ファーム

4/11ファーム結果:吉川投手大炎上で逆転負け


IMG_1172

敗戦


11日のイースタンリーグはマリーンズと対戦し3-7で敗れました。

吉川投手炎上


先発の大窪士夢投手は5回1失点とまずまずの内容でした。
4四球を与えるなど制球面は課題ですがランナーを出しても崩れなくなってきています。
育成選手の節目となる3年目だけに更に成長して欲しいところです。

2番手の渡邉勇太朗投手は2回無失点で2奪三振を奪いました。
前回の先発登板ではKOされましたが短いイニングであれば力で抑え込めるのかもしれません。
しかし球団としては先発として期待していると思いますので、長いイニングを投げ切れるようになって欲しいところです。

2点リードで登板した吉川光夫投手は1回6失点と大炎上してしまいました。
味方のエラーもあったものの3安打3四球と大荒れの内容でした。
6日の1軍イーグルス戦に続く炎上となり厳しい立場となりそうです。

川越選手復調傾向


​​​​打線は川越誠司選手が2安打1打点の活躍でした
低迷していた打率も.250となり調子を上げてきているようです。
1軍の外野争いでは若手がアピールしていますが、そこに食い込む活躍を期待したいです。

山村崇嘉選手は2安打2四球で4出塁の働きでした。
徐々にヒットが出るようになってきておりプロの球に適応してきているかもしれません。
将来の主軸打者として期待は高いだけに大きく成長して欲しいです。

なおこの試合では捕手の齊藤誠人選手がサードでスタメン出場しています。
ファームの試合を行うのも厳しくなってきていますので故障者の早めの復帰を願うばかりです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/10ファーム結果:試合は完敗も初先発の大曲投手が好投


IMG_1168

敗戦


10日のイースタンリーグはマリーンズと対戦し1-7で敗れました。

大曲投手初先発


初​先発の大曲錬投手は敗戦投手になったものの5回を被安打2で1失点という好投でした。
失点は味方のエラーによるものでしたし、球数も79球で5回に149km/hを記録するなどまだ余力はあったのでは無いかと思います。
4四球を与えた制球面は課題ですが今後の実戦で変化球の精度などを上げて欲しいです。

2番手の豆田泰志投手は2/3回を投げて3四球を与えるなど3失点でした。
疲労もあるのかプロの壁にぶつかりつつありますが、少しずつ課題克服に努めて欲しいです。

豆田投手の残したピンチで登板した松岡洸希投手は自責点はつかなかったものの、タイムリーと押し出しで豆田投手の残したランナーを2人返してしまいました。
今年は好投を見せていた松岡投手ですが星球面はまだアバウトなだけに、ピンチの場面ではまだ課題が残るかもしれません。

今季イースタンリーグ初登板の中塚駿太投手は4四死球を与え押し出しで1点を失いました。
もともと遠征メンバーには入っていなかっただけに、しっかり調整できていたのかは気になるところです。

水上由伸投手は味方のエラーもあり1回2失点という内容でした。
打たれるケースが目立ってきましたが実戦を通して成長して欲しいです。

意地のタイムリー


​​​​打線は9回に中熊大智選手のタイムリーで1点を返すのがやっとでした
イースタンリーグ序盤は不振だった中熊選手ですが、今日はマルチヒッチを放っており打撃の調子は上がってきているようです。

またブランドン選手は復帰後初ヒットを放ちファーストも守りました。
ただし2塁ランナーとして味方の外野フライでタッチアップした際に3塁でアウトになるというミスもあったため、各プレーの判断力を高めたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/9ファーム結果:與座好投もチャンスを活かせず完封負け


IMG_1747

完封負け


9日のイースタンリーグはマリーンズと対戦し0-1で敗れました。

與座投手完投


​先発の與座海人投手は敗戦投手になったものの8回を投げ切り1失点という内容でした
被安打は5本のみでピンチの場面でも動じる事なく投げられておりナイスピッチングだったのではないかと思います。
強いて言えば四球数も3個と多くはないものの、打たせてとるタイプのため極力無駄なランナーは出したくないところです。
今シーズンも1軍登板のチャンスを掴むためにも続けて結果を残したいところです。

