歴代背番号

背番号1:球史に残るレジェンド外野手

image

メジャーに最も近い選手


ライオンズ黄金期の背番号1と言えばもちろん秋山幸二選手です。
不動の3番センターとして清原選手、デストラーデ選手AKD砲を形成し、ホームラン王1回、盗塁王1回を獲得しました。
1990年には史上初の30本塁打50盗塁を記録するなど圧倒的な身体能力を誇り、当時メジャーに最も近い選手と言われていました。
秋山選手と言えば1986年の広島との日本シリーズ第8戦でホームランを放った後のバック宙ホームインが忘れられません。当時はガッシリとしたスラッガータイプか俊足巧打の小兵選手に分かれていたイメージで、ホームランも量産する秋山選手がサラッとバック宙を決めたのには衝撃を覚えたものでした。

しかし1993年オフにライオンズファンのみならず球界を激震された世紀のトレードで秋山選手はダイエーホークスに放出され、佐々木誠選手を獲得しました。
佐々木選手も秋山選手同様身体能力に優れメジャーに最も近い選手と言われた外野手で、長打力は秋山選手に劣るものの移籍2年目には盗塁王を獲得しています。
その後も主軸としてチームを支えるも故障や若手の台頭もあり1998年オフに金銭トレードで阪神に移籍となりました。

このトレードに関しては戦力云々よりも、秋山選手と翌年FA移籍した工藤投手が勝ち癖のなかったホークス選手達を引き締め、強豪チームとなる礎となったという点で非常に大きく、ライオンズにとっては痛手だったのではないかと思っています。

なかなか出てこない後継者


1999年には新外国人のブロッサー選手が背番号1を着けます。
特にメジャーでの実績もない選手に背番号1を与えた事に驚きましたし、大事な番号なので大事にして欲しいと思った記憶があります。
球団としてはまだ若いため日本での育成も加味してとの事でしたが、34試合で3HRと全く打てずに1年で解雇となってしまいました。
なお前年まで在籍していたマルティネス選手を守備面の不安から解雇しましたが、この年は新外国人のブロッサー選手、シアンフロッコ選手、さらにシーズン途中加入のジンター選手、ポール選手の4人を合わせても前年のマルティネス選手1人のホームラン数に及ばない皮肉な結果となりました。

翌年からは高卒ドラ1ルーキーの高山久選手に背番号1が与えられます。
和製スラッガーとして期待されますが大きな結果は残せず2004年から背番号44に変更になり、さらに2013年途中に阪神にトレードとなっていました。

2003年オフにはロッテを自由契約になったフェルナンデス選手を獲得し、伊東監督の「何でもいいので1番になって欲しい(三振でも可)」という思いから背番号1が与えられます。
フェルナンデス選手は2年間主力として活躍するも自由契約となってしまいます。
その後は楽天→オリックス→西武復帰(この時は背番号52)→楽天→オリックスとNPBの球団を渡り歩いた珍しい経歴の選手でした。
どのチームでも打撃では貢献する反面、守備面が壊滅的に悪く、また右打ちの強打者の宿命とも言える併殺打の多さがネックとなったように思えます。

現役選手


現役では栗山巧選手が2007年オフに背番号52から変更されて以降背番号1を着けています。
ライオンズファンにとって説明する必要のない名選手で、非常に選球眼に優れており2008年には最多安打のタイトルを獲得しています。
若い頃から野球に対する姿勢が非常にストイックで、1人でも多くの若手選手が栗山選手から技術だけでなく野球に取り組む姿勢を学んで欲しいと願っています。

2019年シーズン終了時点で2000本安打まであと175本だったため近年のペースだと後3年くらいかかるかと思いましたが、今年も主力として活躍し10/19時点で残り84本となっています。
このまま来シーズン途中には生え抜き初の2000本安打達成の歓喜を味わいたいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ



背番号0:いぶし銀の外野手たち

3C3936D7-A471-4DFF-908F-27CDE1B957EA


鉄砲肩


NPBにおける背番号0の歴史は比較的浅く、MLBで活躍を見せた選手にあやかって1983年に広島の長嶋清幸選手が背番号0を着けたのが始まりです。
その長嶋選手が活躍を見せた事で他球団にも背番号0が浸透していきました。

ライオンズでは1995年オフに高木大成選手が入団し背番号10が与えられたため、それまで10を着けていた羽生田選手の番号が変更になり球団史上初の背番号0の選手となりました。

羽生田選手の持ち味は何と言っても球界一の鉄砲肩と言われる程の強肩でした。
また足も速い反面打撃が弱かったため、代走守備要員として黄金期のチームを支えました。
しかし肘の度重なる故障で強肩を発揮できなくなり、結局背番号0では1軍出場を果たせないまま1997年に引退となってしいました。
一時期は課題の打撃も上向きになっていただけに故障が残念でなりません。

いぶし銀の働きを見せた選手たち


羽生田選手の引退後、河田選手が背番号0を引き継ぎます。
1995年オフに広島からトレードで移籍してきた後、俊足巧打でチームのスーパーサブとして活躍しました。
ライオンズ戦の初観戦試合である高木大成選手のデビュー戦ではレフトでスタメン出場し、ランナー3塁の場面でレフトフライをキャッチしてバックホームするも間に合わずホームインとなったシーンをなぜか鮮明に覚えています。
2002年オフに引退した後は2005年までコーチとしてチームを支えました。 

2003年からはシーズン途中に金銭トレードで移籍した高波選手が着けました。
俊足が持ち味な反面打撃が非常に弱く、主に守備代走要員で起用されました。

2007年からはルーキーの大崎選手に背番号0が与えられました。
小柄ながらしぶとい打撃が持ち味で、2012年後半にレギュラー格になるとそのオフに背番号9に変更になりました。
以降は代打での出場が多くなりますが3年連続で代打での打率が3割を超えるなど、勝負強さを発揮しチームに貢献しました。
引退時にはライオンズからも仕事の話があったものの断り、自ら履歴書を送って一般企業に就職した変わり種です。

涙の引退試合


2014年からはテスト入団の森本稀哲選手が背番号0を着けます。
森本選手は持ち前の明るさでムードメーカーとしてチームを盛り上げ、本職の外野だけではなくファーストしても多くの試合に出場しチームに貢献しました。
しかし森本選手といえば何と言っても2015年の引退試合が忘れられません。
この試合で森本選手は守備から途中出場しましたが、ライオンズの最後になるであろう攻撃でランナーが4人出なければ森本選手に打席が回らない状況でした。
しかしライオンズベンチからはひちょりさんに回せ!という声が上がり、ヒットや四球、さらにはメヒア選手が全力疾走でダブルプレーを免れるなど、チーム一丸となって繋いでいきます。
そして前の打者の栗山選手が四球を選んだ瞬間、森本選手がネクストバッターズサークルで思わず涙したシーンはライオンズ史上屈指の名シーンだと思っています。
中継でリアルタイムで見ていた時はもちろん、今でもあの試合の記事などを見返すと思わず涙が出そうになってしまいます。
ライオンズ在籍期間は短かったですが、多くのファンや選手からも愛された選手だったのではないでしょうか。

2016年からは広島からFA宣言し春季キャンプでテスト入団した木村選手が着けました。
しかし大怪我で一度育成契約になるなど結果を残せず引退。
引退後はクリケット選手に転向というこちらも異色の進路となっています。 

現役選手


現役では背番号00でも触れた水口選手が背番号0を着けています。
10/5現在では2軍調整中となっており厳しい立場になっていますが、持ち味の俊足を活かした活躍の場を見出して欲しいものです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 

 

背番号00:着用した選手の少ないレア番号

プロ野球界全体でも特殊な番号である00ですが、ライオンズではこれまでに3人の選手が着けています。

マクレーン選手


2004年に長打力不足に悩んでいたチームは、前年まで在籍していたマクレーン選手を4月末に復帰させ、球団史上初となる背番号00を与えました。
これは当時は支配下選手の背番号は基本的に69までに収めていた事と、松井稼頭央選手の7と伊東捕手の27という前任者がレジェンドの番号しか空いていなかった事による措置ではないかと思っています。
(今なら70番台以降か、もしくはあっさり7を与える可能性もあるなと思ったり…)
カブレラ選手とのツインバズーカの再結成が期待されましたが、打率1割台と低迷し同年限りで解雇となってしまいました。

林崎選手


2人目は2010年のドラフトで指名された林崎選手が入団1年目から00を着けました。
内野のユーティリティプレイヤーとして期待されましたが出場機会に恵まれず、2013年からは背番号45に変更になります。
その後も怪我による育成契約も経験するなど結果を残せず、2015年限りで戦力外となってしまいました。
走攻守共にあまり特長が無く、何か1つこれという武器があればという選手でした。

水口選手


3人目は現在も現役の水口選手です。
2012年のドラフトで育成選手として入団すると、2015年に支配下契約を勝ち取ると同時に背番号00が与えられますが、2018年から背番号0に変更になっています。
2020年現在で日本プロ野球界の最小兵選手でもある内野手で、俊足が持ち味ですが1軍ではまだ結果を残せていません。
外野手に挑戦したり打撃ではパワーをつけたりするなど模索しており、代走要員などで1軍に定着しつつありますのでまずは途中出場から活躍を見せて欲しいです。

現役選手


現在ライオンズで背番号00を着用している選手はいません。
過去の3選手の着用期間が短く、空き番号となっている期間も長いことから、今後は強く希望する選手が現れない限りは基本的に欠番になるのではと推測しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。