IMG_6416

得点力不足


​​​​​​今季はアギラー選手、佐藤龍世選手、平沼翔太選手、ブランドン選手、山村崇嘉選手、村田怜音選手とファーストやサードを守る選手達の故障も相次いでいます

そのため交流戦からは中村剛也選手がファーストを守る機会が増えました。
しかしチームトップの本塁打を放っている一方で打率や得点圏打率は低迷し、更に休養を挟む必要があるなどいつまでもベテランに頼り切る訳にもいきません。

ファーストは他に陽川尚将選手、元山飛優選手などが起用されていますがどちらも打率1割台と低迷しています。
またサードは滝澤夏央選手、児玉亮涼選手などが起用されしぶとい働きを見せてはいますが破壊力という点では物足りなさも感じます。

本来は打線の中軸を担う選手が守る事が多いポジションなだけに得点力アップのためには底上げが必要です。
ただし渡辺久信GMが補強に言及したためトレードや新外国人選手獲得という可能性はあるもののいきなりクリーンアップを任せられる選手の獲得は難しいのが実情です。

そのためファーム調整中の選手達の台頭が待たれます。
本来であれば渡部健人選手はそろそろ一軍に定着して欲しいですが現状では二軍でも打率が上がらないだけでなく本塁打もコンスタントには打てていません。

他にはブランドン選手、山村崇嘉選手が実戦復帰をしています。
特に開幕スタメンで起用され結果を残したブランドン選手への期待は高いですがまずは怪我をせずにプレーする事が求められます。
また二軍ではファーストで起用されるケースも出てきたコルデロ選手はオプション的な起用はあり得るかもしれません。

現時点で交流戦終了後の野手の抹消はなくリーグ戦再開からの合流は無さそうですが、まずは二軍でアピールをして一軍の中軸を担えるような選手が台頭してくる事を期待したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク