IMG_0889


1対1の交換トレード


1996年オフにライオンズの長見賢司選手とベイスターズのデニー友利(友利結)投手との1対1の交換トレードが成立しました。
当時の東尾監督の強い希望があってのトレードだったようです。

デニー投手は1986年ドラフト1位で指名され、サイドスローからの球威あるボールが持ち味でしたが、制球難もありベイスターズでは活躍する事はできませんでした。
しかし東尾監督の「コントロールできないのだから思いっきりど真ん中に投げ込めばコーナーに散らばってくれる」というアドバイスを受けて才能が開花し、移籍初年度からライオンズリリーフ陣を支える存在となりました。
更に1999年に入団した松坂投手の指導係的存在として良き兄貴分になっていました。
その後もリリーフとして活躍しましたが2002年に出場機会を減らすとそのオフにトレードでベイスターズに復帰、2006年にはドラゴンズに移籍して2007年限りで引退しました。

一方の長見賢司選手は1990年ドラフト1位で指名されて投手として入団し、1995年から野手転向したものの1軍出場はありませんでした。
トレード後の1997年には6試合に出場し初ヒットを放ったものの、その後はまた1軍出場する事なく2000年限りで引退となりました。

総括


結果を残せていなかった選手同士が移籍して出場機会を得たという意味で意義のあるトレードでしたし、特にライオンズにとってはデニー投手がリリーフとして活躍してリーグ連覇に貢献するなど非常に大きなトレードになりました。
ただし東尾監督だったからこそデニー投手も覚醒できたのだと思いますので、相性の良い指導者との出会いも重要なのだなと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサードリンク