IMG_6423

インタビュー


NHKさいたま局による渡辺久信GM兼監督代行のインタビューが掲載されていました。
隅田知一郎投手のマダックスで連敗をストップした翌日に行われたもののようですがその中でトレードについても言及しています。

インタビュアーのトレードについての質問に対して渡辺GMは皆で集まって考えていると回答していました。
監督代行として現場を把握できた事も踏まえて考えていくようです。

ただし一方でシーズン中のトレードは難しくなかなか成立しないともコメントしています。
もしかすると既に打診して断られている話もあるのかもしれません。

シーズン中の移籍はサインや戦略等の流出に繋がるため同一リーグ内のトレードは成立しづらい傾向にあります。
またライオンズの補強ポイントは打てる野手というのは明白なだけに、相手チームからは若手有望株の投手などを要求されてしまう可能性もありそうです。

そもそも過去を振り返ってもライオンズ自体がシーズン中のトレードは多くありません。
更に過去30年のシーズン中のトレードで移籍初年度からライオンズで活躍を見せたのは1997年の金村義明選手、2002年のエバンス選手、2009年の藤田太陽投手、2018年の小川龍也投手くらいでしょうか。

それでもいろいろ考えていると回答しているため他球団の一軍でチャンスを得られていない選手を獲得して覚醒に賭けるというトレードを仕掛けるかもしれません。
また他の戦力補強も含めた可能性も考えているという事かもしれませんので外国人選手補強などもあるのか注目していきたいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク