IMG_1148

ライオンズの各背番号を背負った選手のうち、プレーしていた記憶のある黄金時代以降の選手について思い出などを書いてみようと思います。

変遷


背番号15を着けてプレーしているのを見た記憶のある最も古い選手は松沼博久投手です。
1979年にドラフト外で入団すると1年目から16勝を挙げて新人王を獲得すると、1990年に引退するまでに5度の二桁勝利を記録するなど通算112勝を挙げる活躍を見せました
口ひげがトレードマークのアンダースローで、弟の松沼雅之投手も同時に入団していた事から兄やんの相性で親しまれていました。

1991年からはドラフト1位指名された長見賢司投手が着けています。
しかし1994年には背番号36に変更、1995年からは野手に転向したものの1軍出場を果たせないまま1997年シーズン前にベイスターズにトレードになりました。

1994年には藤本修二投手の背番号が15に変更になりました。
しかし結果を残せずに1995年限りで引退しています。
なおライオンズ移籍前のキャンプ中に猫に手を噛まれてしまった事から、ニャンコの愛称で呼ばれていました。

1997年にはドラフト3位ルーキーの谷中真二投手に与えられました。
しかし大きな結果を残せず2001年シーズン中にタイガースにトレードになりました。
選手としての実績よりも松坂投手のルーキー時代のキャンプで背格好が似ていた事から松坂投手の影武者にされてしまった事の方が印象に残ってしまっています。
なお複数球団への移籍を経て2008年にライオンズに復帰しましたが、その際には別の背番号を与えられています。

2001年には谷中投手とのトレードで入団した平尾博司選手がそのまま引き継ぎました。
しかしライオンズでは野手の番号ではないため翌年には背番号23に変更になっています。

2002年には前々年のドラフトで逆指名入団していた大沼幸二投手が15に変更されました。
先発やリリーフとして活躍した時期はあったものの制球面の不安などから継続して結果を残す事はできず、2010年オフに背番号61に変更になりましたが、2011年開幕前にベイスターズにトレードになっています。

2011年からはドラフト1位入団の大石達也投手が着けました。
6球団競合の剛腕として大きな期待を受けていましたが、右肩の故障の影響もありプロでは目立った成績を残す事ができませんでした。
2019年限りで引退し今年からは2軍投手コーチに就任しましたので、若手投手の育成に期待したいところです。

現役選手


2020年からはドラフト1位入団の宮川哲投手が背番号15を着けています。
1年目からシーズンを通してリリーフとして活躍し、ルーキーながらも満塁などのピンチの場面で多く起用されるなど首脳陣からの信頼も厚い投手です。
ドラフト1位入団で背番号15を着けたものの結果を残せなかった投手が多いですが、宮川投手には課題の制球面を安定させて長くチームの主力として活躍して欲しいところです。




スポンサードリンク