試合結果

松本投手の好投と愛斗選手の一発でイーグルス戦初勝利(L-E 9回戦)

IMG_1407

勝利


22日はイーグルスと対戦し2-0で勝利しました。

本日のスタメン


​スタメンは3戦連続で同じオーダーとなっています。

6勝目


​先発の松本航投手は8回2/3を無失点に抑えチームトップの6勝目を挙げました。
交流戦では球速の出ていなかったストレートに威力が戻り9三振を奪いました。
ランナーを出しても落ち着いて後続を打ち取り安心して見ていられました。
23日は佐々木健投手が先発で小刻みな継投が予想されるだけに8回まで投げ切ってくれたのも非常に大きかったと思います。
今後も同じようなピッチングを続けてローテーションの軸になって欲しいです。


9回は平良海馬選手がランナーを出しつつも無失点に抑えて35試合連続無失点のパリーグ新記録を樹立しました。
ただし2死から内野安打に近いエラーでランナーを出したのをきっかけにピンチを招いたため、今後もエラーで記録が途絶えるというのは避けたいところです。

愛斗選手決勝弾


打線は4回に愛斗選手の2ランが飛び出し結果的にこれが決勝点になりました。
当たりが止まりかけていただけに愛斗選手自身にとっても大きな一発だったと思います。
これをきっかけにまた良い場面で勝負強い打撃を発揮して欲しいです。

しかしこの回以外にも得点圏に3度ランナーを進めましたが後1本が出ませんでした。
好投手相手なだけにチャンスの場面では泥臭い形でも1点ずつもぎ取っていきたいところです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は1安打で2000本安打まで残り31本となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


平良投手パリーグタイ記録も痛恨の押し出しで引き分け(L-M 12回戦)

IMG_1404

引き分け


20日はマリーンズと対戦し2-2で引き分けました。

サプライズ


試合前練習の際に外国人選手に対してファン、ライオンズ関係者、チームメイト、更にはご家族からのメッセージビデオが流れるというサプライズがありました。
各選手は目に涙を浮かべるなど想像以上に寂しい日々なのだと思いますし、この状況で日本でのプレーを選択してくれて本当に感謝しかありません。
早く収束してまた家族一緒に過ごせる日々が少しでも早く来て欲しいと思います。

本日のスタメン


​スタメンは前日と同じオーダーとなっています。

パリーグタイ記録


​先発のニール投手は5回2/3を2失点でした。
5回までは危なげない投球でしたが6回にヒットとこの日初の四球をきっかけに2点を失ったところで降板となりました。
しかし打たせて取る持ち味を発揮できておりナイスピッチングだったと思います。
今年は一昨年のような良い状態が戻ってきているように思えますが、好投しつつも勝ちがつかない間に調子を落とす場合もあるため、次回登板時には打線の奮起に期待したいです。

ニール投手の後を受けた武隈祥太投手は後続を打ち取ります。
7回も続投しますが2死2塁となったところで渡邉勇太朗投手が登板しました。
驚きの継投でしたがいい当たりを打たれながらもサードライナーに抑えます。
チームが勝てていれば初勝利というところでしたが同点に追いつかれたのは残念でした。

8回は十亀剣投手が登板しますが2死1、3塁となったところで平良海馬投手が登板します。
しかし制球が定まらず2者連続四球を与えまさかの押し出しで同点となってしまいました。
登板間隔が空いていましたしピンチを力でねじ伏せるという起用だったのは理解できます。
しかしマウンド上に残った跡と歩幅が合わずにバランスを崩してしまったとの事で、イニング途中での継投の難しさを痛感しました。
ただし平良投手自身には失点はついていないため開幕からの無失点記録は継続となり、豊田コーチらの持つパリーグ記録に並びました。
不本意とは思いますが気持ちを切り替えて次回登板ではしっかりと抑えてすっきりとした気持ちでパリーグ新記録更新といきたいところです。

9回は森脇亮介投手がランナーを出しつつも無失点に抑えました。
調子は上がってきているように思えますので重要な場面での起用が増えるかもしれません。

川越選手勝ち越し打


打線は2点を先制された直後の6回に山川穂高選手の2ランで同点に追いつきます。
更に7回には代打川越誠司選手のタイムリーで勝ち越しに成功しました。
川越選手はこれまでに代打ホームランを2本放つなど状態は良さそうです。
スタメン起用もあるかもしれませんが終盤の代打の切り札となるかもしれません。

中盤に粘りを見せた打線でしたが序盤のチャンスで得点を奪いたいところでした。
またチームを牽引してきた呉念庭選手、愛斗選手の調子が下降気味なのも気がかりです。
疲労も出てきていると思いますが絶対的なレギュラーとなるためにもこの壁を乗り越えて欲しいところです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は1安打で2000本安打まで残り32本となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


初回の大量得点と今井投手の好投で快勝(L-M 11回戦)

IMG_1400

勝利


19日はマリーンズと対戦し7-2で勝利しました。

本日のスタメン


山川穂高選手が4番に座り呉念庭選手は6番に入りました。
また金子侑司選手が9番センターで出場しています。

5回まで無安打に抑える


​先発の今井達也投手は7回2失点で勝利投手になりました
5回までは3四球を与えながらも無安打に抑える好投でした。
初回と2回には先頭打者に四球を与えたものの今年はそこから崩れず抑えられています。
また前回登板時は初回に大量援護を貰った直後に失点してしまいましたが、今日は無失点に抑えられたのは良かったと思います。
今後もこのピッチングを続けられれば初の二桁勝利も達成できると思います。

8回は十亀剣投手が無失点に抑えました。
9回は渡邉勇太朗投手が登板し1安打1四球を与えながらも無失点に抑えました。
球速も152km/hを記録していましたし今後の登板も楽しみです。

初回に一挙6点


打線は初回に森友哉選手のホームランで2点を先制すると、その後も相手の2失策などもあり一挙6点を奪い試合を有利に進めました。

更に8回には源田壮亮選手のタイムリーでダメ押しの1点を追加しました。
復帰2戦目となる源田選手は猛打賞に加え守備でも好守を見せてくれました。
状態は悪くなさそうで安心しましたしやはりチームに欠かせない選手だと再認識しました。

しかし快勝した初回に6点を奪ってからは8回まで追加点を奪えなかったのは課題ですし、今日は相手の4失策に助けられた部分もありました。
僅差の試合を落とさないためにはチャンスの場面を逃さず得点を奪っていきたいところです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は2安打で2000本安打まで残り33本となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


源田選手復帰も内容の悪い失点と拙攻で完敗(L-M 10回戦)

IMG_1398

敗戦


18日はマリーンズと対戦0-5で敗れました。

本日の公示


源田壮亮選手が登録され山野辺翔選手が抹消されました。
山野辺選手は実践復帰後の調整は十分ではない感がありましたし守備でのミスもありましたので、今度はしっかりと調整し直して後半戦はまた1軍で活躍を見せて欲しいです。

本日のスタメン


岸潤一郎選手が1番センターで起用され、復帰した源田壮亮選手は2番に入りました。
またメヒア選手が8番指名打者で起用されています。

小刻みな失点


​先発の高橋光成投手は6回2失点で敗戦投手になりました
2回までは危なげなく抑えましたが3回に先頭からの連続四球をきっかけに1点を先制されると、4回にも先頭打者への四球からの連打で1点を追加されます。
5回と6回はまた危なげなく抑えただけに失点した回の乱調が勿体なかったです。
ただし6回に150km/h台を記録するなど投げているボール自体は良くなってきていそうですので次回登板では久々の勝ち星を掴んで欲しいです。

7回は武隈祥太投手が登板し2死1、3塁としたところで森脇亮介投手が登板します。
しかし盗塁を刺そうとした森友哉選手の悪送球で1点を追加されてしまいました。
2死だっただけに無理はせずバッター勝負でも良かったかもしれません。

8回は宮川哲投手が先頭打者に四球を与えますが牽制でアウトを取ります。
これで落ち着くかと思いましたが次打者にソロホームランを打たれてしまいました。
更に続く打者への四球をきっかけに2死2塁となったところで佐野泰雄投手に交代しますが、タイムリーを打たれて更に1点を追加されました。
点の取られ方が悪すぎるため本格的にファーム再調整した方が良い気もします。

