ドラフト

1992年ドラフト:ゴジラを回避して即戦力左腕を指名

IMG_0888


過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は1992年のドラフトです。

1位:杉山賢人投手(背番号29)


この年の目玉は松井秀喜選手や社会人の伊藤智仁投手でしたが、いずれも指名を回避して社会人左腕の杉山賢人投手を単独指名しました。
即戦力の期待に応えて翌年新人王を獲得すると、以降も鹿取義隆投手、潮崎哲也投手サンフレッチェと呼ばれる勝ちパターンの一員としてライオンズのリリーフを支えました。
ちなみに丸顔のためアンパンマンというニックネームでした。

勤続疲労から徐々に成績を落とすと1999年シーズン中に阪神にトレードとなり、以降も近鉄、横浜に移籍し、2001年限りで引退となりました。
2018年からはライオンズの2軍投手コーチに就任していますので、1軍で活躍する若手投手の育成に期待したいです。

通算1軍成績:333試合17勝13敗-H17S 防御率3.91

2位:前田勝宏投手(背番号19)


​150km/hを超えるストレートで即戦力として期待されましたが、制球難もありなかなか1軍では結果を残せない状況が続きました
しかし1995年オフにハワイウインターリーグに参加して100マイルを記録するとMLBへの憧れに火がついたのか、突如MLBへの移籍を直訴して球団と大いに揉めて最終的に自由契約となりました。
そしてヤンキースとマイナー契約を結びますがメジャー昇格果たせないまま2001年にドラゴンズと契約を結び日本球界に復帰しました。
しかし1軍登板果たせずにその年限りで自由契約となると、その後は台湾、イタリア、中国などのリーグでプレーを続けました。
プレーを見た記憶は無いもののとにかくお騒がせ選手だった事は覚えています。

通算1軍成績:25試合3勝4敗-H5S 防御率4.89

3位:豊田清投手(背番号39)


抜群のコントロールで1996年から先発ローテーションとして活躍し、2001年から抑えに転向すると球速も増して炎のストッパーとして抜群の安定感を誇りました。
2006年に巨人、2011年に広島に移籍しその年限りで引退となりました。
昨年からはライオンズの1軍投手コーチとなり、リリーフ陣の整備を行うなど早速手腕を発揮しています。




通算1軍成績:558試合66勝50敗81H157S 防御率2.99

4位:黒田哲史選手(背番号48)


大型内野手として期待されましたが結果を残せず2002年に巨人にトレードとなりました。
その後2007年にライオンズに復帰するも1軍出場なく引退しています。
引退後はライオンズでコーチとなり現在は3塁コーチャーとして抜群の判断力を見せ、チームに大いに貢献しています。

通算1軍成績:237試合58安打6本塁打24打点8盗塁 打率.195

5位:坂本竜一投手(背番号49)


高卒のサウスポーでしたが1軍登板なく1998年限りで引退しました。
有名アーティストと名前の読みが一緒だなと思っていた記憶はあります。

通算1軍成績:出場なし

6位:田原晃司選手(背番号68)


高卒捕手でしたが伊東勤選手という高い壁がありなかなか出場機会を得られませんでしたが、伊東選手引退後は守備固めとして出場機会を増やし、2005年には入団13年目でのプロ初ホームランを放っています。
2008年に引退した後はブルペン捕手としてチームに残っています。

通算1軍成績:99試合21安打1本塁打7打点0盗塁 打率.158

7位:石井伸幸投手(背番号69)


坂本投手と同様に高卒サウスポーでしたが1軍出場なく1995年限りで引退しました。

通算1軍成績:出場なし

総括


​目玉選手は指名せずお得意の独自路線となりましたが、松井選手のようなレジェンド的な活躍ではなかったものの、杉山投手もリリーフとして黄金期を支えました。更に何よりも3位で豊田投手を指名し育成できた事が大きかった年だと思っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



 

渡部健人選手の2位指名を検討していた球団がある模様


IMG_0887

他球団も高評価


昨年にドラフトで1位指名した渡部健人選手ですが、3球団からは調査書が送られてこなかったとの事で、ドラフト時には2位以降でも獲得できたのではとの声もありました。
しかし大学の監督がドラフト後に確認したところ2位指名を検討していた球団が複数あり、さらに外れ外れ1位での指名も検討していた球団もあったとの事です。
そのためライオンズの2位では獲得できなかった可能性が高く、結果的にフロントの判断は正しかったと思いますし、将来の主砲候補を獲得できた事はチーム編成上大きかったのではないでしょうか。

大学3年時にスランプに陥った渡部選手ですが中村剛也選手の力感のないスイングを見て80%の力で振る事を意識した結果、4年秋の大爆発に繋がったようです。
確かに大学時代のバッティング映像でも無駄な力が抜けたスイングに見えますので、変化球などへの対応力も高いのではないかと思います。
一方で現主砲の山川穂高選手のフルスイングも魅力的ですし貫き通して欲しいですが、状況に応じて力感に対する意識を少し変えるだけでもスランプの期間は短くなるのではと素人ながらに思ってしまいました。

