image

経歴


渡邉勇太朗投手は浦和学院高校から2018年ドラフト2位でライオンズに入団しました。

高校時代は故障もあり野球を辞めようと思った時期もあったようですが、チームメイトのサポートもありチームに復帰します。
そして第100回となる2018年の夏の甲子園で素晴らしいピッチングを見せて注目を浴びるも、準々決勝でこの年優勝する大阪桐蔭高校に大敗を喫してしまいました。

ドラフト時には外れ1位候補にも名前が上がっていただけに、全体11番目となるライオンズの2巡目指名時にまだ渡邉投手が残っていたのには驚きました。

近い将来のローテーション候補


渡邉投手のストレートは魅力的ですし変化球も多彩です。
ただ高校時代に故障歴がある事もあり、1年目はほぼ身体作りに費やし2年目の今年も新設された3軍での調整が続いていました。

今シーズンのファーム初登板も9月に入ってからですが、そこからはファームのローテーションを守って登板しています。
痛打を浴びる事も多く公式戦初勝利を挙げるには至っていませんが、時折良い球を投げていますし、100球以上投げて最低限試合は作るなどの成長も伺えます。

またファーム調整が続いていた内海投手に師事し、教わった事をノートにまとめるなど意識を高く持って練習に取り組んでいるようです。

地元埼玉出身という事でファンの期待も高いですし、渡辺久信GMのナベQに倣ってナベUの愛称で親しまれています。
内海投手からいろいろと吸収しつつ、近い将来1軍のローテーション入りができるよう成長していって欲しいものです。





スポンサードリンク