プロスペクト

期待の若手選手④:渡邉勇太朗投手

image

経歴


渡邉勇太朗投手は浦和学院高校から2018年ドラフト2位でライオンズに入団しました。

高校時代は故障もあり野球を辞めようと思った時期もあったようですが、チームメイトのサポートもありチームに復帰します。
そして第100回となる2018年の夏の甲子園で素晴らしいピッチングを見せて注目を浴びるも、準々決勝でこの年優勝する大阪桐蔭高校に大敗を喫してしまいました。

ドラフト時には外れ1位候補にも名前が上がっていただけに、全体11番目となるライオンズの2巡目指名時にまだ渡邉投手が残っていたのには驚きました。

近い将来のローテーション候補


渡邉投手のストレートは魅力的ですし変化球も多彩です。
ただ高校時代に故障歴がある事もあり、1年目はほぼ身体作りに費やし2年目の今年も新設された3軍での調整が続いていました。

今シーズンのファーム初登板も9月に入ってからですが、そこからはファームのローテーションを守って登板しています。
痛打を浴びる事も多く公式戦初勝利を挙げるには至っていませんが、時折良い球を投げていますし、100球以上投げて最低限試合は作るなどの成長も伺えます。

またファーム調整が続いていた内海投手に師事し、教わった事をノートにまとめるなど意識を高く持って練習に取り組んでいるようです。

地元埼玉出身という事でファンの期待も高いですし、渡辺久信GMのナベQに倣ってナベUの愛称で親しまれています。
内海投手からいろいろと吸収しつつ、近い将来1軍のローテーション入りができるよう成長していって欲しいものです。





期待の若手選手③:西川愛也選手

48FD8D2E-1BB7-4CD3-AE86-57505DC4BFDC

経歴


西川愛也選手は右投左打の外野手で2017年ドラフト2位で入団しました。
花咲徳栄高校の3年時には埼玉県勢初の夏の甲子園優勝を果たしています。

入団当初は内野手登録でしたが今年から外野手登録に変更になっています。
1年目からファームで多くの実戦経験を積み、3年目の今年は初の1軍昇格を果たし初安打となる2塁打を放つなど順調に成長しています。
ちなみに初安打記録時には3塁を狙うもタッチアウト、その後サードを守っていた楽天鈴木選手から初安打の記念ボールを直接受け取るという珍しいシーンもありました。

広角に打ち分けるバッティング


西川選手の魅力は何と言っても天才的なバッティングセンスです。
9/28現在で109打数29安打の打率.266と一見物足りない数字に見えますが、開幕当初は1割どころか5分にも満たな低打率に喘ぐなど極度の不振に陥ったものの、そこから復調し成績を急上昇させています。
広角に打ち分ける打撃で2塁打7本、3塁打3本を記録する中距離打者で、昨年まではパワー不足の感がありましたがホームランも出るようになってきているため、将来的には中軸を任せられるバッターに成長して欲しいです。

走塁面も盗塁を5個決めているなどまずまずの走力がありそうです。

守備面ではシーズン当初はレフト専任状態でしたが1軍を見据えてセンターやライトでも起用されるようになっています。 
ただし高校時代に大胸筋断裂の怪我を負いほぼスローイングできない状態で入団しており、送球面が課題です。
肩がどの状態まで戻るのかが今後のポジションや起用法に影響しそうです。

花咲徳栄コンビに期待


西川選手は非常に小顔でスタイルが良く、そういった面でも人気が出そうです。
1軍再昇格を果たすも本日9/28に抹消となってしまいましたが、同じ花咲徳栄の2年先輩の愛斗選手との愛愛コンビ(良いネーミングが思い浮かばなかった…)で早く1軍で活躍する姿を見たいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

期待の若手選手②:川野涼多選手

経歴


川野涼多選手は右投両打の遊撃手で、熊本の九州学院から2019年ドラフト4位で入団しました。
九州学院では高1からレギュラーで、2学年上の現ヤクルト村上選手とも1年間一緒にプレーしています。
同じくショートでスイッチヒッターの松井稼頭央選手に憧れていたとの事ですが、その松井が2軍監督を務めるライオンズに指名され、村上選手と1番違いの背番号56を背負うなどいろいろと縁を感じます。

高卒ルーキーながらオープン戦に1試合帯同しており、球団としての期待の高さも伺えます。 
その試合で途中出場し、楽天牧田投手と対戦しています。
初見では厳しい相手という事もあり最終的には三振に倒れますが 粘りを見せ、ファールでしたが鋭い当たりを見せるなど大器の片鱗を見せてくれました。

プレースタイル


川野選手は走攻守揃った好選手です。

打撃面では本日9/21現在で100打数25安打で打率.250という成績です。
松井2軍監督の1年目が.260、栗山選手や現巨人の中島選手は体作り優先で1割台だった事を考えると高卒ルーキーとしてはまずまずの成績ではないでしょうか。
長打はまだ少ないですがホームランも2本放っており、これからパワーがついてプロの球に慣れてくると中距離打者となる素質を秘めていると思います。
また四球も14個選んでおり選球眼もありそうです。

走塁面では盗塁は2個と少な目ですが足は速いため、将来的には2桁盗塁をコンスタントに記録できるようになってくれればと思います。

守備面では失策は記録していますが高卒ルーキーとしては十分なレベルですし、「もう1歩前で取る攻めの守備」という明確な課題を持って取り組んでいるため更なる向上が見込めそうです。
ライオンズのショートと言えば源田選手であの異次元すぎる守備のレベルに到達するのは難しいと思いますが、源田選手からいろいろと学び盗んで名手と言われる選手に育って欲しいです。

走攻守全てをハイレベルに伸ばして将来的には1番や3番を打てる選手になって欲しいですし、高校時代から意識高く練習に取り組んでいるようですのできっと主力選手になってくれると信じています。
そのために3、4年目くらいからは1軍に定着して源田選手とのレギュラー争いを繰り広げて欲しいです。

また今風のイケメンというか可愛い感じのビジュアルのため、1軍で活躍するようになると人気選手になると思います

ライオンズとスイッチヒッター


ライオンズのスイッチヒッターと言えば松井稼頭央選手に加え、カリブの海賊デストラーデ選手という球史に残る選手がいます。
現役では盗塁王2回の金子選手、過去には強肩が魅力の羽生田選手や現コーチの赤田選手といういぶし銀の選手たちも在籍していました。
川野選手もライオンズだけでなく球界を代表する名スイッチヒッターになって欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
 

期待の若手選手①:高木渉選手

ライオンズの将来を担うことを期待している選手について書いてみようと思います。
今回は売り出し中の高木渉選手です。今さら取り上げて書く必要もないほど、今1番将来を有望視しているライオンズファンも多いのではないでしょうか。

経歴


高木選手は右投左打の外野手で、福岡の真颯館高校から2017年の育成ドラフト1位でライオンズに入団しました。
1年目からファームで結果を残し2018年のオフに支配下契約を勝ち取ります。
そして昨年は1軍初打席を経験し、今シーズンは1軍初ヒットに初ホームランと順調にステップアップしています。

セールスポイント


高木選手の魅力は何と言ってもバッティングです。
ファームでは「なんでその当たりであそこまで飛ぶの?」と少し理不尽にも感じてしまうようなホームランや長打をよく放っており、タイプ的には他球団ですがホークスの上林選手、さらには柳田選手をイメージしてしまいます。
そのため順調に成長していけば、近い将来1軍でクリーンアップも担えると思っています。

今までライオンズではあまり左打ちのスラッガーが育った印象がありません。
「左のおかわりくん」として期待された坂田選手も怪我に泣き結果を残せませんでした。
そのため高木選手には貴重な左の大砲としての活躍も期待しています。

課題は外野守備ですが今シーズンは少しずつ向上の兆しが見えているようですので、今後1軍で失敗しつつも経験を積むことで守備も成長させていって欲しいものです。

育成の星へ


ライオンズではまだ育成から主力に育った選手はいないのが現状です。
そのため高木選手には1軍の主力となりライオンズ育成選手の星となって欲しいですし、十分にその可能性を秘めていると思います。

一般的に高木渉というと某少年探偵アニメの刑事役の声優さんが浮かぶようですので、それほど野球に詳しくない人でも「高木渉と言えば凄いプロ野球選手」とすぐに浮かぶような球界のスター選手になって欲しいです!


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。