2021年04月

またも松本投手が四球で自滅して敗戦(L-F 3回戦)

IMG_1181

敗戦


13日はファイターズと対戦し2-3で敗れました。

本日の公示


木村文紀選手が腰痛で抹消され熊代聖人選手が登録されました。
重症ではないと思いますが選手のやり繰りもますます厳しくなりそうです。

本日のスタメン


若林楽人選手が1番レフトで復帰しました。
また西川愛也選手が7番指名打者で出場しています。

松本投手自滅


先発の松本航投手は先頭打者にいきなり四球を与えますが後続を抑え、その後も四球を出しつつも5回までノーヒットに抑えます。
しかし6回にヒット、死球、四球で無死満塁としたところで降板しました。
結局この試合でも6四死球を与えており制球難で自滅する形となってしまいました。
試合毎にゾーンで勝負するという課題を掲げながらも改善できないだけに、根本的な何かを変える必要があるかもしれません。

満塁のピンチで登板した佐野泰雄投手がタイムリーを打たれると、宮川哲投手が押し出し四球と犠牲フライで一気に勝ち越しを許しました。
宮川投手は制球が乱れる悪い状態の日で、今シーズンはなかなか安定していません。
最終回に追い上げただけに最小失点で防ぎたいところでした。

7回から登板した伊藤翔選手が3回を無失点に抑えたのは収穫でしょうか。
伊藤投手も制球が安定している訳ではありませんが、チームの状況によっては先発のチャンスも与えられるかもしれません。

淡白な攻撃


​打線は2回に呉念庭選手、愛斗選手の連打の後、西川愛也選手の犠牲フライで先制しました。
西川選手は無安打に終わったもののあわやホームランというファールを放っており、ヒットが1本出ると調子が上向いてくるかもしれません。

しかし3回以降はチャンスも作れず、9回に愛斗選手のタイムリーで1点を返したものの、代打の鈴木将平選手が倒れてゲームセットとなりました。

故障者が離脱して苦しい状況ですが若手野手は頑張りを見せています。
しかし2点を追う8回にはわずか4球で攻撃を終えるなど、リードされると淡白さが目立つように思えますので、打線全体で粘りを見せて欲しいところです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は登録抹消中となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


1994年ドラフト:主力として活躍し引退後もチームに貢献している選手達

IMG_1179

過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は1994年のドラフトです。

1位:富岡久貴投手(背番号33)


逆指名で入団し即戦力左腕として期待されたものの制球難から結果を残せず、1998年には金銭トレードでカープに移籍しました。
その後は1999年に金銭トレードでライオンズに復帰、2003年に交換トレードでベイスターズに移籍して2004年にプロ初勝利、2005年はトライアウトでライオンズに復帰、2006年に金銭トレードでイーグルスに移籍と複数球団を渡り歩きました。
2007年オフに戦力外になるとBCリーグに移籍し2009年限りで引退しています。
プロでは結果を残せなかったもののライオンズに3度も在籍した珍しい経歴の選手でした。

通算1軍成績:76試合1勝4敗-H0S 防御率4.20

2位:小関竜也選手(背番号51)


高校時代はエース投手でしたがプロ入り後は外野手に転向しました。
なお高校時代の控え投手がマリーンズに在籍したアンダースローの渡辺俊介投手でした。

入団4年目にレギュラーを獲得し新人王を獲得するとベストナインゴールデングラブ賞を1回ずつ獲得しています。
派手さはないもののいぶし銀の活躍で東尾監督の連覇などに貢献しました。
引退後は2020年からライオンズの外野守備走塁コーチを務めています。



通算1軍成績:982試合806安打18本塁打259打点83盗塁 打率.276

3位:西口文也投手(背番号13)


入団1年目はアメリカに野球留学すると2年目以降はエースとしての活躍を見せます。
沢村賞シーズンMVPをを1回ずつに加え、最多勝2回、最多奪三振2回、最高勝率1回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回と数々のタイトルを獲得しました。

東尾監督、伊原監督、伊東監督、渡辺監督時代のチームに貢献し日本シリーズに5回出場していますが、0勝5敗と未勝利に終わっています。
また2度のノーヒットノーラン未遂と1度の完全試合未遂もあるなど悲運のエースという印象が強く残っています。

