試合結果

投手陣が粘りを見せるも最終回に力尽きる(L-E 21回戦)

IMG_1746

敗戦


9日はイーグルスと対戦し1-2で敗れました。

本日のスタメン


​栗山巧選手、森友哉選手がスタメンを外れ呉念庭選手が3番レフト、岡田雅利選手が8番キャッチャーで出場しました。
また前日に殊勲打を放った山田遥楓選手が9番サードで起用されています。

浜屋投手粘投


​先発の浜屋将太投手​は5回0/3を1失点という内容でした
初回のピンチを凌ぐと2回から4回は三者凡退に抑えます。
しかし5回に連打で先制を許すと6回は無死満塁としたところで降板となりました。
ランナーを出した回の内容は良くなかったもののこれまでの登板に比べて粘りを見せられただけに残りの試合で勝ち星を挙げて来年以降に繋げて欲しいです。

ピンチで登板した武隈祥太投手は外野フライと連続三振で切り抜けました。
ここで複数失点を喫していれば試合が決まっていただけに大きな働きでした。

3番手の水上由伸投手は2死から満塁のピンチを招いて降板しますが、後を受けた公文克彦投手が凌ぎました。
今日はリリーフ左腕達が結果を残した試合となりました。

5番手のギャレット投手はピンチを招いたものの無失点に抑えました。

9回に同点で登板した平良海馬投手は1失点で敗戦投手となりました。
シーズンを通して活躍した唯一のリリーフ投手と言っても良いため疲労も溜まっていると思いますが最近は四球から崩れるパターンが多いのは気がかりです。

チャンスを活かせず


打線は​6回までに4度得点圏にランナーを進めたもののあと1本が出ませんでしたが、7回に代打栗山巧選手のタイムリーでようやく同点に追いつきました。
序盤に得点を奪えていれば違う展開になっていたと思いますが​相手先発の岸投手の前に力負けしてしまったでしょうか。

更に9回にもチャンスを作ったものの後続が倒れてしまいました。
ホークス戦では粘りを見せた打線ですがまたも貧打に戻ってしまっただけに引きずらないで欲しいところです。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


終盤に追いつかれるも打線が粘って突き放す(L-H 25回戦)

IMG_1741

勝利


8日はホークスと対戦し6-2で勝利しました。

本日のスタメン


​打順は前日と同じ並びとなりました

今井投手好投


​先発の今井達也投手​は7回1失点の好投を見せました。
毎回ランナーを出しながらも得点はホームランの1点に抑える粘りの投球でした。
先発の役割を十分に果たしただけに勝ち星をつけてあげたいところでした。

2番手の増田達至投手は同点ホームランを浴びました。
前回登板でも同点ホームランを浴びており不用意な1発は防いで欲しいです。
残り試合では来シーズンの復調に兆しを感じさせる投球を見せて欲しいところです。

後を受けた武隈祥太投手もヒットを打たれ降板しました。
しかし続くギャレット投手がしっかり併殺に抑えた事が大きかったと思います。

9回は平良海馬投手が無失点で締め括りました。

山田選手勝ち越し打


打線は​3回に森友哉選手、5回に栗山巧選手のタイムリーが飛び出します。

そして同点に追い付かれた8回には山田遥楓選手が勝ち越し打を放ちました。
初球バント失敗から2球目をバスターでレフト前に運びました。
打撃ではなかなか結果が出ていませんでしたが大きな働きを見せてくれました。

ムードメーカーの一打に乗せられたのかその後更に3点を奪い試合を決めました。
打線としては良い繋ぎを見せたためここから勢いをつけていきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


松本投手のプロ初完封で快勝を収める(L-H 24回戦)

