試合結果

主砲のサヨナラ弾でソフトバンクの胴上げを阻止(L-H 25回戦)

IMG_3080

勝利


1日はソフトバンクと対戦し3-1で勝利しました。

スタメン

1番:外崎修汰選手 セカンド
2番:源田壮亮選手 ショート
3番:森友哉選手 キャッチャー
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:栗山巧選手 指名打者
6番:愛斗選手 ライト
7番:平沼翔太選手 サード
8番:オグレディ選手 レフト
9番:鈴木将平選手 センター

好投


松本航投手7回 被安打5 四死球1 奪三振6 失点0
勝ちはつかなかったものの7回を無失点に抑えました。
ランナーを出しながらも落ち着いて抑える素晴らしい好投でした。
このピッチングをシーズンを通してできるようになって欲しいところです。

水上由伸投手0回1/3 被安打0 四死球0 奪三振1 失点0
打者1人に対して三振を奪い降板しました。
最終戦を前に最優秀中継ぎのタイトルを確定させるための起用でした。

平良海馬投手0回2/3 被安打0 四死球0 奪三振1 失点0
イニング途中からの登板でしたが無失点に抑えました。
平良投手もまだタイトル獲得の可能性を残しています。

増田達至投手1回 被安打1 四死球0 奪三振0 失点0
1死から痛恨の同点本塁打を浴びてしまいました。
クライマックスシリーズを前に不安の残る状態が続いています。

スミス投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
1回を三者凡退に抑えました。
球威はあるだけにクライマックスシリーズでもこの投球を継続して欲しいです。

本田圭佑投手1回 被安打1 四死球1 奪三振0 失点0
ピンチを招いたもののなんとか無失点に抑えました。
今後も完璧に抑えられなくても粘りを見せてくれればと思います。


サヨナラ弾

打線は4回に栗山巧選手のタイムリーで先制します。
大事な試合でベテランらしい働きを見せてくれました。

以降は千賀投手や強力リリーフ陣の前に得点を奪えませんでした。
しかし延長11回に山川穂高選手の劇的なサヨナラ弾で勝利を抑えました。
相手の配球を読み切った素晴らしい本塁打でしたし意外にも自身初のサヨナラ弾となりました。
CSに向けて主砲の復活は非常に心強いです。

優勝の行方


ライオンズが勝利した事でリーグ優勝の行方はシーズン最終戦までもつれ込みました。
コロナの影響もありましたが最後まで結果の分からない面白いシーズンとなりました。

同時にCSの対戦相手の決定も最終戦まで持ち越しとなりました。
どちらになっても厳しい戦いになりますが、CSに向けて勢いをつけるためにもこの試合の勝利は非常に大きかったと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


平沼選手の一発で挙げた得点を今井投手の力投で守り切りCS進出に王手!(E-L 25回戦)

IMG_3068

勝利


28日は楽天と対戦し1-0で勝利しました。

公示


先発の今井達也投手が登録されました。

スタメン

1番:金子侑司選手 レフト
2番:源田壮亮選手 ショート
3番:森友哉選手 キャッチャー
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:外崎修汰選手 セカンド
6番:愛斗選手 ライト
7番:栗山巧選手 指名打者
8番:オグレディ選手 センター
9番:平沼翔太選手 サード

力投!


今井達也投手8回 被安打4 四死球4 奪三振8 失点0
8回を無失点に抑える素晴らしいピッチングでチームを勝利に導きました。
3回は味方のミスもあり一死満塁のピンチを招いたものの後続を抑えました。
今シーズンは離脱続きで悔しいシーズンとなりましたが一皮むけたピッチングを披露してくれただけにこれを継続できれば来季はエース争いに加われると思います。

平良海馬投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
9回を任されると三者凡退で締めくくりました。
残り試合も試合展開に応じて柔軟な起用法になると思います。


移籍後初本塁打

打線は4回に平沼翔太選手の本塁打で先制します。
嬉しい移籍後初本塁打がこの試合唯一の得点となり決勝点となりました。
故障もあり出場試合数は少ないものの良い働きを見せてくれています。

大一番で勝利を収めたもののその他のチャンスで得点を奪えなかったのは反省点です。
来年以降優勝を狙うためにはチャンスを確実にものにしたいところです。

王手


この試合に勝利した事でCS進出に王手をかけました。
ライオンズは土曜まで試合がありませんが楽天はホークスとの連戦を控えており1敗でもするとライオンズのCS進出が決まります。
自力で勝って決めたい気持ちもありますが早く安心するためにも他力でも決まって欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


主砲の一発とエースの力投でCS進出に半歩前進(L-H 24回戦)

IMG_3064

勝利


27日はソフトバンクと対戦し4-1で勝利しました。

スタメン

1番:金子侑司選手 レフト
2番:源田壮亮選手 ショート
3番:森友哉選手 キャッチャー
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:外崎修汰選手 セカンド
6番:愛斗選手 ライト
7番:栗山巧選手 指名打者
8番:平沼翔太選手 サード
9番:鈴木将平選手 センター

自己最多


高橋光成投手7回 被安打6 四死球2 奪三振8 失点1
7回をソロホームランの1点に抑え自己最多となる12勝目を挙げました。
4回のピンチではクリーンアップから連続三振を奪いました。
また7回に被弾した後のピンチを併殺で切り抜けた場面では外崎修汰選手の判断が良かったと思います。
まさに今シーズンの集大成となるエースの投球だったのではないでしょうか。

