ファーム

ファーム遠征メンバー:期待の先発投手達が登板!コルデロ選手も早速メンバー入り

IMG_6088

遠征メンバー


16日からファームは敵地でヤクルトと対戦します。

初戦はボー投手、2戦目は羽田慎之介投手、青山美夏人投手、3戦目は菅井信也投手が登板予定です。
今季一軍で初先発し試合を作ったボー投手は次回登板の予定は未定ですが、連戦となるゴールデンウィーク以降に登板機会は巡ってくると思いますのでまずは二軍でしっかり抑えて欲しいです。

また青山投手、羽田投手、菅井投手もここまでは二軍で好投を見せているだけに一軍での先発のチャンスを得られるよう結果を残し続けたいところです。

野手では登録抹消されたコルデロ選手が早速メンバー入りしています。
最終的には一軍レベルの投手に対応していく必要がありますが、まずは二軍で日本の配球などに慣れて本塁打を量産した上で戻ってきて欲しいです。

なお故障のため抹消されているブランドン選手はまだ帯同しないようです。
今年も離脱が長引いてしまわないかが気がかりです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/14三軍戦結果:初回から打線が大爆発!奥村選手は5打点!野村選手は4安打!

IMG_6085

勝利


14日は福島レッドホープスと対戦し16-7で勝利しました。

スタメン


1番:モンテル選手 ライト
2番:奥村光一選手 センター
3番:高木渉選手 レフト
4番:仲三河優太選手 指名打者
5番:村田怜音選手 ファースト
6番:野田海人選手 キャッチャー
7番:金子功児選手 ショート
8番:ジョセフ選手 セカンド
9番:野村和輝選手 サード

制球に苦しむ


黒田将矢投手4回 被安打4 四死球2 奪三振3 自責点2
初回と3回にいずれも四球が絡んで失点し、4回には冒頭による振り逃げを記録するなど荒れ気味の内容でした。
久々の登板だった事に加え味方の攻撃時間が長く難しい部分もあったかもしれませんがキャンプからなかなか状態が上がらない状況が続いています。

シンクレア投手1回2/3 被安打3 四死球5 奪三振4 自責点5
1イニング目は三者連続三振に抑える快投を見せましたが2イニング目は一転して5四球を与えるなど制球に苦しみ大量失点でイニング途中で降板となってしまいました。
球速もあまり出ておらずまだまだ課題は多そうです。

井上広輝投手1回1/3 被安打0 四死球0 奪三振3 自責点0
ピンチで登板して三振を切り抜けると2イニング目も三者凡退に抑えました。
このピッチングを二軍でも継続できれば支配下復帰も見えてくると思います。

伊藤翔投手1回 被安打1 四死球1 奪三振0 自責点0
ピンチを招いたものの無失点に抑えました。
支配下復帰に向けては抑えるだけでなく自身の武器をアピールする必要もあるのではと思います。

宮澤太成投手1回 被安打1 四死球0 奪三振1 自責点0
ヒットは打たれたものの無失点に抑えました。
球速やフォークのキレなどを更に磨いてまずは二軍での登板を増やしたいところです。


猛攻

打線はNPBで実績のある福井投手から初回にいきなり10点を奪うなど19安打で16点を奪う猛攻を見せました。

奥村光一選手は三塁打を含む3本のタイムリーで5打点を挙げ更に盗塁も決める活躍を見せました。
一軍はまだリードオフマンを固定できていないだけに三軍、更に二軍で結果を残せば支配下登録の可能性も見えてくると思います。

また野村和輝選手は4安打2打点の活躍でした。
ただし全てシングルヒットだったため長打も増やしたいところです。

他にもモンテル選手、高木渉選手、仲三河優太選手、野田海人選手、金子功児選手がマルチヒットを記録しました。
三軍で猛アピールして二軍枠争いを激化させて野手の層を厚くして欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/14イースタンリーグ結果:渡部選手が先制弾を放つも以降は攻めきれず延長で敗れる

IMG_6082

敗戦


14日は巨人と対戦し2-3で敗れました。

スタメン


1番:長谷川信哉選手 センター
2番:山野辺翔選手 セカンド
3番:牧野翔矢選手 指名打者
4番:渡部健人選手 サード
5番:平沼翔太選手 ファースト
6番:蛭間拓哉選手 ライト
7番:滝澤夏央選手 ショート
8番:若林楽人選手 レフト
9番:柘植世那選手 キャッチャー

粘投


ロペス投手5回 被安打4 四死球4 奪三振3 自責点2
4回までは抑えていたものの5回に2四球をきっかけに2点を奪われました。
制球面に加えスタミナにも課題が残りそうですが二軍でもある程度試合を作れたのは収穫ではと思います。

齊藤大将投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 自責点0
連投となりましたが1イニングを三者凡退に抑えました。
右打者から三振を奪えたのは良かったのではと思います。

豆田泰志投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 自責点0
早速再調整登板となりましたが味方エラーはあったものの無失点に抑えました。
二軍ではある程度勢いで抑えられるかもしれませんが変化球を含めた投球術も高めたいところです。