IMG_1737

勝利


7日はホークスと対戦し7-0で勝利しました。

本日のスタメン


森友哉選手が3番キャッチャーでスタメン復帰しました。

プロ初完封


​先発の松本航投手​は9回を投げ切り見事にプロ初完封勝利を挙げました!
4四球を与えたものの僅か2安打に抑えて10三振を奪うなど135球の力投でした。
これでようやくキャリアハイの8勝目となりましたがこれだけのピッチングをできるだけの力は持っているだけに、不調の期間を短くできれば余裕で二桁は勝てる投手だと思います。

11安打7得点


打線は​相手投手の制球難に漬け込み4回までに4点を奪いました。
2回から4回は毎回満塁のチャンスを作っただけに大量得点を奪いたいところでしたが小刻みにでもしっかり点を奪えたのは良かったと思います。

7回には呉念庭選手のホームラン、源田壮亮選手の犠牲フライ、岸潤一郎選手のタイムリーでダメ押しとなる3点を奪いました。

これで呉選手はホームランを二桁に乗せました。
疲れからか後半戦は不振に陥りましたがまた復調してきた事は来シーズン以降にも繋がるのではないかと思います。

またホームランの1点で終わらず更に繋いで追加点を奪ったのは大きかったです。
源田選手は猛打賞の活躍だっただけにしばらく当たりの出ていなかった1番打者問題を解決させて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4連敗で最下位にゲーム差無しで並ばれる(M-L 24回戦)

IMG_1723

敗戦


6日はマリーンズと対戦し2-4で敗れました。

本日のスタメン


柘植世那選手が先発マスクを被り川越誠司選手が9番ライトで出場しています。

初回の2被弾


​先発の本田圭佑投手​は5回4失点で敗戦投手となりました。
初回にいきなり先頭打者ホームランを打たれると2死後に1発を浴びました。
5回には自身のフィルダースチョイスと悪送球で1点を追加されると、更に内野ゴロの間にも1点を失ってしまいました。
落ち着いて処理していれば無失点で切り抜けられていた可能性もある場面でした。
その他のイニングは悪くはなかっただけに1軍で勝ち星を積み上げていくためにはいかに不用意な失点を防げるかが課題になると思います。

6回からは田村伊知郎投手、十亀剣投手、森脇亮介投手が無失点に抑えました。
リリーフ陣が踏ん張っただけに先発が粘りを見せて欲しい試合でした。

繋がりを欠く打線


打線は​2点リードされた2回に柘植世那選手のタイムリーで1点を返します
更に3点差となった6回には中村剛也選手がソロホームランを放ちました。

しかし打線全体で6安打に抑えられ9回のチャンスにもあと1本が出ませんでした。
6安打の内訳は源田壮亮選手、中村剛也選手、外崎修汰選手がマルチヒットを記録したもので特定の打者にのみヒットが出る状況では得点を奪うのも難しいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


またも打線が沈黙し1安打完封負け(M-L 23回戦)

IMG_1720

敗戦


5日はマリーンズと対戦し0-2で敗れました。

本日のスタメン


源田壮亮選手、岸潤一郎選手​の1、2番にコンビに戻りました。
呉念庭選手、中村剛也選手、外崎修汰選手のクリーンアップ、戸川大輔選手が8番ライトで2試合連続のスタメン出場を果たしています。
また休養のためか森友哉選手がスタメンを外れ岡田雅利選手がマスクを被りました。

好投報われず


​先発の高橋光成投手​は7回2失点ながらも敗戦投手になりました
初回は2死無走者からの連打で失点、2回は先頭打者にヒットを打たれ2死を取った後の失点というのは反省点だと思います。
それでも回までしっかり投げ切っただけに負けがつく内容では無かったと思います。

2番手の公文克彦投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
相手ランナーのミスに助けられた部分もありますが地味ながらもしっかり仕事をしてくれていると思います。

1安打完封


打線は外崎修汰選手の2塁打のみに抑えられました。

相手先発の石川投手に対して粘って球数を投げさせたり、ダブルスチールを成功させたりするなどなんとか点を奪おうという姿勢は見えたと思います。

しかしそれ以上に打線全体の状態が良く無いだけに残り試合も苦しい戦いになりそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。