IMG_0885

5分間タイム走


育成2位の長谷川信哉選手が高卒ルーキーながらも5分間のタイム走でトップとなりました。
一部別メニューとなっている1位の渡部健人選手と2位の佐々木健投手を周回遅れにするほどの大差だったようです。
自主トレでどれだけ自分を追い込めるかという意識の差をつけられるかが重要と考えているとの事で、プロ向きの性格のように思えます。
右打ちの外野手が育ってきていないチーム事情もありますので、今のような意識で取り組んでいけば1、2年後の支配下登録も見えてくるのではないでしょうか。

また6位のタイシンガーブランドン大河選手がタイム走の2位に入ったようです。
更に同じ室内練習場で練習していた源田選手の守備に目を奪われたようで、同じように守れるように練習したいとの意欲を示しました。
大学時代にサード以外も守った経験もあるようで、打撃だけでなくまずは走守が1軍レベルにある事をアピールできれば、早めに1軍でチャンスを与えられるのではと思います。

高卒野手組のスイング


新人合同自主トレでのトスバッティングの動画が球団SNSで公開されました。
3位の山村嵩嘉選手は柔らかく率を残せそうなスイングでしたし、7位の仲三河優太選手は高卒とは思えないようなスイングの速さを披露していました。
両選手共に夏の甲子園が開催されていればこの順位では獲得できなかった可能性もあるほど期待値の高い選手ですし、まずはファームでどのような打撃を見せてくれるのか今から楽しみです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサードリンク