IMG_4389

ハイレベルな投手の攻略


​​​​一軍打線の得点力向上のためには主力の復調に加えて二軍からの突き上げが必要です。

しかし二軍で打率3割以上を記録していた長谷川信哉選手は一軍でも結果を残しつつあるとは言えなかなか打率2割5分を超えられません。
また昇格直後は活躍を見せた川越誠司選手、岸潤一郎選手は打率1割台と低迷しています。

二軍打線は17日の試合でも15安打で17得点を奪うなど好調です。
しかし16回までは3安打に抑えられており7回以降に12安打を集中させていました。
この試合では一軍経験豊富な高梨投手が5回まで投げており、7回以降は二軍でも防御率6点台以上の投手が多いなど明らかに投げている投手のレベルの差があったように思えます。

やはり育成段階の投手を攻略しただけでは一軍ではなかなか通用しないのだと思います。
緊急昇格後は一軍である程度結果を残している渡部健人選手は今季二軍でDeNA今永投手から本塁打を放つなど成長の兆しを見せていました。

もちろん二軍ではなかなかレベルの高い投手とは対戦できず一軍で打席に立たなければ対応していけない部分はあると思います。
それでもファーム調整中の主力投手やベテラン投手などと対戦する機会がある場合は何とか食らいついて結果を残して一軍昇格に向けてアピールして欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク