ドラフト情報

来年のドラフトに向けて花巻東の佐々木選手を徹底マーク!

IMG_3482

スラッガー


来年のドラフト1位候補として花巻東の佐々木麟太郎選手を徹底マークするようです。
現時点で既に歴代3位となる高校通算106本塁打を放っているスラッガーで清宮選手の持つ歴代最多記録の更新が確実視されています。

現在のライオンズは投手偏重ドラフトが続いた事もあり大砲が不足気味です。
1軍では山川穂高選手が4番に座っていますが、若手の純粋な大砲候補としては渡部健人選手くらいで現状は伸び悩み気味です。
今年は蛭間拓哉選手を1位指名しましたがタイプとしては中距離打者だと思います。

そのためチーム編成上次世代の主砲候補の獲得は理にかなっています。
ポジションは捕手、三塁、外野にも挑戦していますがプロではファーストに限定されそうなのはネックかもしれません。
しかし残り1年で更なる成長を見せて球界を代表するスラッガーになる可能性を見出せればポジション関係なく指名する価値はあると思います。

花巻東からは過去に菊池雄星投手を競合の末に獲得した縁もあります。
ただし来季は高校、大学、社会人に投手、野手の好素材が目白押しなだけに最後まで各選手の見極めが行われるのではないかと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


人間性も加味されてほぼ満場一致で入団テスト合格を勝ち取った日隈選手

IMG_3449

満場一致


育成ドラフト2位指名の日隈モンテル選手は今年初めて実施された入団テストに合格して指名を勝ち取りました。
身体能力はもちろんですが人間性も加味されての指名だったようです。

今回の入団テストはダイヤの原石を発掘するために実技試験だけでなく様々な数値を測定する球界でも特殊なものとなりました。
球団としても成功する確証は無いものの突出した何かを持った選手を見出すための新たな挑戦となりました。

テストの結果身体能力だけで言えば日隈選手を上回っていた選手もいたようです。
それでも自己PR動画などから何としてもプロになりたいという強い意志や、前向きで貪欲な性格が感じ取られた事からほぼ満場一致で合格となったようです。
これは今年6月まで野手だった日隈選手が野手転向からわずか3ヶ月あまりでドラフト候補となった事からも伺えるのではと思います。

入団発表時の動画などを見ると明るい性格でファンにも好かれる選手になると思います。
まずは武器である足でのアピールを期待したいですが、身体能力は高いだけにプロの指導を受ける事でスケール感の大きい選手になってくれるのではという期待もしています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2022年新入団選手発表:蛭間選手は首位打者を目標に掲げる

IMG_3393

入団発表


ドラフトで指名した選手の入団発表が行われました。
背番号に関してはトミージョン手術を受けて育成となった選手達の番号も与えられたため予想通りとはまりませんでした。

支配下指名選手


1位 蛭間拓哉選手背番号9
首位打者、更には栗山巧選手に続く2000本安打を目標に掲げました。
中距離打者という自身のプレースタイルをしっかりと認識していそうです。
ある程度本塁打も打てるとは思いますが二塁打を量産するような打撃で自身も目標としていた1番や3番を任される選手になって欲しいです。

2位 古川雄大選手背番号33
山川穂高選手も着けていた期待の番号が与えられました。
身体能力は抜群なだけに近い将来にはトリプルスリーを達成して欲しいです。

3位 野田海人選手背番号38
高卒ですが将来の正捕手として期待の大きさが伺えます。
強肩とスローイングの正確性が武器との事ですがまずはプロで戦い抜ける身体作りからとなるでしょうか。

4位 青山美夏人投手背番号29
背番号からも即戦力も期待がかけられている事が分かります。
まずは先発として勝負したいとの事ですがスタミナ面も問題は無さそうなだけに目標として掲げた勝てる投手になって欲しいです。

