image


本日のスタメン


今日は山野辺選手が9番セカンドでスタメン出場しています。
またメヒア選手がお休みで山川選手が久々に4番ファーストに入っています。

松本投手好投!


前回登板はイマイチだった松本投手ですが今日は好投を見せます。
初回を三者凡退に抑えると、自身のエラーも絡んだ3回1死1、2塁のピンチも無失点で切り抜けます。
5回に1点を失うも6回1失点で5勝目を挙げました。
2試合連続で5四球を与えていましたが今日は1四球と制球が安定しており、それが良い結果に繋がったのではと思います。
残り試合も少なくなりましたが昨年の7勝を上まれるよう残りの登板全て勝利投手となれるようなピッチングを見せて欲しいです。

松本投手の投球数には余裕がありましたが万全を期して7回から勝ちパターンが登板します。
まず7回は森脇投手が圧巻の三者凡退。本当に安定しています。
8回も平良投手山野辺選手のファインプレーにも助けられて三者凡退に抑えます。

9回からクローザー増田投手が登板しますが1死2塁からタイムリー2塁打を打たれ1点差に詰め寄られます。
金子選手の一旦グラブに入っただけにキャッチして欲しいところでしたが追いついただけで精一杯だったでしょうか。
その後1死1、3塁とさらにピンチを広げられますが何とか後続を断ちました。
前回登板も満塁のピンチを招いており心配ですが最終的に勝てば良いので、次回以降の1点差登板時にはきっちり抑えて欲しいものです。

ネコゲン連続タイムリー


打線は2回に2死満塁のチャンスを作り金子選手のタイムリーで2点を先制すると、源田選手もレフトへ上手く運び1点を追加します。
金子選手は明らかなボール球を上手く拾ってヒットにしたもので、時折見せる曲芸的な悪球打ちがいいところで出てくれました。

しかしこの回以外はオリックス投手陣相手に大きなチャンスを作る事ができませんでした。
打線が不調なのもありますが、オリックス先発の宮城投手が高卒ルーキーらしからぬ堂々たるピッチングで、今後初勝利を挙げて自信がついてくると驚異的な投手になりそうで怖いです。

今日スタメンの山野辺選手は1安打でしたが先制に繋がる死球や、ヒット性の当たりを好守に阻まれた場面もありました。
またポカのある守備面も今日はファインプレーもあったため、残りの試合での起用機会も増えてくるのではないでしょうか。

一方で山川選手は3打数ノーヒットに終わりました。
バッティングの内容も良くなかったため、足の故障を引きずっていないかが心配です。

3位と0.5ゲーム差


楽天が敗れたため3位とのゲーム差は再び0.5に縮まりました。
火曜からロッテ、ソフトバンクの上位チームとの対戦ですが、勝ち越して5割復帰と3位浮上といきたいところです。







スポンサードリンク