佐野泰雄投手は9回も続投し三者凡退に抑えました。
こちらは1軍復帰後の状態は良さそうに思えます。

完封負け


打線は1、2回にマリーンズ先発岩下投手の前に抑えられますが、ファール粘るなどしてある程度の球数を投げさせる事はできました。
しかし3回以降もチャンスを活かせず8残塁を記録し、三振も12個奪われるなど良いところなく完封負けを喫してしまいました。

その中で源田壮亮選手は第1打席でヒットを放つと盗塁も決めました。
好守備も見せるなど状態はそれほど悪くなさそうで安心しました。

一方で岸潤一郎選手の当たりが止まっているのが気がかりです。
打席数が少ないため一時期の若林楽人選手のようにスランプを脱してまた打ち始める可能性もありますが、状態が良ければ源田壮亮選手の1番起用やファームで結果を残している若手外野手の抜擢もあり得るかもしれません。

今日の栗メーター


栗山巧選手は無安打で2000本安打まで残り35本のままとなっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


終盤の好機で勝ち越せず交流戦最終戦を落とす(C-L 3回戦)

IMG_1396

敗戦


15日はカープと対戦し3-5で敗れました。

本日のスタメン


岸潤一郎選手がスタメンを外れ金子侑司選手が1番センターで起用されました。
スパンジェンバーグ選手が2番サードで出場し、前日休養した栗山巧選手が5番レフトでスタメン復帰しています。

痛恨の一発


​先発の松本航投手は4回2失点で降板しました
打順の巡り合わせもありましたが5安打2四球と不安定な内容でした。
マウンドが合わなかったのか球速も出ていなかったのも気がかりです。
交流戦に入ってから調子を落としていますがリーグ戦も再開するためまた5月のような安定したピッチングを見せて欲しいです。

2番手の宮川哲投手は2死から四球を与えると次打者にタイムリーを浴びてしまいました。
四球の判定は際どいものでしたが落ち着いて後続を討ち取って欲しいところでした。
僅差の場面ではまだ不安定な投球の割合が多いため起用法が

3番手の水上由伸投手は1回を無失点に抑えました。
無死1塁からピッチャーライナーを捕球できた事で自らを助けた形となりました。
思い切った起用だったと思いますが2戦連続で持ち味を発揮しています。

4番手の森脇亮介投手は1回を三者凡退に抑えました。
2戦連続の好投で調子は上向いてきたでしょうか。
森脇投手が復調してくるとリリーフ起用も計算しやすくなってくると思います。

5番手のギャレット投手は痛恨の決勝2ランを浴び敗戦投手となりました。
2死からヒットを打たれた後の1発だっただけに非常に勿体ない失点だったと思います。

3度追いつくも勝ち越せず


打線は先制された直後の2回に山田遥楓選手の犠牲フライで同点に追いつきました。
更に1点を勝ち越された直後の5回には代打川越誠司選手のホームランで再度追いつきます。
これで2本目の代打ホームランとなり今後出場機会が増えるかもしれません。

1点ビハインドで迎えた7回には山川穂高選手のホームランで追いつきました。
6年連続の二桁本塁打となりましたが今後更にホームランのペースを上げて欲しいです。

そして8回には1死2、3塁のチャンスを迎えますが後続が倒れ無得点に終わりました。
その裏に決勝点を奪われただけに8回の攻防が明暗を分ける事になりました。
この回は無死1、2塁から4番呉念庭選手に代打岡田雅利選手を起用して送りバントを選択した采配は賛否が分かれると思います。
圧倒的な得点圏打率を誇る呉選手ですが、併殺に倒れるリスクと2、3塁から犠牲フライなどでも1点を奪う確率を天秤にかけての判断だったのだと思います。

これで交流戦成績は五分となりシーズン成績は借金1となりました。
どちらかも貯金で終えたいところでしたがいきなり新型コロナの影響で試合延期と控え野手2名の試合から始まり8連戦で終えた交流戦だけになんとか踏ん張ったとは思います。
パリーグ5位のライオンズですが首位とはまだ4ゲーム差ですし、今後更に主力選手が復帰してきますので18日から再開するリーグ戦で巻き返して欲しいところです。

今日の栗メーター


栗山巧選手は1安打で2000本安打まで残り35本となっています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。