試合結果

復帰した主軸達の活躍で交流戦初戦に勝利(D-L 1回戦)

IMG_2553

勝利


24日は中日と対戦し8-5で勝利しました。

公示


森友哉選手、呉念庭選手、オグレディ選手が登録されました。

スタメン

1番:外崎修汰選手 セカンド
2番:滝澤夏央選手 ショート
3番:オグレディ選手 レフト
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:呉念庭選手 サード
6番:愛斗選手 センター
7番:古賀悠斗選手 キャッチャー
8番:川越誠司選手 ライト
9番:佐藤隼輔選手 ピッチャー

四球からの失点


佐藤隼輔投手3回 被安打3 四死球3 奪三振3 失点3
3回までに3点を失い試合を作る事ができませんでした。
無走者からの四球がいずれも失点に繋がったのが痛かったです。
4点のリードを貰っていただけに思い切って投げて欲しいところでした。

森脇亮介投手1回 被安打2 四死球0 奪三振1 失点0
2死から連打を浴びたものの無失点で切り抜けました。
できればランナーを許さずきっちりと抑えて欲しかったです。

本田圭佑投手2回 被安打0 四死球0 奪三振2 失点0
2回をパーフェクトに抑えて今季初勝利を挙げました。
複数イニングも投げられるためリリーフに欠かせない選手になっています。

水上由伸投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
1回を三者凡退に抑えました。
前回登板の失点は引きずっていないようで安心しました。

宮川哲投手1回 被安打2 四死球0 奪三振0 失点2
先頭打者へのヒットをきっかけに2失点を喫してしまいました。
点差がついていた場面でしたが次戦以降を見据えてもきっちりと抑えたい場面でした。

増田達至投手1回 被安打1 四死球1 奪三振2 失点0
ピンチを招いたもののなんとか無失点に抑えました。
連続三振で切り抜けられたため投げているボール自体は良かったでしょうか。


復帰選手の活躍

打線は初回に呉念庭選手、愛斗選手の連続タイムリーで3点を先制します。
チャンスを逃さずいきなり複数得点を奪えた事で試合を優位に進められました。

2回にはオグレディ選手の犠牲フライで1点を追加します。
更に4回には2点タイムリーも放っています。
1点差に迫られた直後だっただけに大きな得点となりましたし、ファームで無安打だった不安も払拭できたのではと思います。

7回には呉念庭選手が2ランを放ち計4打点の活躍でした。
ファーストとサードを守れ呉選手が復帰した事は編成上も非常に大きいと思います。

森友哉選手は代打で出場し四球を選びました。
当面は様子を見ながら他の捕手陣との併用になるでしょうか。

また愛斗選手は猛打賞の活躍でした。
今のところモデルチェンジが成功しておりこのままレギュラーを獲得して欲しいです。

貧打に苦しんだ打線は主軸の復帰により繋がりを見せました。
もちろんいきなりこの状態が続く訳ではないと思いますが野手陣の層が一気に厚くなっただけでも大きなプラスになると思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


エンス投手好投で連敗ストップ!滝澤選手は初の猛打賞!(F-L 10回戦)

IMG_2547

勝利


22日は日本ハムと対戦し3-0で勝利しました。

公示


内海哲也投手が抹消されました。

スタメン

1番:川越誠司選手 ライト
2番:滝澤夏央選手 ショート
3番:愛斗選手 センター
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:外崎修汰選手 セカンド
6番:栗山巧選手 指名打者
7番:古賀悠斗選手 キャッチャー
8番:高木渉選手 レフト
9番:熊代聖人選手 サード

完封リレー


エンス投手7回 被安打3 四死球0 奪三振2 失点0
7回を僅か3安打に抑えて3勝目を挙げました。
三振は少なかったものの少ない球数でうまく打たせていました。
調子が良い時は制球良く投げ込めているためこの状態を継続したいところです。

平良海馬投手1回 被安打0 四死球0 奪三振3 失点0
1回を三者連続三振に抑えました。
沖縄での乱調を引きずっていないようで安心しました。

増田達至投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 失点0
三者凡退に抑えて今季10セーブ目を記録しました。
今年は安定して結果を残してくれています。


猛打賞

打線は初回に1死満塁から外崎修汰選手のタイムリーと栗山巧選手の内野ゴロの間に幸先よく2点を先制しました。
打線は低迷していますが打順の組み替えが功を奏した形となりました。

8回には栗山巧選手のタイムリーで1点を追加しました。
なかなか追加点を奪えない中で非常に大きな1点だったと思います。

この試合で滝澤夏央選手が初の猛打賞を記録しました。
走塁面では初回に判断ミスがありましたがここまで十分すぎる結果を残しているだけに、今後は1軍レベルの変化球にも対応していきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


打線振るわず今シーズン2度目の5連敗(F-L 10回戦)

IMG_2544

敗戦


21日は日本ハムと対戦し0-4で敗れました。

公示


前日負傷の金子侑司選手が抹消され先発の内海哲也投手が登録されました。

スタメン

1番:山野辺翔選手 サード
2番:岸潤一郎選手 ライト
3番:愛斗選手 センター
4番:山川穂高選手 指名打者
5番:外崎修汰選手 セカンド
6番:川越誠司選手 レフト
7番:古賀悠斗選手 キャッチャー
8番:山田遥楓選手 ファースト
9番:滝澤夏央選手 ショート

早々の失点


内海哲也投手4回2/3 被安打6 四死球1 奪三振3 失点3
初回に先制を許すと2回には2ランを浴びました。
その後は粘りの投球でしたが打線が低迷中のチームにとっては痛い失点でした。