平良海馬投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 失点0
160km/hを記録するなど力でねじ伏せ無失点に抑えました。
シーズン最終盤に入り本領発揮してきているように思えます。

増田達至投手1回 被安打0 四死球1 奪三振2 失点0
一点差に迫られる2ランを打たれたと思いましたがリクエストでファールとなりました。
無失点に抑えましたがやや不安は残るだけに相手打線との巡り合わせによっては平良投手と起用順が変わる場合もあるかもしれません。


4年ぶり

打線は初回に山川穂高選手の2ランで先制に成功します。
これが4年ぶり3度目となる40号本塁打となりました。
節目の大台到達となったため残り試合も4番として猛打を振るって欲しいです。

5回には愛斗選手のタイムリーで2点を追加しました。
高橋投手が好投を見せていただけに非常に大きな追加点となりました。

難敵の石川投手を攻略しましたがもう少し得点を奪うチャンスはありました。
特に3回と5回のチャンスで初球を打って併殺に倒れたのは反省点ですし、残り試合を全勝するためにはチャンスを確実にものにしていきたいところです。

3位キープ


勝利した事で3位をキープしましたが楽天も勝利しゲーム差は変わりませんでした。
厳しい状況が続きますが一戦必勝で望んでいきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


残塁の山を築くも要所で打線が繋がり3位浮上(F-L 24回戦)

IMG_3050

勝利


24日は日本ハムと対戦し6-2で勝利しました。

スタメン

1番:金子侑司選手 レフト
2番:源田壮亮選手 ショート
3番:森友哉選手 キャッチャー
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:栗山巧選手 指名打者
6番:愛斗選手 ライト
7番:平沼翔太選手 サード
8番:呉念庭選手 セカンド
9番:鈴木将平選手 センター

窮地を抑える


松本航投手6回2/3 被安打3 四死球3 奪三振8 失点2
6回までは4回にエラーが絡んでピンチを招いた以外は危なげなく抑えます。
しかし7回に2死から連打を浴びて失点したところで降板となりました。
ここを投げきれないのが入団以来の課題ですので、首脳陣に3アウトまで任されるような信頼を勝ち取って欲しいです。

森脇亮介投手0回0/3 被安打1 四死球0 奪三振0 失点0
公文克彦投手0回0/3 被安打1 四死球0 奪三振0 失点0
​​ピンチで登板した森脇投手は1点差に迫られるタイムリーを打たれて降板すると、公文投手もヒットでピンチを広げて降板しました。
大事な試合なだけにきっちりと抑えて欲しいところでした。

水上由伸投手0回1/3 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
暴投でピンチを広げたもののなんとか後続を抑えました。
ここでリードを保てた事が結果的に大きかったと思います。
節目の30ホールドとなったため新人王に向けて更に結果を残して欲しいです。

平良海馬投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 失点0
増田達至投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
点差が開いた事もありそれぞれ三者凡退に抑えました。
勝ちパターンが安定して抑えてくれれば残りの試合全勝の望みも増してきます。


先発全員安打

なかなかチャンスをものにできなかった打線は4回に鈴木将平選手のタイムリーで先制すると、森友哉選手栗山巧選手のタイムリーで2点を追加しました。

8回には山川穂高選手、栗山巧選手のタイムリーと暴投で3点を加えました。
1点差に迫られて嫌なムードになった直後の非常に大きな得点だったと思います。

最終的に打線は先発全員安打となる16安打を放ちました。
しかし15残塁を記録したためできれば更に得点を奪い楽な展開にしたいところでした。
それでもヒットは出るようになってきたため残り試合も援護点を奪っていきたいところです。

3位浮上


オリックスが勝利したためV逸が決まったものの楽天が敗れ3位に浮上しました。
しかし25日に楽天と対戦する日本ハムは高卒ルーキーを起用するようですので再びゲーム差無しで抜かれてしまうかもしれません。
いずれにせよまだ自力でのCS進出の可能性はないため一喜一憂せずに目先の試合に勝利していきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


主砲とエースの活躍で連敗を止めCS進出に望みを繋ぐ(L-E 24回戦)

IMG_3036

勝利


20日は楽天と対戦し4-1で勝利しました。

スタメン

1番:金子侑司選手 レフト
2番:源田壮亮選手 ショート
3番:森友哉選手 キャッチャー
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:外崎修汰選手 セカンド
6番:愛斗選手 ライト
7番:栗山巧選手 指名打者
8番:オグレディ選手 センター
9番:平沼翔太選手 サード

粘投


高橋光成投手8回 被安打8 四死球0 奪三振9 失点1
8回を1失点に抑える好投で連敗をストップさせました。
8安打を打たれたものの四球は出さず要所を抑える粘投でした。
残りの試合でもエースの投球でチームを勝利に導いて欲しいです。

平良海馬投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 失点0
​3連投となりましたが三者凡退で締め括りました
少し試合間隔が空くためしっかりと身体を休めて欲しいです。


復活の兆し

打線は初回に山川穂高選手のタイムリーで1点を先制します。
これがチームにとっても山川選手にとっても久々となるタイムリーでした。
この試合では猛打賞の活躍を見せたためこれを復調のきっかけとして欲しいです。

同点に追いつかれた直後の5回には金子侑司選手のタイムリーで勝ち越しに成功しました。
1軍復帰後はバットで良い活躍を見せてくれています。

8回には相手暴投と外崎修汰選手のタイムリーで2点を追加しました。
投手を楽にする終盤での非常に大きな追加点だったと思います。

この試合ではチャンスで打線が機能しました。
残り試合でも打線の繋がりで早めの援護点を奪って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村