5位 山田陽翔投手背番号36
想定よりも指名順位は低かったですが背番号からは評価の高さが伺えます。
あらゆる面でレベルアップして投手として成功して欲しいです。

6位 児玉亮涼選手背番号0
久しぶりの背番号0復活となりました。
自信を持っている守備面だけでなく走塁面でも即戦力の期待がかかります。
更に打撃面も向上させてレギュラー陣を脅かして欲しいです。


育成指名選手

1位 野村和樹選手背番号118
広角に打てるパワーだけでなく肩にも自信があるようです。
まずはファームで中軸を打てるようになった上で支配下を勝ち取って欲しいです。

2位 日隈モンテル選手背番号119
奇しくも兄の日隈ジュリアス投手が現役時代最後に着けていたのと同じ番号になりました。
自慢の足でアピールを続ければ早めにチャンスが巡ってくるかもしれません。

3位 三浦大輝投手背番号121
目標を最多登板記録更新と掲げたようにリリーフを目指しているようです。
直球が魅力なだけに力でねじ伏せられる投手になって欲しいです。

4位 是澤亮輔選手背番号122
コメントや質問の受け答えにクレバーさを感じました。
大学時代の実績はほとんど無いものの練習の虫のようですので、強肩を武器にプロの世界で大きく飛躍して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2022年ドラフト指名選手の背番号予想

IMG_3388

空き番号


6日にドラフト指名選手の新入団発表が行われます。
その前に今年もお遊びとして支配下指名選手の背番号を予想してみます。

60番台までの空き番号は0,9,10,11,18,21,27,29,30,33,34,36,38,52,54,55,65です。
このうちエース級の投手が着ける11,18,21や正捕手の番号である27は現時点では空きとなるのではと思います。
またトミージョン手術で育成契約となっている伊藤翔投手の36や牧野翔矢選手の38は空けておくかもしれませんが、同様のケースで他の選手に与えているケースもあります。
更に山田遥楓選手が着けていた52もトレードまでの経緯を考えると今年の新人には与えない可能性もありそうです。

背番号予想


蛭間拓哉選手背番号9
秋山翔吾選手の着けていた55の可能性もあると思っていましたが背番号9に内定したとの報道がありました。
即戦力の期待がかかるドラフト1位なだけに一桁番号は相応しいと思います。

古川雄大選手背番号33
ゾロ目は強打者のイメージですし山川穂高選手が着けていた番号でもあります。
もしくは古川選手が55になる可能性もありそうです。

野田海人選手背番号30
若干消去法ではありますが細川亨選手も着けていた事のある番号です。
制約が無ければ過去に捕手が着けていた38や52もあり得るかもしれません。

青山美夏人投手背番号29
​ドラフト4位ですが評価が高かっただけに良い番号が与えられるのではと思います。
もしくは長田秀一郎コーチのイメージである34もあり得そうです。

山田陽翔投手背番号34
​やはり前評判が高く更に甲子園のスターだったため良い番号になるかもしれません
それ以外ではニール投手スミス投手が着けていた54などが候補でしょうか。

児玉亮涼選手背番号65
あまり内野手のイメージは無いですがやはり消去法での選択です。
即戦力の期待がかかるだけに他選手の番号次第で30や33もあり得そうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


ミスターライオンズと呼ばれる事を誓った蛭間選手

IMG_3363

入団合意


ドラフト1位指名の蛭間拓哉選手が入団に合意しました。

会見では松井稼頭央新監督のようにミスターライオンズと呼ばれる選手を目指したいとコメントしました。
外野のポジションは固定できていないだけに1年目からの活躍が期待されます。
それだけでなく栗山巧選手、中村剛也選手のように生涯ライオンズで長く主力として活躍し続けて欲しいところです。

そして高校の同級生である渡邉勇太朗投手と4年ぶりにチームメイトとなります。
渡邉投手も壁にぶつかっているだけにお互い刺激を与えて成長して欲しいです。

なおこれで今年のドラフト指名全選手が入団に合意位しました。
即戦力が期待される選手、将来性を嘱望されている選手と立場はそれぞれですが、将来的には1人でも多くの選手が1軍に定着してくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村