IMG_0762

2年ぶりのトレード


ファイターズから吉川光夫投手を金銭トレードで獲得した事が発表になりました。
ライオンズとしては2018年シーズン途中に小川投手を獲得して以来2年ぶりのトレードです。
チームとしては待望の左腕の補強となりました。

吉川投手は2006年ドラフト1位でファイターズに入団し2012年にパリーグMVPを獲得しました。
2016年オフにジャイアンツにトレードで移籍し、2019年シーズン途中にトレードで再びファイターズに戻り、今回で3回目のトレードとなりました。

今シーズンは1軍では5試合の登板にとどまりましたが、2軍では19試合に登板して3勝0敗 防御率2.10と結果を残しており、まだ十分に1軍で通用する力はあると思います。
ただし25.2イニングを投げて25奪三振を奪う一方で15四球を与えるなど制球面の課題があるようです。
とはいえイースタンリーグでの登板などを視察した上で戦力になると判断した上での獲得と思いますので、来シーズンの活躍を期待したいところです。

先発とリリーフどちらで起用するかは今後見極めていくようです。
チームとしてはリリーフの方が厳しい状態ではあると思いますが、元々先発で結果を残した選手ですので、チームとして最適な起用法が見定められればと思います。

支配下登録枠


吉川投手の獲得でドラフト指名選手と合わせた支配下登録枠は67人になりました。
ノリン投手の去就はまだ発表になっていないですが、契約更新されなかった場合も新たに先発候補の新外国人投手を獲得するのではと思います。

育成選手の人数も増えたため新たな選手獲得があるとしても後1人となるでしょうか。
中熊選手の支配下登録、トライアウトやFAなど今後どのように補強が進められるのか気になるところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




スポンサードリンク