宮川哲投手1回1/3 被安打1 四死球1 奪三振3 失点0
ピンチを三振で切り抜けると2イニング目も無失点に抑えました。
離脱の影響もあまり無さそうでしょうか。

十亀剣投手2回 被安打3 四死球2 奪三振0 失点1
先頭打者への2塁打をきっかけに致命的な失点を喫しました。
この失点が無くても試合の大勢には影響無かったとは思いますが4番を申告敬遠した直後だっただけにしっかりと抑えて欲しかったです。


2安打

打線は愛斗選手、滝澤夏央選手の内野安打2本に抑えられました。

22日までは今の選手構成で臨むのではと思いますので、何とか食らいついて得点を重ねて交流戦前最後の試合に勝利して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


逆転負けに加えて金子選手が負傷退場(F-L 9回戦)

IMG_2541

敗戦


20日は日本ハムと対戦し3-5で敗れました。

スタメン

1番:山野辺翔選手 サード
2番:金子侑司選手 レフト
3番:愛斗選手 ライト
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:外崎修汰選手 セカンド
6番:川越誠司選手 センター
7番:栗山巧選手 指名打者
8番:柘植世那選手 キャッチャー
9番:滝澤夏央選手 ショート

逆転負け


高橋光成投手6回1/3 被安打7 四死球2 奪三振4 失点5
2点リードの2回には内野ゴロの間に1点を失います。
更に7回には満塁から逆転タイムリーを浴びてしまいました。
打線が追加点を奪えない展開ではありましたがエースとしてリードを守って欲しかったです。

森脇亮介投手0回2/3 被安打1 四死球0 奪三振1 失点0
ピンチで登板すると2死から追加点となるタイムリーを打たれました。
しかし厳しい状況だったため仕方なかったでしょうか。

ボー投手1回 被安打1 四死球1 奪三振2 失点0
ピンチを招いたものの無失点に抑えました。
球速は150キロを超えて2三振を奪っています。
しかしまだ制球面は不安があるため重要な場面はまだ厳しいでしょうか。


負傷退場

打線は初回に無死1、3塁のチャンスを作ると愛斗選手の内野ゴロと山川穂高選手のタイムリーの間に幸先よく2点を先制しました。
チャンスを活かせない状態が続いていたため複数得点を奪えたのは良かったと思います。

しかしこの場面で金子侑司選手がバントヒットで出塁した際に脚を痛め交代となりました。
今年は結果を残していただけにチームとしても痛い負傷だと思います。
山川穂高選手も2年連続で足を痛めており札幌ドームが鬼門となっています。

その後は追加点を奪えませんでしたが逆転を許した直後の8回に途中出場の岸潤一郎選手のタイムリーで1点を返しました。
しかしこの場面で更に畳み掛けられないのが今の打線の状態でしょうか。

その中で山野辺翔選手が初の猛打賞に加えて盗塁も決めました。
このまま当面の1番打者として定着できれば得点力向上に繋がるのではと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


隅田投手粘投もミスが相次ぎ連敗で沖縄シリーズを終える(L-H 9回戦)

IMG_2531

敗戦


18日はソフトバンクと対戦し2-3で敗れました。

スタメン

1番:山野辺翔選手 サード
2番:金子侑司選手 レフト
3番:愛斗選手 ライト
4番:山川穂高選手 ファースト
5番:外崎修汰選手 セカンド
6番:栗山巧選手 指名打者
7番:柘植世那選手 キャッチャー
8番:高木渉選手 センター
9番:滝澤夏央選手 ショート

力投実らず


隅田知一郎投手6回 被安打6 四死球3 奪三振9 失点2
初回に3安打を浴びて先制を許すと5回にも追加点を浴びてしまいました。
それでもランナーを出しても三振で切り抜けるなど力投を見せました。
一方で打者に粘られ序盤から球数が増えただけに少ない球数で抑えてたいところです。
この試合も打線の援護を得られなかったため次回登板こそ勝ちをつけて欲しいです。

水上由伸投手1回 被安打2 四死球1 奪三振1 失点1
同点に追いついた直後に勝ち越し点を許してしまいました。
失点が続いておりまだ本調子ではないのか気になるところです。

本田圭佑投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 失点0
これ以上失点が許されない場面でしっかりと三者凡退に抑えました。
他のリリーフ陣が復帰してきても中継ぎ起用のままが良いのではと思います。

宮川哲投手1回 被安打1 四死球0 奪三振1 失点0
2死からヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
コロナからの復帰登板でしたが状態は悪くなさそうで安心しました。


ミスが相次ぐ

打線は2点差の6回に山野辺翔選手のタイムリーと愛斗選手のスクイズで追いつきました。
しかし一気に勝ち越す事ができず、7回以降はランナーは出すものの2度のバント失敗やランナーの飛び出しでチャンスを広げられず得点を奪えませんでした。
打線が低迷しているだけに小技はしっかりと決めて欲しいところです。

6回には滝澤夏央選手が粘って四球を選んだ事がきっかけで同点に追いつきました。
それまでは早打ちで相手先発の杉山投手に球数を投げさせる事ができていなかっただけに、このルーキーのような粘りを主力打者にも見せて欲しいところでした。
もちろん早打ちが悪い訳ではないですがあっさりと凡退が続いていただけに打席での工夫も必要ではと思います。

滝澤選手は7回にはヒットを放ちました。
エース級の投手相手には当たりが止まっていましたが、1軍レベルの投手でもあ程度対応できているのは収穫だと思います。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村