IMG_6061

メジャー登板


ライオンズを2021年限りで退団したギャレット投手、2022年限りで退団したスミス投手が開幕早々からメジャーの舞台で登板しています。

開幕をAAAで迎えたギャレット投手ですが開幕直後にメジャー昇格を果たすと日本時間5日のタイガース戦で1点ビハインドの7回から登板し3回を無失点に抑えます。
すると9回裏に味方が逆転サヨナラ勝ちを収めた事で今季初登板で初勝利を挙げました。

更に9日のブレーブス戦では3回に先発が4点を先制されなおも二死1、3塁という場面で登板すると三振でピンチを切り抜けます。
その後も味方が同点に追いついた5回まで無失点に抑えチームの逆転勝ちに貢献しています。

ここまでまだ2試合の登板ですが5回1/3を投げて無失点に抑えるだけでなく9三振を奪う素晴らしいピッチングを披露しています。
更に四球は1個しか与えておらず課題の制球面が安定しているのが好調の要因でしょうか。

現時点ではビハインド時のロングリリーフ要員となっていますが今後も安定して抑えれば重要な場面も任されるのではと思います。

スミス投手はオフにレイズとマイナー契約を結びましたが開幕直前にマーリンズに移籍し開幕をメジャーで迎えます。
ここまで既に5試合に登板していますが防御率5.40とあまり結果を残せていません。
先発に拘り日本、韓国に移籍しましたが再びリリーフとしてMLBに復帰したためここから巻き返したいところです。

MLBでは他にも昨年在籍したティノコ投手、クリスキー投手、ペイトン選手がAAAの試合に出場しています。
性格の良い選手達で退団後も気になるだけに今後メジャー昇格を勝ち取り活躍してくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク