勝ならず(L-M 6回戦)

IMG_1236

敗戦


29日はマリーンズと対戦し2-5で敗れました。

本日のスタメン


栗山巧選手がおそらく休養でスタメンから外れ愛斗選手が5番に入りました。
またブランドン選手が7番サード、若林楽人選手が9番センターで起用されています。

伊藤投手自滅


先発の伊藤翔投手は1死しか奪えず4失点で敗戦投手となりました
先頭打者に四球を打たれると続く打者に2ランを打たれ、次の打者にも四球を与えるという完全な独り相撲となってしまいました。
先発登板時は制球が悪くなる傾向にあるように思えます。
おそらく次回の先発機会は与えられずリリーフに回るのではと思いますので、またチームの勝利に繋がるピッチングを期待したいです。

緊急登板となった松本航投手はタイムリーを打たれ伊藤投手の残したランナーを返してしまったものの5回1/3を1失点というナイスピッチングでした。
5回に1点を追加されてしまったのは試合の流れ的には痛かったですが、緊急登板からのロングリリーフという事もあり松本投手を責める事はできないと思います。
先発時は不安定でしたがリリーフ起用になってから少しずつ調子を上げてきています。
今日のようなピッチングができれば勝ち星も伸びてくるとは思いますが、先発した際に同じような投球ができるかはまた別と思いますので、来週から先発に戻るのかしばらくはリリーフ登板が続くのか起用法に注目したいところです。

3番手の宮川哲投手は2三振を奪っての三者凡退に抑えました。
プレッシャーのかかる場面でも同じような投球を期待したいです。

8回からは十亀剣投手が2回を無失点に抑えました。
地味ながらも好投を続けており起用法も変わってくるかもしれません。

初回の2点のみ


​打線は4点を先制された初回に中村剛也選手のタイムリーと呉念庭選手の内野ゴロの間に2点を返しまだまだ試合は分からなくなりました。
しかし相手の好守はあったもののもう少し畳みかけて得点を奪いたいところでした。

結局3回以降はノーヒットに抑え込まれてしまいました。
若手が多いためか点差が開くと一気に打線が淡白になる印象がありますので、出塁するための工夫や粘りを見せて欲しいところです。

なお若林楽人選手は無安打だったものの四球で出塁して盗塁を決めました。
ノーヒットが続いていますがしっかりと四球を選べたのは良かったと思います。
走守は安定しているだけに出場機会は得られると思いますので苦戦している打撃面でもまたコンスタントに打てるようになるよう課題克服に努めて欲しいです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は欠場したため2000本安打まで残り68本のままとなっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。