ファーム

松井2軍監督は守備力強化を目標に掲げる


IMG_0856

1軍を脅かす選手の育成


松井稼頭央2軍監督は来季の目標として守備力強化を掲げました。

今シーズン序盤は好調だったものの不祥事による投打の主力の離脱や選手の故障などにより成績が下降し、大型連敗も喫するなどしてイースタンリーグ最下位となりました。
ファームは育成の場ではありますがプロとして勝ち癖をつける事も必要だと思います。

​野手は秋山選手がMLBに移籍し外野の枠が空いたため、川越選手、鈴木選手、高木選手、西川選手などが1軍を経験しましたが、レギュラー奪取とはなりませんでした。
辻監督は守備力を重視する傾向にあるため、守備に課題のある高木選手や西川選手などは守備力を鍛える事で1軍でも我慢して使って貰えるようになるかもしれません。

また松井2軍監督が期待する若手として川野選手の名前を挙げました。
守備に関しては自信より上手いと評しており、打撃も高卒ルーキーとしては十分な結果を残しました。
ショートのスイッチヒッターという事で松井2世とも言われているものの今はまだ松井5世としておいて、そこから最終的には自信を追い越して欲しいと期待しているようです。

投手は防御率リーグ最下位となり1軍に新戦力を送り込む事ができませんでした。
1軍はリリーフは安定していたものの先発が不足していましたが、昇格候補に名前が挙がるのは決まってベテランくらいで、若手投手の台頭がありませんでした。
しかしフェニックスリーグでは井上投手、渡邉投手、上間投手、出井投手などがまずまずのピッチングを見せてくれていたため、来季はさらにレベルアップして1軍を経験する選手が出てきて欲しいです。

投打共に楽しみな若手選手はいますし、ドラフトでも面白い選手達を獲得しましたので、来シーズンはファームも勝ち星を積み重ね、さらに1人でも多くの選手達が1軍の戦力として台頭してくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




フェニックスリーグ野手成績その3

IMG_0810


フェニックスリーグの外野陣の打撃成績です。
※スコアシートから手計算しているため誤り等あるかもしれませんのでご容赦ください。

西川愛也選手


15試合 39打数 5安打 0HR 2打点 打率.128

シーズン終盤からの不振を引きずったままの成績となりました。
1軍での初安打を記録するなど打撃センスは高いですが不振が長引く傾向にあるため、状態の悪い時でもある程度の成績は残しつつ、不振脱却のきっかけを早く掴めるような引き出しを増やしていって欲しいです。

愛斗選手


14試合 53打数 13安打 0HR 5打点 打率.245

ホームランも出ず少し物足りない結果となりました。
2軍ではある程度の成績は残すものの1軍での課題を克服できない状態が続いているため、今オフに就任した高山コーチの指導で飛躍のきっかけを掴んで欲しいです。

戸川大輔選手


14試合 35打数 8安打 1HR 6打点 打率.229

パワーに魅力はあるもののなかなか殻を破れないでいます。
ドラフトで外野手を多く指名しただけに来シーズンは背水の陣のつもりで臨んで欲しいです。

岸潤一郎選手


14試合 31打数 3安打 0HR 0打点 打率.097

シーズン終盤の好調さから一転してヒットが出ずに苦しむ結果となりました。
自主トレとキャンプで問題点を見直し、1軍の外野争いに加わって欲しいです。

高木渉選手


17試合 57打数 11安打 1HR 6打点 打率.193

高木選手もシーズン終盤の不調を引きずり、更にホームラン1本以外は全てシングルヒットと持ち前のパワーを発揮する事ができませんでした。
一方で18四球を選んでおり選球眼はあるのかもしれませんし、もしかしたら真っ向勝負を避けられた部分もあるかもしれません。
1軍で主軸を打てるようになるために甘い球を見逃さず長打を打てる技術を身につけて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



フェニックスリーグ野手成績その2

IMG_0809


フェニックスリーグの内野陣の打撃成績です。
※スコアシートから手計算しているため誤り等あるかもしれませんのでご容赦ください。

山野辺翔選手


13試合 41打数 13安打 0HR 3打点 打率.317

シーズン終盤に1軍で活躍した事もあり3割を超える打率を記録しました。
盗塁も決めるなど走力もありますので、来シーズンはリードオフマンとして大ブレイクを果たして欲しいです。

呉念庭選手


11試合 20打数 1安打 0HR 2打点 打率.050

シーズン終盤に1軍でヒットが出始めましたが、山野辺選手とは対照的にフェニックスリーグでは1安打のみで終わってしまいました。
ただし1軍のCS争いに加わり心身の疲労があったかもしれず、もともと2軍レベルの投手はある程度打てているためさほど心配はいらないかなと思います。
来シーズンはまずは1軍の代打からスタメン出場機会を増やして欲しいです。

