ファーム

9/16ファーム結果:豆田投手が試合を作り逃げ切り勝ち


IMG_1662

勝利


16日のイースタンリーグはスワローズと対戦し6-5で勝利しました。

豆田投手先発


先発の豆田泰志投手は6回1/3を4失点で勝利投手になりました
立ち上がりはややボール先行気味だったものの6回までは3安打無失点に抑え、更に無四球という素晴らしいピッチングでした。
続投した7回は2四球と2安打で2点を失ったところで降板となりスタミナ面にまだ課題はあると思いますが、その点は徐々にプロの身体を作っていければと思います。

2番手の大曲錬投手は2/3回を投げて1失点でした。
ピンチで登板し先頭打者からは三振を奪ったものの、そこから3連打を浴びて3点を追加されてしまいました。
厳しい場面でしたが2死からの複数失点は勿体なかったです。

3番手の小川龍也投手は1回を三者凡退に抑えました。
同じ左腕の公文克彦投手が1軍に合流しただけに負けじとアピールを続けて欲しいです。

4番手の井上広輝投手はピンチを招き前日の逆転サヨナラ負けが頭をよぎりましたが、今日はなんとか抑えて試合を締め括りました。
2死無走者から連打を浴びたのは反省点だと思います。


綱島選手連日の活躍

​打線は2回に綱島龍生選手​のタイムリーで3点を先制しました
前日の4打点に続く活躍で勝負強さを発揮しています。

4回には山野辺翔選手がソロホームランを記録しました。
ただしヒットはこの1本だっただけに複数安打で打率を上げていきたいところです。

中熊大智選手も2点タイムリーを含むマルチヒットの活躍でした。
こちらも前日に続く活躍で支配下登録に少しずつ前進というところでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/15ファーム結果:綱島選手4打点もリードを守れずサヨナラ負け


IMG_1659

敗戦


15日のイースタンリーグはスワローズと対戦し5-6で敗れました。

内海投手先発


先発の内海哲也投手は3回無失点でした
2安打無四球とまずまずの内容でしたが久々登板という事で球数限定だったでしょうか。
ベテランの力は必要になると思いますので状態を上げて欲しいところです。

2番手の出井敏博投手は1回を1失点でした。
連投の影響もあったかもしれませんが先頭打者へに四球が失点に結びつきました。
タイプ的にも制球力を高めて無駄な四球を減らしたいところです。

3番手のダーモディ投手は1回を2失点でした。
こちらも連投になると不安定な内容になってしまう傾向が強いように思えます。

4番手の大曲錬投手は1回を無失点に抑えました。
満塁のピンチは招いたものの後続を抑えています。

5番手の小川龍也投手は1回を無失点に抑えました。
しかしやはりピンチを招いておりこの不安定さが1軍復帰できない要因かもしれません。

6番手の公文克彦投手は1回を1失点でした。
自身のエラーが失点に結びついており評価の難しい内容でした。
16日の試合で連投テストがあるでしょうか。

7番手の井上広輝投手は2点を失いサヨナラ負けを喫しました。
最近は好投が続いていましたが失敗も経験して更に成長して欲しいです。


綱島選手4打点

​打線は綱島龍生選手が4打点の活躍でした
犠牲フライ、内野ゴロ、タイムリー、押し出し死球と全て違う形での打点でした。
もちろんタイムリーを打てるのが理想ですがどのような形でもチャンスを潰さずに得点を奪う事は非常に重要だと思います。

中熊大智選手もタイムリーを含む猛打賞の活躍でした。
この調子でシーズンオフの支配下登録を勝ち取れるでしょうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/14ファーム結果:ベテラン左腕たちが打たれて敗れる


IMG_1657

敗戦


14日のイースタンリーグはスワローズと対戦し4-5で敗れました。

榎田投手先発


先発の榎田大樹投手は3回2失点でした
4安打を浴びるなど状態は良くなさそうでしたが、3回で降板したためまだ負傷明けからの調整段階だと思います。
終盤戦では1軍登板できるよう状態を上げていきたいところです。

