IMG_0899
ライオンズの各背番号を背負った選手のうち、プレーしていた記憶のある黄金時代以降の選手について思い出などを書いてみようと思います。

黄金時代の三塁手


黄金時代の背番号7と言えば石毛宏典選手でした。
1980年のドラフト1位で入団すると1年目からショートのレギュラーに定着して新人王を獲得する活躍を見せ、1986年にはパリーグMVPに輝いています。
その後はサードにコンバートされガッツ溢れるプレーでチームを引っ張り、ベストナイン8回、ゴールデングラブ賞10回獲得するなど主力として長く活躍しました。

しかし1994年オフに森監督の後任として監督就任を打診されると現役続行に拘りFA権を行使してホークスに移籍しましたが、結果を残せずに1996年限りで引退となりました。
現監督の辻選手に対しても同様でしたが、黄金期の終焉時は選手の意向を無視した強引な人事を行おうとした結果、勝ち方を知っている選手達が流出してチームが弱体化すると同時に、他チーム(特にホークス)の強化に繋がったように思えます。
また仮に石毛選手が納得するまでライオンズで現役を続けられていれば、生え抜き初の2000本安打も達成できていたのではないでしょうか。

引退後はホークスの二軍監督やバファローズの一軍監督を務めましたが、結果を残せずに退任しています。
しかしその後四国アイランドリーグの設立に関わり、日本野球界に独立リーグという新たな裾野を広げたという功績を残しました。

変遷


1995年からは新外国人選手のダリン・ジャクソン選手が背番号7をつけました。
この年はMLBのストライキの影響で多くの現役メジャーリーガーが来日しており、ジャクソン選手も打撃面は少し物足りないながらも守備走塁面でもハイレベルの活躍を見せてくれました。
またプロ野球選手としては珍しく帽子の上からヘルメットを被っていたように記憶しています。

1997年からは売出し中の松井稼頭央選手の背番号が7に変更になりました。
プロ入り後に転向したスイッチヒッターも板に付いてこの年に初の3割を記録すると、盗塁王3回、最多安打2回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ4回と多くのタイトルを獲得、また1998年にはパリーグMVPに輝き、2002年にはスイッチヒッター初のトリプルスリーを記録するなど、ライオンズのスター選手として活躍しました。
2003年オフにFA権を行使してMLBに移籍すると、翌年にはメジャー初となる新人選手による開幕戦初球初打席本塁打を記録します。
その後2011年には日本球界に復帰してイーグルスに移籍、2018年にはライオンズに復帰した再び背番号7を着け、その年限りで引退となりました。
現在は2軍監督を務めており次期1軍監督と目されています。

2005年からは新人の片岡易之選手に背番号7が与えられました。
俊足が持ち味で2年目からセカンドのレギュラーに定着すると、盗塁王4回、最多安打1回、ベストナイン1回を獲得しました。
2008年のジャイアンツとの日本シリーズ第7戦では、ギャンブルスタートで内野ゴロの間に同点のホームを踏み、逆転勝ちでの日本一に貢献しています。
その後2013年オフにFA権を行使してジャイアンツに移籍し、2017年限りで引退しました。

2014年からは片岡選手の人的補償で獲得した脇谷亮太選手が背番号7を着けました。
主力選手が着けていた大事な番号だっただけに、この時にはファンの間からも批判的な声が多く上がっていました。
脇谷選手はファンの予想を超える活躍を見せましたが、2015年オフにFA権を行使してジャイアンツに復帰しました。

現役選手


2020年からは金子侑司選手の背番号が7に変更になりました。
金子選手も既に盗塁王を2回獲得する活躍を見せていますが、昨年は故障などもあり満足のいく結果を残せませんでしたので、今シーズンはトップバッターとしてまた盗塁王争いに絡めるような活躍を見せてくれる事に期待しています。
スポンサードリンク