76107A07-B6A7-40AB-8BCF-1B866DA55298

本日のスタメン


今日は山川選手がなんと8番指名打者、外崎選手は9番セカンドで出場しています。

相性の悪いファイターズ戦


ライオンズは今年ファイターズとの相性が悪く今日の試合前の時点で6勝12敗と大きく負け越しています。
先発の高橋光成投手は特に苦手としており、今年の対ファイターズ戦は3戦3敗で防御率9.92、敵地札幌ドームでは1試合投げて防御率12.46と散々な成績となっています。

しかし今日は初回を三者凡退に抑えると、2回以降もランナーを出しながらも要所を締めて無失点ピッチングを続けます。
今日はストレートは154km/hを記録しつつ、フォークやカットボールなどの変化球を交えてうまく打ち取っている印象でした。
結局8回を投げて無失点、132球の力投で見事7勝目を挙げました。
理想を言うならば、審判のストライクゾーンに悩まされた影響もありますが途中無駄な四球もあったため、そこを改善できれば今日も完封できたかなと思いますし、エースと呼べる存在になれるのではと思います。

9回はギャレット投手が登板し、先頭打者に2塁打を打たれるも後続を抑え完封リレーで締めくくりました。
ギャレット投手もファイターズと相性が悪く、特に渡邉選手に直球を打たれてから調子を落とした感がありますが、今日はその渡邉選手を最後のバッターとして打ち取れたため苦手意識が払拭できたのではと思います。

そつのない攻撃で攻略


打線もファイターズ先発の上沢投手に昨年から6連敗中、今年も3戦3敗と苦手にしています。
しかし今日は制球に苦しむ上沢投手に対しそつのない攻撃を見せます。

初回にいきなり満塁のチャンスを作ると栗山選手の犠牲フライで1点を先制します。

3回にはエラーで出塁した金子選手源田選手がバントで送ると、金子選手はすかさず三盗を決めます!ファイターズバッテリーは完全ノーマークで送球すらできませんでした。
結果的に続く森選手が前進守備の内野を抜けるタイムリーを放ったため、非常に大きな盗塁だったと思います。

4回には山川選手のダブルプレーの間に1点を追加します。

5回は先頭の金子選手がヒットで出塁し源田選手がまたバントで送ると、続く森選手が右中間を抜けそうな当たりを放ちますが大田選手の好守に阻まれます。
しかし続くメヒア選手にタイムリーが飛び出しこの回も1点を追加します。
ファイターズが攻守で盛り上がった直後だけに、これも大きな1点だったと思います。

6回もヒットで出た山川選手外崎選手がバントで送ると、源田選手のタイムリーで1点を追加し、この回で上沢選手は降板となりました。
今日は送りバントが全て得点に繋がるなどコツコツと得点を積み重ね、上沢投手に対してじわじわとダメージを与える事ができたのではないかと思います。

試合は9回にも木村選手の2点タイムリーが飛び出し7-0での快勝となりました。
欲を言えば得点を奪った後のチャンスでさらにもう1点出ていれば、序盤から大量リードを奪えて高橋投手を楽にできたかなと思います。

また今日は森選手が猛打賞の活躍で、大田選手に阻まれた打席もヒット性の当たりでした。
今シーズンは攻守に苦しんだ森選手ですが、完全復調となるか明日以降の試合でも活躍に期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


 


スポンサードリンク