2番手の伊藤翔投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
今シーズンはファームでフォームを固めながら安定感を高めていく事になるでしょうか。

3番手の吉川光夫投手はホームランを浴びて3点を失いました。
味方のエラーがあったとはいえ3安打2四球といういまいちな内容でした。
これで登板時は10イニング連続失点となったようで厳しい状態となっています。

4番手のダーモディ投手はピンチを招いたものの無失点に抑えました。
2三振を奪いましたがこれを継続できるようになって欲しいところです。

5番手の出井敏博投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
球速は145km/hを記録しており球威が増してきたかもしれません。

6番手の佐野泰雄投手は1安打四球を許したところで日没コールドとなりました。
キャッチャーが見づらい等あったかもしれませんが安定しない状態が続いています。


愛斗選手ホームラン

​打線は5回に山野辺翔選手のタイムリー1点を返しました
マルチヒットに加えて盗塁を記録しており状態が上がってきたでしょうか。

7回にはワイルドピッチとブランドン選手のタイムリーで3点を奪いました。
将来の中軸候補として今後もチャンスの場面で打ち続けて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/13ファーム結果:與座投手の好投で同一カード3連勝


IMG_1654

勝利


13日のイースタンリーグはイーグルスと対戦し4-1で勝利しました。

與座投手先発


先発の與座海人投手は7回無失点で勝利投手となりました
6安打2四球とランナーは出したもののピンチの場面ではしっかりと抑えています。
また1軍での先発のチャンスはあると思いますが、同様のピンチの場面で1軍レベルの打者を落ち着いて抑えられるかがポイントとなるでしょうか。

2番手の宮川哲投手は2安打を浴びて1失点でした。
ファームでも失点する割合が多いように思えますので、1軍復帰の時期は意識せずに1度調整をし直しても良いかもしれません。

3番手の小川龍也投手はヒットを打たれたものの無失点に抑えました。
結果を残しても1軍復帰が遠いため現状のチーム内での立ち位置が気になるところです。


愛斗選手ホームラン

​打線は初回にブランドン選手、高木渉選手のタイムリーで3点を先制しました
両選手共にまずはファームで3割を大きく超えるくらいの結果を残して欲しいところです。

5回には1軍から参加した愛斗選手がソロホームランを放ちました。
1軍ではスタメン落ちが増えていますが守備力は高いだけに打撃面で復調して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


9/12ファーム結果:投手陣が踏ん張り2試合連続の完封勝ち


IMG_1651

勝利


12日のイースタンリーグはイーグルスと対戦し3-0で勝利しました。

上間投手先発


先発の上間永遠投手は5回を無失点に抑えました
相手打線を3安打に抑えたものの球速などは少し物足りなさを感じました。
早々の1軍昇格というよりは将来を見据えて実戦経験を積んでいくのが良いかもしれません。

2番手の佐野泰雄投手はヒットを打たれたものの後続を抑えました。
しかし1軍復帰のためにはもう少しファームで安定した内容を続けたいところです。

3番手の大曲錬投手は1回を三者凡退に抑えました。
連投でも崩れる事が少なくなってきたように思えます。

4番手の公文克彦投手はヒットと拙い守備でピンチを招きましたが無失点に抑えました。
1軍で投げる姿を見たいですが1軍合流は連投テストを経てからでしょうか。

5番手の井上広輝投手は2安打を浴びたものの無失点に抑えました。
9回での起用が増えていますがリリーフとして考えているのか、先発育成を前提としてまずは短いイニングを抑える段階なのかは気になるところです。


鈴木選手マルチヒット

​打線は相手の好守もありなかなか得点を奪えませんでしたが6回に鈴木将平選手のタイムリーと渡部健人選手の犠牲フライで2点を先制しました。
鈴木選手は2試合連続のマルチヒットと好調を維持しています。

7回には山野辺翔選手のタイムリーで1点を追加しました。
シーズンも終盤に差し掛かっているだけに猛アピールを続けて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。