平井克典投手1回 被安打2 四死球1 奪三振1 自責点0
結果的に無失点に抑えたものの内容は良くありませんでした。
リリーフの層を厚くするためにも必要な選手ですし状態を上げて欲しいです。

糸川亮太投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 自責点0
1イニングを三者凡退に抑えました。
ただし甘めのボールも多かったように見えますし球速も更にアップさせたいところです。

上田大河投手1回 被安打1 四死球2 奪三振1 自責点0
一死三塁、更には二死満塁のピンチを招いたものの無失点で凌ぎました。
ピンチでも動じず抑え切った点は良かったのではと思います。

赤上優人投手1回 被安打2 四死球0 三振1 自責点0
先頭打者への二塁打を足がかりに決勝点を奪われました。
それでも150キロを記録するなど球威がありそうなのは良かったと思います。


先制弾

打線は初回に渡部健人選手の本塁打で2点を先制します。
本塁打のペースが上がっているのは良いですが一軍のファーストやサードは飽和気味のため一軍昇格のチャンスを得るためにはもう少し確実性を高めて圧倒的な成績を残してたいところです。

しかし以降はランナーを出しながらも走塁ミスなどもあり得点を奪えませんでした。
一軍と同様にチャンスでの一打を期待したいところです。

その中で若林楽人選手は二塁打を含む猛打賞を記録しました。
調子は上がってきているようですが状況に応じた打撃も身につけて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/13三軍戦結果:上間投手好投!仲三河選手は4安打の活躍!

IMG_6078

勝利


13日は福島レッドホープスと対戦し7-0で勝利しました。

スタメン


1番:古川雄大選手 ライト
2番:モンテル選手 センター
3番:高木渉選手 指名打者
4番:仲三河優太選手 レフト
5番:村田怜音選手 ファースト
6番:是澤涼輔選手 キャッチャー
7番:金子功児選手 ショート
8番:ジョセフ選手 セカンド
9番:野村和輝選手 サード

好投


上間永遠投手8回 被安打3 四死球0 奪三振4 自責点2
8回を無失点に抑える好投を見せました。
無四球と持ち味を発揮したようですし球数は90球未満で完封も狙えるペースでした。
三軍でこのピッチングを続けてまずは二軍での登板機会を得たいところです。

木瀬翔太投手1回 被安打0 四死球0 奪三振0 自責点0
1イニングを三者凡退に抑えました。
球速は140キロ台中盤ですがデビューから2試合連続で三者凡退に抑えており今後の成長が楽しみです。


4安打

打線では仲三河優太選手が4安打に活躍を見せました。
2回と3回にはヒットで得点の契機を作り、5回にはタイムリーを放ちました。
更に盗塁も決めるなど足でもアピールしており今季は打撃面で安定して結果を残して欲しいです。

また金子功児選手、村田怜音選手もタイムリーを放ちました。
先制打を放った金子選手は勝負強さを見せており個人的に楽しみにしています。
また村田選手はまずは三軍で圧倒的な成績を残して二軍での出場機会を増やしたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/13イースタンリーグ結果:浜屋投手粘投!滝澤選手が2戦連続適時打も競り負ける

IMG_6076

敗戦


13日は巨人と対戦し2-3で敗れました。

スタメン


1番:山野辺翔選手 レフト
2番:鈴木将平選手 センター
3番:ガルシア選手 ライト
4番:渡部健人選手 ファースト
5番:平沼翔太選手 サード
6番:若林楽人選手 指名打者
7番:牧野翔矢選手 キャッチャー
8番:滝澤夏央選手 ショート
9番:川野涼多選手 セカンド

粘投


浜屋将太投手6回 被安打5 四死球2 奪三振5 自責点1
ランナーを出しながらも粘りの投球で1失点に抑えました。
6回二死ランナーなしから自身も含む連続エラーが絡んで失点したのは勿体無かったですが、三振も奪えており昨年より内容は良いため一軍登板のチャンスを得られるよう好投を続けて欲しいです。

平井克典投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 自責点0
1イニングを三者凡退に抑えました。
一軍リリーフも状態が悪い投手が出てきただけに完全復調が待たれます。

齊藤大将投手1回 被安打0 四死球0 奪三振1 自責点0
同じく三者凡退に抑えました。
早期の支配下復帰は無いと思われるため継続して抑え続けたいところです。

上田大河投手1回 被安打1 四死球0 奪三振1 自責点0
ヒットは打たれたものの無失点に抑えました。
もう少し球威等を上げられるよう焦らず調整して欲しいです。

大曲錬投手1回 被安打1 四死球2 奪三振1 自責点2
二死から四死球でランナーを貯めると2点タイムリーを浴びました。
やはり課題の制球面を克服できなけれなば安定した結果を残すのは難しいと思います。


2戦連続タイムリー

巨人投手陣を攻めあぐねていた打線は9回に滝澤夏央選手が同点タイムリーを放ちます。
2戦連続タイムリーとなり打撃の状態は上向きのようですが、昨年からエラーが目立つためミスは減らしたいところです。

2点を勝ち越された10回には平沼翔太選手が1点差にタイムリーを放ちました。
マルチヒットを記録しており実戦復帰してからいきなり結果を残しているため早期の一軍復帰が待たれます。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
カテゴリー
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村