IMG_0532

丑年生まれ


改めまして明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2021年は丑年ですがライオンズには8人の年男の選手とコーチがいます。

1997年生まれ


高橋光成投手は足踏みしたシーズンはあったものの一昨年は二桁勝利、昨年は規定投球回到達と順調に成長してきています。
今年はエースとしてタイトル争いに絡めるようなピッチングを期待したいですし、西口投手コーチの前でノーヒットノーランを達成して欲しいです。

粟津凱士投手は入団から2年間結果を残せていませんが、昨年は右肘の靭帯を痛めておりPRP療法で治す方針のようです。
今シーズンはどの程度投げられるか不明ですが、決め球のシンカーを武器に飛躍のきっかけを掴んで欲しいところです。

出井敏博投手は育成選手ながらフェニックスリーグで好投を見せており、ファームでの投球内容によっては先発要員としてシーズン中の育成登録もあるかもしれません。
球威で抑えるタイプではないだけに、1軍で通用するためにはストレートの平均球速を少し上げられるか、もしくは各球種の精度をどれだけ上げられるかがポイントでしょうか。

柘植世那選手はルーキーイヤーの昨年は第三捕手として定着しました。
ただし特に守備面でのミス等もありましたので、自主トレやキャンプで攻守のレベルアップを図り、まずは岡田選手から第二捕手の座を奪うほどの成長を見せて欲しいです。

佐藤龍世選手は昨年ファームで抜群の結果を残していたものの道交法違反で対外試合禁止処分となり、自身だけでなく打撃不振に苦しんだチームとしても大きな痛手となってしまいました。
謹慎処分が解けた今季はプレーだけでなく練習姿勢や私生活でも周囲を納得させる必要がありますし、その上でサードのレギュラー争いに加われるような結果を出して欲しいところです。

愛斗選手はなかなか殻を破る事ができず、シーズン終盤の1軍昇格時には外角の変化球などの課題が克服できていない事が露呈してしまいました。
ドラフトで外野手を多く指名したため立場的に厳しくなるシーズンですが、2軍での思いっきりの良いバッティングを1軍でも披露できるようになって欲しいです。

1985年生まれ


メヒア選手は昨年は久々の二桁本塁打を放ち、得意の楽天戦では好成績を残したものの全体としては物足りない結果となりました。
ナイスガイでファンからも愛されている選手ですので、ファーストや指名打者、さらには代打としてここぞの場面で値千金の一打を放つ姿を出来るだけ多く見せて欲しいところです。

1961年生まれ


清川栄治コーチは還暦を迎えます。
若手投手が伸び悩んでいますがフェニックスリーグで結果を残した好素材達がいますので、1人でも多くの投手が1軍の戦力となるよう育成して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




スポンサードリンク