試合結果

シーズン最終戦はサヨナラ押し出しで5位確定できず(F-L 25回戦)

IMG_1800

敗戦


26日はファイターズと対戦し0-1で敗れました。

本日の公示


増田達至投手が登録抹消されました。

本日のスタメン


ブランドン選手、山野辺翔選手、呉念庭選手、山川穂高選手、川越誠司選手、柘植世那選手、外崎修汰選手、岸潤一郎選手、山田遥楓選手​という若手中心のオーダーとなりました。

サヨナラ押し出し


​先発の與座海人投手​は6回を無失点に抑えました
毎回ランナーを出しながらも要所を抑える粘りのピッチングでした。
打線の援護が少なく勝ち星は伸びなかったものの終盤戦に先発として結果を残したことは来シーズンに向けて自信になるのではないでしょうか。

2番手の森脇亮介投手、3番手の公文克彦投手は1回を無失点に抑えました。
来シーズンは開幕からリリーフ陣の中心として期待したいです。

9回に登板した武隈祥太投手は先頭打者にストレートの四球を与えて降板しました。
ベテランとして最後はしっかり押さえて欲しいところでした。

後を受けた田村伊知郎投手は味方の野選などもあり1死満塁とピンチを広げると最後は押し出しを与えてサヨナラ負けを喫しました。
投手陣全体でリーグ断トツの四球数を記録した今シーズンを象徴するようなシーズン最終戦となってしまいました。

完封負け


打線は柘植世那選手、岸潤一郎選手による2安打のみに抑えられシーズン終盤の貧打を克服する事ができませんでした。
また9回に代走で出場した源田壮亮選手も盗塁に失敗し盗塁王争いの単独トップに立つ事ができませんでした。

これで自力で5位を確定できずにシーズンを終えてしまいました。
日本ハムが残り2試合で1敗すれば5位となるだけに優勝の可能性を残している対戦相手のロッテの勝利を願うばかりです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


痛恨のエラーが響いて再び最下位に並ばれる(B-L 25回戦)

IMG_1786

敗戦


21日はバファローズと対戦し2-3で敗れました。

本日の公示


ギャレット投手が登録抹消されました。

本日のスタメン


山野辺翔選手​が8番レフトで出場しました。

貯金作れず


​先発の今井達也投手​は6回3失点で敗戦投手となりました
これで今シーズンは8勝8敗となり貯金を作る事ができませんでした。

3回までは無失点に抑えましたが4回2死から山野辺翔選手の落球で2点を先制されました。
山野辺選手は今シーズンから外野に挑戦したとは言えファームを含めて外野起用はそれほど多くなかっただけに経験不足が出てしまったでしょうか。
5回にはソロホームランを打たれ結果的にこの1点が響いてしまいました。

エラーが無ければ勝てていた可能性もありますが定番になりつつある先頭打者への四球を含め6回までで5四球はやはり多いです。
来シーズンは無駄な四球をあと少し減らせれば二桁勝利に手が届くのではと思います。

2番手の水上由伸投手は1回を三者凡退に抑えました。
来シーズンはシーズンを通して重要な場面を任されるようになって欲しいです。

3番手の大曲錬投手はヒットは打たれたものの無失点に抑えました。
ファームでは崩れる事の多かった連投でしっかり抑えたのは大きいと思います。

3戦連発


打線は6回にブランドン選手のホームランで1点を返します。
初回にも2塁打を放っており今後がますます楽しみです。

9回には山川穂高選手の3試合連続ホームランが飛び出しました。
完全に復調してきているだけに来シーズンもこの感覚を失わないで欲しいです。

結局試合は1点及ばず敗れました。
難敵宮城投手相手に序盤はチャンスを作っただけに早めに点を奪いたいところでした。

これで再び日本ハムにゲーム差なしで並ばれました。
日本ハムの方が試合数が多いだけに厳しいですが最下位は免れるためにも26日の直接対決が重要になりそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


序盤のリードを守り切りホーム最終戦を勝利で飾る(L-F 24回戦)

IMG_1782

勝利


20日はファイターズと対戦し7-5で勝利しました。

本日の公示


松坂大輔投手が登録抹消されました。
ただし試合前にはグラウンドに姿を見せていたようです。

本日のスタメン


柘植世那選手​がスタメンマスクを被りました。

プロ初尽くし


​先発の松本航投手​は5回5失点ながらも勝利投手となりました
2回にホームランで先制を許すと5点リードの4回にも1点を失います。
更に5回には2死からの連打とホームランで1点差に迫られてしまいました。
味方打線が援護してくれていただけに長いイニングをしっかり抑えて欲しかったです。
課題の多い登板だったとは言え初の二桁勝利を達成しましたので来シーズン以降は自信を持って更に飛躍して欲しいです。

2番手の大曲錬投手は1回を三者凡退に抑えました。
初登板から3試合連続での無失点となりプロ初ホールドも記録しました。
順調に成長していけば来シーズンはリリーフの一角を担えるかもしれません。