山田遥楓選手


17試合 60打数 17安打 0HR 10打点 打率.283

全試合に出場しある程度の結果は残せました。
ただし6年目という事を考えると少し物足りなさを感じましたし、1軍のサード不足時も昇格の機会が無かったのはその辺りも影響しているかもしれません。
1軍定着に向けて2軍では3割を打てるようになって欲しいところです。

川野涼多選手


17試合 55打数 13安打 0HR 2打点 打率.236

同じく全試合に出場し主に1番打者として起用されました。
疲れからか後半は当たりが止まってきましたがそれでも高卒ルーキーとしてはまずまずですし、14四球を選ぶなど選球眼の良さも光りました。
このまま順調に成長を続けて1軍のショート争いに加わって欲しいです。

綱島龍生選手


16試合 50打数 11安打 0HR 4打点 打率.220

イースタンリーグ後半の好調さを考えると物足りなさを感じましたし、19三振も喫してしまったのが気がかりではあります。
とはいえ今シーズンは打撃面で大きく成長しましたので、来シーズンはセカンドやサードのサブ要員に名前が上がるようになって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



フェニックスリーグ野手成績その1

IMG_0805


フェニックスリーグの捕手陣の打撃成績です。
※スコアシートから手計算しているため誤り等あるかもしれませんのでご容赦ください。

柘植世那選手


9試合 27打数 8安打 0HR 3打点 打率.296

ルーキーながら1軍の第三捕手として定着していただけに、三振数は少し多めでしたが2軍レベルの投手相手という事でそこそこの打率を残しました。
攻守で課題はまだあるだけに数多くの実践経験を積んで成長して欲しいです。

牧野翔矢選手


10試合 32打数 7安打 0HR 1打点 打率.219

打撃面は少しずつ成長してきています。
まだ高卒2年目ですがファームでも多くの試合に起用されるなど期待されているようですので、1軍捕手争いに割って入れるようレベルアップしていって欲しいです。

駒月仁人選手


1試合 2打数 0安打 0HR 0打点 打率.000

途中で帰京して秋季練習に合流したため1試合のみの出場でした。
ファームでも立場が厳しくなってきていますので、キャンプで大きくアピールできるようオフの間で準備をして欲しいところです。

齊藤誠人選手


8試合 9打数 2安打 0HR 0打点 打率.222

柘植選手、牧野選手が優先的に起用されたため出場試合数が限られていました。
強肩という武器はあるものの打撃面が課題のため、攻守でアピールできるようになって欲しいです。

中熊大智選手


10試合 28打数 10安打 1HR 4打点 打率.357

ハイアベレージを記録し来シーズンの支配下登録も視野に入ってきています。

フェニックスリーグでもファーストでの起用が主でしたが捕手として勝負したいようですので、森選手に対抗できるような強打の捕手となる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



フェニックスリーグ投手成績その3

IMG_0797



フェニックスリーグで主にリリーフで起用された投手の成績パート2です。
※スコアシートから手計算しているため誤り等あるかもしれませんのでご容赦ください。

松岡洸希投手


6試合 6回 2被安打 4四死球 6奪三振 防御率0.00 WHIP0.83

ルーキーイヤーは2軍でも崩れる事が多かったですが、課題の課題の四死球は多めだったもののフェニックスリーグは無失点で終えました。
投手経験は浅く伸び代は大きいたため、フェニックスリーグでは抑えられた事を自信として来シーズンはさらに飛躍して欲しいです。

中塚駿太投手


5試合 6回 2被安打 2四死球 2奪三振 防御率0.00 WHIP0.67

同じく無失点で終えました。
被安打や与四球は少なく安定していたようですが、速球にしては奪三振が物足りないです。
1軍で結果を出すためにも三振を奪えるような武器となるボール磨いて欲しいところです。

東野葵投手


4試合 5回 6被安打 1四死球 4奪三振 防御率7.20 WHIP1.40

初戦に炎上したものの残りの試合は無失点に抑えました。
来シーズンは支配下登録されなければ一度自由契約となる3年目ですが、チームに不足している左腕という事もあり成長に期待したいです。

大窪士夢投手


6試合 8回 9被安打 8四死球 1奪三振 防御率4.50 WHIP1.88

被安打も与四球も多く安定していなかったようです。
育成に時間のかかる完全な素材型ですが同じく育成3年目となります。
このオフで体重を増やすとの事で、軸が安定して大きな身体を理想通りに扱えるようになれば大化けするかもしれません。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。