2016年からはライオンズで投手コーチを務めています。
成長段階の先発投手陣の整備に手腕を発揮してくれる事を期待しています。

通算1軍成績:436試合182勝118敗3H6S 防御率3.73

4位:高木浩之選手(背番号40)


入団3年目頃から主力に定着し、おもに9番セカンドとして渋い働きながらもチームの勝利に大きく貢献しました。
ベストナインとゴールデングラブ賞を1回ずつ獲得しています。
ノーサインでセーフティスクイズを決めるなど野球偏差値の高い選手という印象でした。

引退後は2012年から2020年までライオンズでコーチを務めました。



通算1軍成績:1002試合643安打10本塁打186打点27盗塁 打率.256


5位:寺本比呂文投手(背番号47)


入団2年目に初セーブ、4年目に初勝利を挙げますが活躍はできず2001年限りで引退しました。
なお背番号47を与えられた事から工藤公康投手のイメージが残っており、入団後しばらくは左腕だと思い込んでしまっていた記憶があります。

通算1軍成績:16試合1勝1敗-H1S 防御率4.39

6位:山田和幸選手(背番号60)


準硬式から指名された初の野手となりました。
しかし学生時代からイップスになっていた事に加え、内臓疾患を発生した事から1996年限りで退団しています。
プロでどのようなプレーをするのか見てみたかった選手でした。

通算1軍成績:出場なし

総括


​富岡投手は期待通りの活躍はできなかったものの、小関選手、西口投手、高木選手という東尾監督以降の主力を獲得できたドラフトでした。
特にエースとなった西口投手を3位で指名できたのは大きかったと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

外崎選手と粟津投手の手術が終了


IMG_1178

外崎選手


外崎修汰選手が左腓骨骨折の固定手術を行いました。
今後は3ヶ月以内での実戦復帰が目標になるようです。

前半戦での復帰は絶望的となりチームとしては厳しい状況だと思います。
しかし焦って復帰を目指して状態を悪化させたり調子を崩したりしては元も子もないため、じっくりと万全な状態に戻した上で後半戦で暴れ回って欲しいです。
復帰までの期間は若手やスパンジェンバーグ選手が穴を埋めてくれる事を期待します。

粟津投手


粟津凱士投手は右肘のトミージョン手術を行いました。
当初は保存療法を選択していましたが最終的に手術に踏み切ったようです。

復帰まで1年以上を要するためオフには育成契約に切り替えられるのではと思います。
ライオンズでは與座海人投手もトミージョン手術を受け育成契約になった前例があります。
昨年は支配下登録に戻り1軍で先発勝利を挙げていますので、復帰までのノウハウもあるでしょうし與座投手からアドバイスも貰えるのではと思います。

粟津投手にとっては苦しく悔しい期間になるとは思いますが、まずは下半身強化など可能な範囲でのトレーニングに取り組み、実践復帰時にはレベルアップした姿を見せて欲しいです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



開幕後1巡目の対戦が終了


IMG_1176

8勝5敗1分


シーズンが開幕してから各チームとの対戦がひと通り終わりました。
楽天に3連敗を喫したのは痛かったですが、それでも貯金3で2位タイにつけており悪くはないスタートではないかと思います。

投手陣


4/12時点でチーム防御率は3.89で4位となっています。
ただし6日のイーグルス戦で13失点大敗があったため、その試合を除くとまずまずの数字ではないかと思います。
選手は先発は高橋光成投手が2勝、平井克典投手が3勝を挙げて先発の役目を果たしていますが、他の投手は制球に苦しむ場面が多い印象です。
松本航投手、浜屋将太投手は共に1勝を挙げているものの防御率5点台と苦戦しています。
敗戦投手になったものの上間永遠投手がまずまずのピッチングを見せただけに、今後の内容次第ではローテーションの入れ替えもあるかもしれません。
今井達也投手も相変わらずの制球難ではありますが三振も多く奪っており、現時点では大崩れはしていないため、1軍で投げさせて安定感を高めていくのを待つの待つ事になりそうでし。

