IMG_0900

過去に3選手が在籍


昨年のドラフト5位で準硬式出身の大曲錬投手を指名しましたが、何度も触れているようにライオンズは過去にも準硬式出身選手が在籍していました。

1994年のドラフト6位では早稲田大の山田和幸選手が指名されました。
野手としては初の準硬式出身のプロ野球選手となりましたが、プロ入り直前からイップスになっており、また内臓疾患の影響で1996年限りで退団となってしまいました。
当時はファームの映像等を簡単に見ることはできなかったため、どのようななプレーをするのか見てみたかった選手です。

1999年のドラフト6位では同志社大の青木勇人投手(現3軍コーチ)が指名されました。
準硬式出身で時間がかかると思われましたが1年目のオープン戦で早くも登板して驚き、次の試合でも連投テストで登板して更に驚いた記憶があります。
3年目まではリリーフとしてチームを支えましたが、肩の故障と試合中の乱闘でむち打ちになってからは低迷が続き、2006年にカープにトレードになりました。
とは言え青木投手のような成功体験がある事は大曲投手にとっても心強いのではと思います。

2005年の大学社会人ドラフト5巡目では関西学院大の山本歩投手が指名されました。
ドラフトの際は図書館で図書館で卒論の資料を探しており指名に気づかなかったようです。
また研究内容が不斉合成であるという報道があったため、ファンがネットで調べて理解しようとしていたのを覚えています。
プロ入り後は制球面に課題があったものの高い奪三振率を誇っていましたが、肘の故障の影響で1軍登板は5試合のみで2009年限りで引退しました。
引退後はスタッフとしてチームに残りましたが大学院進学のために退団し、修士号の取得後は一般企業に就職したようです。
魅力的な投球内容だっただけにもっと1軍で見たかった選手でした。

ボールや体力面の違いなども影響するのか各選手共に故障に泣いた印象です。
大曲投手はもともと硬式球の経験があり過度な心配は不用かもしれませんが、まずは硬式球に慣れて故障のない身体作りを行なって欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサードリンク