IMG_1051

敗戦


3日はファイターズとオープン戦行い0-7で敗れました。

投手成績


松本航投手:3回2/3 被安打2 四死球6 奪三振2 失点4
初回はピンチを招きつつも無失点に抑えましたが、4回に失策が絡んで先制点を許すと制球が定まらなくなり2死満塁から押し出しを与えて降板となってしまいました。
追い込みながらも粘られて球数を投げてしまったり、制球を乱して大量失点するなど昨年までの悪い時の投球がそのまま出てしまった印象です。
開幕に向けて不安の残る内容となりましたが今後の登板で修正できるでしょうか。

宮川哲投手0回1/3 被安打1 四死球0 奪三振0 失点0
松本投手の残した満塁のピンチで登板しましたが2点タイムリーを打たれました。
今シーズンでもピンチの場面での起用が増えるのでしょうか。
ただし今シーズンの実戦登板では不安定な状態が続いているため復調が待たれます。

今井達也投手4回 被安打5 四死球2 奪三振4 失点3
四球や不運な安打で満塁のピンチを招くとエラー、押し出し、犠牲フライでいきなり3点を失ってしまいました。
昨年の悪い状態と思われましたがその後は無失点に抑えており、150km/h超えのストレートも連発していたため、立ち上がりが課題でしょうか。
今季の巻き返しに向けて次回登板に注目したいところです。

失策と併殺打の山


​守備面では3失策が全て失点に絡んでしまいました
特にキャンプからバッテリーミスが多いため今後の実戦で改善して欲しいところです。

打線は4併殺を記録するなど無得点に終わりました。
うち3併殺はルーキーの若林楽人選手ブランドン選手が記録しましたが、辻監督は積極性を評価しているようです。
オープン戦では対戦する投手のレベルも上がってきますので、1軍レベルの投手に対応できるようになるかが開幕1軍を勝ち取れるかのポイントになりそうです。
なお実戦が始まった当初は守備で判断ミスが多かった若林選手ですが、3日の試合では好守を見せており守備面ではプロの打球に慣れてきたかもしれません。

打線の唯一の収穫は鈴木将平選手がマルチヒットを放った事でしょうか。
広角に打てるヒットメーカーとして今シーズンこそレギュラーを獲得して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

スポンサードリンク