3番手の公文克彦投手は古巣相手に1回を無失点に抑えました。

リリーフ左腕として安定した結果を残してくれています。

4番手の森脇亮介投手はピンチを招きながらも無失点に抑えました。
またランナーを出す機会が増えているのが少し気がかりです。

5番手の田村伊知郎投手は三者凡退に抑えプロ初セーブを記録しました。
防御率も2点台に突入しましたし来シーズン勝ちパターンを担って欲しいです。

山川選手連発


打線は1点ビハインドの2回に山田遥楓選手、栗山巧選手のタイムリーで一挙5点を奪い逆転に成功しました
山田選手は得点圏打率は高いだけにチャンス以外でも安定して結果を残せれば出場機会も増えてくるのではと思います。

3回には山川穂高選手の2試合連発となる23号で1点を追加しました。
ようやく状態が上がってきたため来季の完全復活の手応えを掴んで欲しいです。

5回には岸潤一郎選手のタイムリーで1点を追加しました。
1点差に迫られた直後だっただけに価値ある一打となりました。

またブランドン選手は猛打賞を記録しました。
10月の打率は3割を超えており来シーズンはレギュラー争いに加わって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


松坂投手の引退登板を飾れず最下位転落(L-F 23回戦)

IMG_4847

敗戦


19日はファイターズと対戦し2-6で敗れました。

本日の公示


​引退登板の松坂大輔投手が登録されました。

本日のスタメン


中村剛也選手​がスタメンを外れ4番には山川穂高選手が入りました。
また呉念庭選手が5番レフトでスタメン起用されています。

松坂投手引退登板


​先発の松坂大輔投手​は先頭打者に四球を与えて降板しました
球速は118km/hでしたが無事に5球を投げられて安心しましたし相手打者もわざと空振りをする事がなかったのも良かったと思います。
ライオンズを支えたスター選手でしたしいろいろな言葉や感情が溢れてきそうですが、まずは23年の現役生活お疲れ様でした!

後を受けた十亀剣投手は1回を無失点に抑えました。
松坂投手の残したランナーを返さずにすんだのは良かったです。

3番手の高橋光成投手は4回を4失点で敗戦投手となりました。
3回に先頭からの3連打で先制を許しますが後続はなんとか抑えました。
しかし5回には無死1、2塁から痛恨の3ランを浴びてしまいました。
リリーフ登板となった事や引退試合の雰囲気も影響したかもしれませんがエースと呼ばれる投手としては抑えて欲しい試合でした。

4番手の水上由伸投手はランナーを出しながらも2回を無失点に抑えました。
終盤戦では不安定な投球も増えてきましたが来シーズンの改善点として更にレベルアップして欲しいです。

5番手の井上広輝投手は2死満塁のピンチを招いて降板しました。
1軍で投げるにはまだ安定感など足りない点もあるため残り試合で更に経験を積んで欲しいです。

6番手の武隈祥太投手は後続を打ち取り無失点で切り抜けました。

7番手のギャレット投手は痛恨の2ランを浴び試合を決められてしました。
2四球を与えるなどやはり制球が安定しない投球が続いています。

山川選手22号


打線は山川穂高選手が4回に同点となる犠牲フライを放つと、8回にもソロホームランを放ちました。
しか打線全体では4安打に抑えられ7回の2死満塁以外はチャンスも作れませんでした。

中村剛也選手が欠場すると得点力が落ちてしまいますがそれ以上に打線全体が不振に陥っています。
最下位を免れるためにも残り3試合の奮起に期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


投手陣は粘投も打線が援護できず敗戦(L-M 25回戦)

IMG_1778

敗戦


18日はマリーンズと対戦し1-2で敗れました。

本日の公示


渡邉勇太朗投手が抹消され先発の與座海人投手が登録されました。

本日のスタメン


源田壮亮選手がスタメンを外れ1番に外崎修汰選手、2番にブランドン選手が入り、ショートは山田遥楓選手が守りました。

與座投手粘投


​先発の與座海人投手​は5回1/3を1失点で降板しました
初回先頭打者にいきなり死球を与えたのをきっかけに先制を許したのは課題ですが、2回以降はランナーを出しつつも無失点に抑える粘りのピッチングでした。
今シーズンは昨年よりも成績を良化させましたが安定して結果を残すためには長いイニングを任されるよう更なる課題克服に努めて欲しいです。

後を受けた公文克彦投手は四球を与えたものの無失点で切り抜けました。
安定して結果を残しており来シーズンはシーズンを通しての活躍を期待したいです。

3番手の森脇亮介投手は1回を1失点で敗戦投手になりました。
2死無走者から失点してしまいましたが3連投となった影響もあったでしょうか。

4番手の田村伊知郎投手は1回を無失点に抑えました。
ただし先頭打者に死球を与えたのは打者の怪我にも繋がるだけに反省点と思います。

5番手の大曲錬投手は1回を無失点に抑えました。
粘られて四球を与えたのは課題ですが1軍でも三振を奪えているのは大きいと思います。


中村選手同点打


打線は初回にブランドン選手が2塁打で出塁すると中村剛也選手のタイムリーですかさず同点に追いつきました。
ブランドン選手は直近の試合では安定して結果を出せているだけに引き続き来季に繋がるような活躍を続けて欲しいです。

しかし2回以降はバント失敗もあるなど大きなチャンスも作れず敗れました。
最下位の可能性もあるだけに残り試合は泥臭くとも点を奪っていって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。