IMG_0901

A班


新人ではドラフト4位の若林楽人選手と6位のブランドン選手がA班スタートになりました。
若林選手は俊足が持ち味のため金子選手のプレーから気づきを得たいとの事で、ブランドン選手は打撃と肩でアピールしつつ中村選手に打撃や守備について聞いてみたいとの事です。
両選手共に打撃だけでなく走守も安定している事からA班に抜擢されたのではと思います。
キャンプやオープン戦で自分の武器をアピールできれば開幕1軍も見えてくるのではないでしょうか。

またベテランの栗山巧選手、中村剛也選手もA班に入りました。
野手最年長コンビとなりますがチームの主力となる両選手ですし、栗山選手は2000本安打もかかっていますので、キャンプを通して若手野手のお手本となって欲しいです。

B班


ドラフト1位の渡部健人選手、2位の佐々木健投手はB班スタートとなりました。
渡部選手は肩の故障に影響で1ヶ月以上投げていないため大事を取ったようです。
とは言え辻監督も「焦らずに急いで」とコメントしたように、無理は禁物ですが少しでも早く1軍に昇格できるようアピールして欲しいです。
また佐々木投手もある程度投げられるレベルにあるものの無理はさせない方針のようですので、状態が上がってくればA班合流もあるのではないでしょうか。

また主砲の山川穂高選手も足首の故障の影響でB班になりました。
ただし走守の不安が無くなればA班合流となるようですので、それまでは技術面だけでなく練習への取り組み方等についても渡部選手のお手本となってくれればと思います。

更にベテランの松坂大輔投手内海哲也投手もB班スタートになりました。
松坂投手はリハビリ中という事もあり、まずはじっくりと投げられる身体作りを行わせる方針のようです。
内海投手は開幕に合わせて自分のペースで調整してくれると思いますが、B班の若手投手陣へのアドバイスなども期待したいところです。

外国人選手


新型コロナの影響で来日の予定が立っておらず、辻監督としてはキャンプだけでなく開幕も間に合わない可能性も覚悟しているようです。
その場合メヒア選手スパンジェンバーグ選手が抜ける打線は主力打者が復調できればある程度穴は埋められると思いますし、ギャレット投手不在のリリーフ陣もある程度やり繰りはできるのではと思います。
しかしニール投手が間に合わない場合は手薄な先発陣が更に駒不足となってしまいますので、若手投手達の台頭に期待したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサードリンク