2022年04月

スミス投手緊急降板もリリーフ陣が踏ん張り逃げ切り勝ち(H-L 6回戦)

IMG_2469

勝利


28日はソフトバンクと対戦し4-2で勝利しました。

スタメン

1番:源田壮亮選手 ショート
2番:オグレディ選手 センター
3番:外崎修汰選手 セカンド
4番:山川穂高選手 指名打者
5番:呉念庭選手 ファースト
6番:中村剛也選手 サード
7番:愛斗選手 ライト
8番:柘植世那選手 キャッチャー
9番:金子侑司選手 レフト

緊急降板


スミス投手1回1/3 被安打3 四死球2 奪三振2 失点1
2回に1点を失い更に1死満塁となったところで緊急降板となりました。
右脇上部に違和感があったようです。
投手事情は苦しいだけに軽傷であって欲しいところです。

與座海人投手3回2/3 被安打5 四死球0 奪三振2 失点1
ピンチの場面で登板しましたが無失点で切り抜けました。
次の回にソロ本塁打を浴びたものの以降は5回まで投げ抜きました。
チームのピンチを救うピッチングでしたしコロナの影響で昇格していた事が功を奏した結果となりました。

平井克典投手1回 被安打1 四死球0 奪三振0 失点0
ピンチを招いたものの無失点に抑えました。
前回登板で痛恨の被弾を浴びていただけにリベンジできたのは良かったです。

本田圭佑投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
7回を任されると三者凡退に抑えました。
與座投手と同様に緊急昇格ながらも大きな働きをしてくれています。

平良海馬投手1回 被安打1 四死球1 奪三振1 失点0
ピンチを招いたものの三振で切り抜けました。
昨年からピンチの場面でも落ち着いて抑えてくれています。

増田達至投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
全てショートゴロで試合を締め括りました。


2戦連発

打線は初回に山川穂高選手の2戦連続の3ランで先制しました。
ホームラン量産態勢に入っており今後も打線を牽引して欲しいです。

1点リードの5回にはオグレディ選手のタイムリーで突き放しました。
2戦連続のタイムリーは貴重な追加点となりました。

また1番に入った源田壮亮選手はマルチヒットを記録しました。
当面は1番として結果を残してくれればチームとしても助かると思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


高い盗塁阻止率を記録している柘植選手

IMG_8460

リーグトップ


スタメンマスクが続いている柘植世那選手が守備面でもアピールしています。
27日時点で盗塁阻止率はリーグトップの.545という素晴らしい数字を残しています。

昨年までは出場機会が限定されていた事もありそれほど盗塁を刺している印象はありませんでした。
そのためか相手チームも良く盗塁を仕掛けてきますが高い確率で刺すことができています。

これは2塁ベースカバーに入る源田壮亮選手、外崎修汰選手のタッチの技術が高いためという側面もあると思います。
ただしやはり柘植選手自身が良い送球を投げているためアウトにできているのだと思います。

このまま盗塁を刺し続ける事ができれば相手チームが盗塁企図自体を減らすような抑止力にもなります。
森友哉選手の負傷でチャンスを得ている間に更に攻守でアピールして正捕手獲りを狙って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


BCリーグとの交流戦が中止

IMG_2468

選手編成が困難


5/6の新潟、5/7の信濃とのBCリーグ交流戦が中止となりました。
新型コロナの影響でチーム編成が困難となったための措置です。

1軍の佐々木健投手、宮川哲投手、水上由伸投手がコロナ陽性となりました。
そのためもともと負担が大きかった投手運用が厳しくなったのだと思います。

練習試合ではまだイースタンでは出場機会の少ない育成段階の若手が起用される事も多いため残念に思います。
それでも中止は当然で仕方のない判断だと思います。

一方で28日のイースタン日本ハム戦は現時点ではまだ中止との発表はありません。
予定通り開催されるのであれば貴重な実戦の場を有意義に活用して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


頼れる主砲の2発で快勝を収める(H-L 5回戦)

IMG_2467

勝利


27日はソフトバンクと対戦し8-2で勝利しました。

スタメン

1番:源田壮亮選手 ショート
2番:オグレディ選手 センター
3番:外崎修汰選手 セカンド
4番:山川穂高選手 指名打者
5番:呉念庭選手 ファースト
6番:岸潤一郎選手 ライト
7番:中村剛也選手 サード
8番:柘植世那選手 キャッチャー
9番:金子侑司選手 レフト

好投


松本航投手7回 被安打8 四死球2 奪三振5 失点1
ランナーを出しながらも1失点に抑えて勝利投手となりました。
リリーフ陣が再編成された中で7回を投げ抜いた事はチームにとって大きかったと思います。
状態は上がってきていそうなため今後も先発の軸として活躍して欲しいです。

森脇亮介投手1回 被安打2 四死球0 奪三振1 失点1
ソロホームランを浴びて失点してしまいました。
大差の場面だったため問題はありませんでしたが僅差ではまだ不安が残るでしょうか。

本田圭佑投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
今季初登板は三者凡退に抑えました。
チームの緊急事態の中でしっかり抑えてくれたのは明るい材料だと思います。


2本塁打

打線は初回に山川穂高選手の3ランで先制に成功しました。
山川選手は7回にはソロホームランを放ち、9回にも内野ゴロの間に打点を挙げており計5打点の大活躍でした。
故障はあったものの今年こそ頼れる主砲の復活となりそうです。

2回にはオグレディ選手の犠牲フライで1点を追加します。
更にオグレディ選手は4回に2ランを放ちました。
序盤から相手を突き放す大きな得点でしたし、ここ数試合では結果が残せていなかっただけに復調のきっかけとなるでしょうか。

また金子侑司選手もマルチヒットの活躍でした。
金子選手が9番で結果を残し続けられれば打線に繋がりが出てくると思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


リリーフ陣の入れ替えに伴う当面の投手起用

IMG_2466

ロングリリーフ


​​新型コロナによりリリーフの佐々木健投手、宮川哲投手、水上由伸投手が抹消されました。
代わって23日に森脇亮介投手、26日に與座海人投手、本田圭佑投手が登録されました。

しかし森脇投手は元々リリーフ投手で與座投手もファームでリリーフ登板していたものの、本田投手は先発起用が続いていました。
そのため與座投手、本田投手はロングリリーフとしても期待されているのではと思います。

現在の1軍先発投手ではエンス投手、スミス投手はスタミナ面に不安があり中盤以降に打たれたり球威が落ちたりする傾向にあります。
またルーキーの隅田知一郎投手、佐藤隼輔投手にも無理はさせない方針だと思います。
そのため與座投手、本田投手は第2先発のような起用法もあり得るかもしれません。

リリーフ陣で重要な役割を果たしていた投手達が離脱したのは大きな痛手です。
しかし長いイニングを投げられる投手が後ろに控えている点は大きいと思いますので各先発投手はまず目先の1イニングずつをしっかりと押さえていきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村