IMG_1161

1軍の戦力へ


8日時点で1軍メンバー31名のうち過去5年のドラフト指名選手が18名と過半数を占めています。

2016年指名選手は5選手が1軍登録されています。
投手では今井達也投手、平井克典投手が先発ローテーション入りし、田村伊知郎投手は現状はビハインド時のリリーフ要員となっています。
野手では源田壮亮選手は不動のレギュラーで鈴木将平選手は外野争いを繰り広げています。

2017年指名選手は3選手が1軍登録されています。
投手では平良海馬投手は不動のセットアッパー、伊藤翔投手はリリーフ要員です。
野手では西川愛也選手が開幕スタメン入りしましたが今年はまだ無安打が続いています。
他にも綱島龍生選手も数日ですが1軍登録されていましたし、高木渉選手もファームで圧倒的な成績を残しており故障が癒えれば1軍登録のチャンスがありそうです。

2018年指名選手は3選手が1軍登録されています。
投手では松本航投手が不安定ながらも先発ローテーション入りしています。
野手では山野辺翔選手が外崎選手の代役としてセカンドで出場を続けており、佐藤龍世選手はサードのサブ要員として1軍昇格しています。
また故障が無ければ森脇亮介投手もセットアッパーとして帯同しているはずです。

2019年指名選手は5選手が1軍登録されています。
宮川哲投手は勝ちパターンに繋ぐリリーフ要員、浜屋将太投手は先発ローテーション入りし、8日に初登板を果たした上間永遠投手も当面は先発起用されると思います。
野手では柘植世那選手は第3捕手、岸潤一郎選手は外野でスタメン起用される試合もあります。
また7日に抹消されたものの井上広輝投手も開幕1軍入りしており、入団2年目の選手達がこれだけ1軍の戦力になっているのは驚異的に思えます。

2020年指名選手は2選手が1軍登録されています。
若林楽人選手は結果を出し始め外野でスタメン起用されるようになってきましたし、渡部健人選手もプロ初ホームランを放っています。
また熱中症で登録抹消されたブランドン選手も開幕1軍を果たしていました。

故障者続出や外国人選手不在の影響があるとは言え多くの獲得選手が戦力になっていますし、全く戦力にならない選手も減っている印象でスカウティングの成果に思えます。
また大学や社会人卒だけでなく、平良海馬選手は高卒2年目から戦力になりましたし、井上広輝投手、上間永遠投手も早々に1軍デビューを果たしました。
3軍制も軌道に乗り始めた感もありますし、近い将来に渡辺GMの言う投手王国だけでなく強力打線も出来上がり、新たな黄金期が到来する事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードリンク