IMG_0716

本日の公示


昨日炎上した十亀投手が抹消され中塚投手が登録され、十亀投手はこれで残りのシーズン登板が無くなりました。
中塚投手は登板機会があるとすればビハインドの状況だと思いますが、来シーズンに向けて少しでも経験を積めればと思います。

松本投手6勝目


先発の松本投手は初回に1点を失うも以降は立ち直り、5回1失点の好投で6勝目を挙げました。
今日は無四球と制球が安定しており、四球を出すか否かが調子のバロメーターになっている気がしますので、調子がイマイチの時でも大崩れしないような投球術を身につけて欲しいです。

松本投手は5回終了時点で65球だったため当然続投と思われましたが、意外にも6回からは継投策で宮川投手が登板しました。
西口コーチの判断だったようですが捕手の岡田選手も「しんどいかも」と答えたようで、CS争いの中で想像以上に消耗していたのかもしれないですし、現場でしか分からない判断だったのだと思います。

宮川投手は期待に応えてランナーは出したものの1回を3人で抑えます。
7回からは森脇投手、平良投手、増田投手のリレーでパーフェクトに抑え、継投策がばっちりとハマった勝利となりました。

骨と牙で全3打点を叩き出す


打線は1点を先制された1回裏に栗山選手のタイムリーで同点に追いつきます。
しかし続く1死満塁で追加点が欲しいところでした。

3回には1死1、2塁のチャンスで中村選手の1塁線を破る打球が審判に当たり、ファーストが拾ってアウトになりますがその間に1点を勝ち越します。
打球が当たってしまったのは仕方がないと言え、抜けていれば2点追加してなお1死2塁となっただけにライオンズにとっては痛いプレーとなりました。

しかし中村選手は2死1、2塁から今度こそ正真正銘のタイムリー2塁打を放ち1点を追加します。
ここにきて中村選手の調子が復調気味なのは大きいのではないでしょうか。

今日もさらにあと1本出ていれば突き放せていた展開でしたが、残り試合は今日のように先発が持ち堪えている間に打線が小刻みながらも点を奪い、後半は継投リレーで逃げ切るという戦い方で勝利をもぎ取るしかないかもしれません。

明日の先発


明日は榎田投手が先発します。
今シーズンは日本ハム戦で先発した試合は炎上してしまいましたが、相手先発の生田目投手も結果を残せていないため、大量失点は防ぐような粘りのピッチングで勝利を呼び寄せて明日試合のないロッテとのゲーム差を縮めたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村





スポンサードリンク