ブランドン選手復帰


​​​​打線は離脱していたブランドン選手が4番指名打者で復帰しました。
無安打に終わりましたがまずはフル出場できた事は良かったのではと思います。
守備も含めて問題なく動けるようになればまた1軍昇格のチャンスはあると思います。

また育成のジョセフ選手がイースタンリーグ初ヒットを放ちました。
プロ入り後は体力面を含めて壁にぶつかっている印象がありますが、状態を上げていくきっかけになればと思います。
ただし足も武器ではありますが牽制で誘い出されてアウトになったのは反省点ですので、走塁面もプロに適応していって欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/8ファーム結果:1軍若手野手たちの1発などで逆転勝ち


IMG_1158

勝利


8日のイースタンリーグはファイターズと対戦し7-5で勝利しました。

内海投手先発


​先発の内海哲也投手は先頭打者にいきなり死球を与えるなど、初回に2死球と3安打で3点を先制されていまいます
その後も4四球を与えるなど制球が安定せず6回4失点という結果でした。
今年はキャンプから離脱する事なく順調にきていましたが、今日の投球内容ではしばらくは1軍のマウンドは厳しいかもしれません。

2番手の松岡洸希投手は1回を無失点に抑えたものの2四球を与えるなど制球に苦しみました。
しかし球速は出ており四球の後に崩れなかったのは成長かもしれません。

前回炎上した水上由伸投手は1回を投げランニングホームランで1点を失いました。
ただし川越選手の守備が拙かった面もあり内容自体は悪くなかったと思います。

最終回は大窪士夢投手が無失点で締め括りました。
トルネード気味のフォームに変えてから大崩れしなくなってきているだけに、継続して結果を残していきたいところです。

渡部選手5号ホームラン


​​​​打線は1軍帯同中の西川愛也選手の先頭打者ホームランで1点を返します。
今年はまだ1軍でヒットを打てていないだけに浮上のきっかけとしたいところです。

更に4回には同じ1軍帯同中の渡部健人選手が同点2ランを放ちました。
7回にもタイムリーを放っており、1軍でホームランを放った事でファームでは余裕を持って打席に入れているのかもしれません。

4回には中熊大智選手、牧野翔矢選手にもタイムリーが飛び出しています。
次世代の1軍捕手候補として打撃でもアピールを続けて欲しいところです。ー

なお栗山巧選手ブランドン選手も2軍で練習参加していたようです。
身体を万全な状態に戻した上でまた1軍で活躍を見せて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


4/7ファーム結果:小川投手復帰登板!試合は最終回に追いつかれ引き分け


IMG_1713

引き分け


7日のイースタンリーグはファイターズと対戦し6-6で引き分けました。

小川投手復帰


​先発の本田圭佑投手は6回2失点という結果でした。
8奪三振を奪ったものの無死や1死からランナーを出す事が多く四死球も5個与えました。
結果として6回で124球も費やしており1軍昇格に向けてはまだ厳しいのではと思います。

2番手として小川龍也投手が左肘手術からの復帰登板を果たしました。
いきなり無死1、2塁のピンチを招いたものの無失点に抑えています。
球速は130km/h程度でこれから状態を上げていく必要があると思いますが、まずは1イニングを投げきれた事が収穫ではと思います。

3番手の武隈祥太投手は満塁のピンチを招いたものの1回を無失点に抑えました。
味方のエラーがあったとは言え四球などでのランナーは減らしたいところです。

最終回は豆田泰志投手が登板しましたが1回を4失点で同点に追い付かれてしまいました。
変化球を打たれてピンチを招いたため変化球の精度を高める必要があるかもしれません。
ついにプロの洗礼を浴びた形となってしまいましたが、これまで高卒育成ルーキーとして想像以上の結果を残してきていますので、今回の炎上を糧にまたステップアップして欲しいです。

愛斗選手好調をキープ


​​​​打線では愛斗選手が2試合連続ホームランを含む猛打賞と好調をキープしています。
外角に変化球という入団からの課題は残っていますが、1軍の状況次第では岸潤一郎選手あたりとの入れ替えもあるかもしれません。

この試合ではチャンスの場面でルーキーの山村崇嘉選手、ジョセフ選手に打席が回りましたがタイムリーを放つ事はできませんでした。
打撃面でプロの壁にぶつかっている感はありますが実戦を積んで大きく成長してくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。