ドラフト

2022年ドラフトでの補強ポイント

IMG_3015

ドラフト会議


今年のドラフト会議まであと1ヶ月を切りました。
実際のドラフト候補選手までは考慮せず各ポジションの構成などを踏まえて個人的に考える補強ポイントを挙げてみます。

将来の中軸候補


近年のドラフトが実を結びつつあり投手陣は若手が主力に成長してきました。
一方で若手の純粋な長距離打者候補は渡部健人選手くらいのため将来的にクリーンアップを任せられるような打者の獲得は必須です。

ポジションは外野かサードで有望な選手がいれば指名したいです。
どちらも有望な若手選手がいるもののなかなか殻を破れていないため競い合ってレギュラーを奪取するような選手が出てきて欲しいです。

年齢的には来年からレギュラーとして期待できる選手がいれば大学や社会人、そうでなければ年齢構成的に高校生が良いのではと思います。
ドラフトの指名順などによっては上位2名は野手でも良いかもしれません。

即戦力リリーフ左腕


昨年のドラフトで先発左腕候補は充実してきました。
しかしリリーフ左腕は故障者などが多く前半戦は佐々木健投手、終盤戦は公文克彦投手のみが1軍で投げているという状況となってしまいました。

佐藤隼輔投手などがリリーフ起用される可能性もありますが補強は必要だと思います。
多少右打者には弱くても左打者に強い変則左腕などが中位で指名できれば理想でしょうか。

その他ポジション


投手では将来的に絶対的なエースとなり得る選手がいれば競合覚悟で1名指名があっても良いかと思いますが今年は候補となる選手はいなさそうでしょうか。
即戦力か将来性かは問わず2位以降で良い選手を獲得したいです。

捕手は森友哉選手のFA問題はありますが柘植世那選手に加えルーキーの古賀悠斗選手もある程度の目処が立ち、更に他の若手も控えているため優先度は高くないと思います。
ただし年齢構成を考えると高校生捕手の獲得があっても良いと思います。

内野手は二遊間に滝澤夏央選手など楽しみな選手も多いですがまだ1年を通して1軍で活躍というのは難しいかもしれません。
また外崎修汰選手がFA権を取得していますのでレギュラーと若手との間を埋めるバックアップ的な選手の獲得が必要ではと思います。

外野手は中軸候補を除けば優先度は高くありません。
ただし年齢構成的には中位以降や育成で高校生選手を獲得しても良いのではと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


球界一の小兵選手となる滝澤選手

IMG_1991

164センチ


育成2位指名の滝澤夏央選手は身長164cmで現役の中では最小兵選手となります。

球団としては俊足に加え守備面を高く評価しているようです。
潮崎SDが惚れ惚れするほど本当に上手いとコメントしているためプロから見ても上手い部類なのだと思いますしスポーツ誌などからは令和の牛若丸という異名で呼ばれています。

ライオンズでは昨年まで在籍していた水口大地選手が163cmで最小兵選手でした。
育成指名で入団後支配下登録を勝ち取りましたが1軍定着はなりませんでした。

現役では森友哉選手が170cmながらも首位打者を獲得するなど主軸として活躍しています。
また中村剛也選手も長距離打者としては小柄な部類に入ると思います。

他球団では楽天などに在籍した内村選手は身長163cmながらも596試合に出場し100盗塁を記録しています。
また元祖牛若丸の元阪神吉田選手は167cmながらも2000試合以上に出場するなどチームのレギュラーとして長く活躍しました。

小兵選手はどうしてもパワー面などで他の選手より見劣りする部分は出てきてしまいます。
しかし滝澤選手は守備走塁面という明確な武器がありますので、まずはプロで戦い抜ける体力をつけた上で支配下登録を勝ち取りチームの主力選手に成長してくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



2021年ドラフト指名選手入団発表

IMG_1987

ドラフトで指名した選手の入団発表が行われました。

支配下指名選手


1位 隅田知一郎投手背番号16
菊池雄星が着けていた背番号16を与えられタイトルを総なめにしたいと意欲を見せました。
特に勝率に拘っており勝ち運を持った投手になりたいとの事です。
直球も変化球も自信があるとの事ですのでエース級の投手になって欲しいです。