リリーフ陣では平良海馬投手、増田達至投手の勝ちパターンに加えて、佐野泰雄投手が計算できるようになったのは非常に大きいのではと思います。
しかし宮川哲投手は登板毎の調子の差が激しくなかなか安定しませんし、ギャレット投手、田村伊知郎投手、伊藤翔投手もビシッとは抑えられない試合が続いています。

先発は外国人選手、リリーフは森脇亮介投手が復帰するまでは苦しいやり繰りが続くかもしれませんが、試合展開に応じた総力戦で凌いで欲しいところです。

野手陣


打率.229、56得点は共にリーグ4位となっており、主力打者に故障者が続出している影響が大きく出ていそうです。
しかし昨年のように打線全体で不振に陥っている状態にまでは至っていません。

昨年とは異なり若手が台頭しているのが大きいと思います。
6年目の呉念庭選手愛斗選手は昇格以降ラッキーボーイ的な活躍を見せています。
そしてルーキーの若林楽人選手に期待はしていましたが、この時期に1番で起用できる程の活躍を見せてくれるのは想像以上でした。

主力ではキャプテンの源田壮亮選手は2番として及第点の成績ですし、金子侑司選手は9番に打順変更してから調子を上げてきました。
一方で主軸の中村剛也選手は打率は低いものの打点は稼げていますが、森友哉選手はなかなかチャンスで1本が出ない状況です。
岡田雅利選手の打撃の調子も悪くなさそうなだけに、6連戦の週は森選手を休ませながらの起用になるでしょうか。

野手陣は投手以上に故障者が続出しているため当面は我慢が続きそうです。
複数ポジションを守れるスパンジェンバーグ選手が出場できるようになれば選手起用の幅も広がってくるのではと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



盗塁数の増加が目立つ今シーズンのライオンズ


IMG_1175

チーム20盗塁


昨シーズンは盗塁数が減ったライオンズですが今年はまた積極的に盗塁を仕掛けています。
14試合が終えた時点でチームとしてリーグトップの盗塁数20個に到達しました。
特にマリーンズ3連戦だけで10個の盗塁を決めています。
他チームの盗塁数は一桁なだけに圧倒的な数字となっています。

そして個人の盗塁数上位をライオンズの選手で占めています。
1位タイの6個を決めているのが若林楽人選手源田壮亮選手です。

若林選手はルーキーながら良いスタートを決められているのが素晴らしいと思います。
また1試合2盗塁を3回記録しているのも特徴的です。
自打球で途中交代したものの長期離脱とはならなさそうなのは安心ですが、今後マークが厳しくなり走れなくなる時期も出てくるかもしれません。
しかしその中でも結果を残してレギュラーに定着し、ルーキーで盗塁王を獲得できるような活躍を期待したいところです。

源田選手は入団以来3年連続で30盗塁以上を記録していましたが、昨年は打撃不振の時期も長かった事もあり18盗塁と数字を落としました。
今年は好調な出だしとなりましたのでキャリアハイの数字を残せるよう打撃面でも結果を残し続けたいところです。

3位タイの3盗塁を決めているのが金子侑司選手山野辺翔選手です。

金子選手は9番に打順変更してから打撃が上向いてきただけに更なる盗塁を期待したいです。
ただし盗塁死も5回あるなど昨年から成功率が大幅に落ちてきているのが気がかりです。
年齢的なものもあるかもしれませんし、タイミング等の問題かもしれません。
松井二軍監督が現役時代に「足にはスランプはある」という発言をしていたように記憶していますが、問題点を解決して成功率を上げて欲しいところです。

山野辺選手は外崎選手の離脱後にセカンドでスタメン出場するようになったため、俊足を発揮する機会が増えました。
しかし指の故障で登録抹消となりましたので、早く万全な状態に直した上でまたグラウンドを駆け回る姿を見せて欲しいです。

後は呉念庭選手山田遥楓選手が1盗塁ずつ決めています。
他にも足を使える選手も多いため足でパリーグを掻き回して欲しいです。

Hit!Foot!Get!


東尾監督時代にもHit!Foot!Get!のスローガンを掲げて足を使った野球を目指していました。
特に1997年にはチームとしてシーズン200盗塁を記録しています。
この時に200盗塁目を決めたのが決して俊足ではない捕手の今来留主成幸選手だったというのが強く印象に残っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。