2位 佐藤隼輔投手背番号19
最後まで1位候補に残った事もあり良い番号が与えられました。
フィジカル面もしっかり鍛えてローテーション投手として活躍して欲しいです。

3位 古賀悠斗選手背番号22
やはり評価が高かった事もあり捕手が着けてきた良い番号になりました。
キャンプでは隅田投手、佐藤投手のボールを1番に受けたいと意欲を示しました。
将来の正捕手候補として守備面だけでなく打撃面も磨いて欲しいです。

4位 羽田慎之介投手背番号43
高橋投手、吉川投手と左腕が続いた番号になりました。
スケール感が大きい投手だけに将来が楽しみです。

5位 黒田将矢投手背番号57
育成契約となった齊藤投手の番号になったのは意外でした。
ストレートとフォークが武器のため三振を奪える投手になって欲しいです。

6位 中山誠吾選手背番号50
スラッガー感のある番号となりました。
大型ショートとして1発の魅力にある選手に成長して欲しいです。


上位3選手は非常に高い評価だという印象ですし合同自主トレ次第だと思いますが今のところは3選手共にキャンプはA班スタートが濃厚のようです。
無理などはしないで欲しいですがどのような活躍を見せてくれるか今から楽しみです。

育成指名選手


1位 古市尊選手背番号125
2位 滝澤夏央選手背番号126
3位 菅井信也投手背番号128
4位 川村啓真選手背番号129

一芸に秀でた面白い選手揃いとなりました。
球界一の小兵野手となる滝澤選手は走力だけで無く守備も非常に上手いとの事です。
今年のファームはエラーが多かっただけにどのような守備を見せてくれるか楽しみです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2021年ドラフト指名選手の背番号予想

IMG_1985

空き番号


10日にはドラフト指名選手の新入団発表が行われます。
その前に昨年に引き続きお遊びとして支配下指名選手の背番号を予想してみます。

60番台までの空き番号は0,9,16,18,19,22,29,33,36,42,43,50,54,55,57,62,63,64,67です。
このうち右のエースが多い18や秋山翔吾選手が着けた55は当面空きのままではと思います。
また育成再契約の4投手が着けていた番号も空けておくのでは思いますし、42は日本では縁起の悪い番号という事で外国人選手が着ける事が多いです。

背番号予想


隅田知一郎投手背番号16
即戦力を期待という事で菊池雄星投手も着けていた番号が与えられるのではと思います。
近い将来の左腕エースに成長して欲しいです。

佐藤隼輔投手背番号19
1位と同等の評価の選手ですのでやはり良い番号が与えられると思います。
隅田投手と切磋琢磨しながらローテーション投手として活躍して欲しいです。

古賀悠斗選手背番号22
やはり評価の高い選手ですし古くは田淵幸一選手から和田一浩選手、中嶋聡選手、野田浩輔選手と捕手が着けてきた番号が与えられるのではないでしょうか。
ただし岸潤一郎選手が拘っている番号でもあるようですのでその時には背番号27を背負えるような選手になっていて欲しいです。

羽田慎之介投手背番号43
高橋朋己投手、吉川光夫投手と左腕が続いた番号です。
29も左腕の番号ではありますが高卒ルーキーには早いかなという印象です。

黒田将矢投手背番号54
ニール投手が着けていたため良いイメージのある番号です。
他には50などが候補になるでしょうか。

中山誠吾選手背番号63
こちらも今年まで綱島龍生選手が着けていたため内野手のイメージが強いです。
若い番号に変更できるよう大型野手として結果を残して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

川村選手が入団に合意し指名全選手の入団が決定

IMG_1938

育成4位


育成4位指名の川村啓真選手が入団に合意しました。
攻守共に確実性を上げて1日でも早く支配下を勝ち取りたいと意欲を示しています。

同じ大学からは福永選手がオリックスの3位指名を受けたのも刺激になっていると思います。
春にはリーグの首位打者を獲得しているだけにキャンプやオープン戦などでアピールできれば早めの支配下登録もあり得るのではないでしょうか。

これで今年のドラフト指名全選手の入団が決まりました。
前向きなコメントを出していたとは言え正式に決まるとホッとします。
即戦力を期待される選手、素材型の選手といますが1人でも多くの選手が将来の主力に成長してくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村