とは言え渡部選手も完全な即戦力という訳でもなく、プロの一線級のボールに対応できるようになるには少し時間がかかるかもしれません。
それでも近い将来に中村選手や山川選手と並んでホームランを量産してくれる事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


1995年ドラフト:東尾ライオンズの主力を獲得

IMG_0867


過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は1995年のドラフトです。

1位:高木大成選手(背番号10)


慶應大学から逆指名で入団し伊東選手の後釜の正捕手として期待されましたが、2年目にファーストにコンバートされ東尾ライオンズの3番打者として活躍しました。
華のある選手でファンからの人気もありましたが活躍期間が短かったため、故障が無ければとつくづく思ってしまいます。



通算1軍成績:720試合599安打56本塁打319打点67盗塁 打率.263


2位:大友進選手(背番号37)


​東京ガスから逆指名で入団した俊足巧打の外野手です。
ちなみに双子の弟も同じ東京ガスでプレーしていました。
1年目後半から1軍に定着して3割を打ち、以降も主に1番または2番を打ち東尾ライオンズのスローガンであったHIT!FOOT!GET!を体現し、ゴールデングラブ賞を2回獲得しています。
1998年には松井稼頭央選手に続けとばかりにスイッチヒッターに挑戦しましたが、左打ちからの転向という異色のチャレンジだったこともあり失敗に終わっています。
その後もチームの主力として活躍しましたが、2000年に外野フェンスに激突して肩を故障してから成績が下降し、2004年オフにドラゴンズにトレードとなりました。

通算1軍成績:662試合528安打18本塁打155打点80盗塁 打率.263

3位:小石澤浄孝投手(背番号69)


1995年夏の甲子園に出場しドラフト3位で入団しますが、3試合の登板に留まり1999オフに自由契約となりました。
その後2000年はホークスに移籍しましたがその年限りで退団しています。

通算1軍成績:3試合0勝0敗0H0S 防御率3.38

4位:岸川雄二選手(背番号65)


神奈川大学野球連盟記録の通算22本塁を放ったスラッガーでしたが、5年間で1軍出場がないまま2000年限りで自由契約となってしまいました。

通算1軍成績:出場なし

5位:原井和也選手(背番号30)


社会人から入団した内野手ですが2年目からは外野にも挑戦し、ユーティリティプレイヤーとして活躍しました。
​渋めの選手のため東尾監督と同じ和歌山出身のため重用されているのではという声もありましたが、やはり内外野守れるユーティリティさから起用しやすかったのだと思います。
2002年にオフにマリーンズに移籍した後、2005年限りで引退しました。

通算1軍成績:412試合104安打2本塁打24打点24盗塁 打率.236

総括


高木選手、大友選手という足を使って東尾ライオンズの顔と言うべき選手達を逆指名で獲得したドラフトでした。
両選手とも故障の影響でピーク期間が短かったため、怪我がなければ主力として長く活躍し東尾監督時代の優勝回数ももう少し増えたのではと思ってしまいます。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



 

2002年ドラフト:大卒松坂世代ドラフト

IMG_0845


過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は2002年のドラフトです。

自由獲得枠:長田秀一郎投手(背番号19)


高校時代は松坂投手と同じ神奈川県という事もあり甲子園出場はなりませんでしたが、慶應大学で実績を積み重ね自由獲得枠でライオンズに入団しました。
ルーキーイヤーから1年間1軍に帯同すると、以降もリリーフとして投手陣を支えました。
しかしシーズン毎に好不調の波が激しく不調の年は1軍登板が激減するなど安定感を欠き、2013年途中に渡辺直人選手とのトレードでベイスターズに移籍となりました。
引退後はライオンズのアカデミーコーチを経て、来年からはファーム育成担当に転身となります。

通算1軍成績:389試合25勝25敗85H2S 防御率4.14
  

自由獲得枠:後藤武敏選手(背番号6)


松坂投手と同じ横浜高校から法政大学を経てライオンズに入団しました。
するとカブレラ選手の故障もあり新人で開幕4番を打つという44年ぶりの快挙を成し遂げました。
その勢いのまま1年目は中軸を打つなどの活躍を見せましたが、2年目以降は成績が低迷していき、2011年オフに武山真吾選手とのトレードでベイスターズに移籍しました。
引退後はイーグルスでコーチを務めています。

通算1軍成績:618試合312安打52本塁打184打点1盗塁 打率.254

4巡目:小野寺力投手(背番号14)


埼玉出身でライオンズファンを公言しており、希望通り4巡目でライオンズに指名されました。
2年目から1軍のリリーフに定着し一時期はクローザーを務めるなどの活躍を見せましたが、2011年は開幕から1軍出場がないままシーズン途中に鬼崎裕司選手とのトレードでスワローズに移籍しました。
引退後はライオンズのスタッフ・コーチを経て、2017年からはスワローズのコーチを務めています。

通算1軍成績:310試合23勝24敗31H59S 防御率4.05

5巡目:春日伸介選手(背番号61)


この年唯一の高卒選手で和製大砲として期待されましたが、プロ入り後は2軍でも結果を残す事が出来ずに2年で退団となってしまいました。

通算1軍成績:出場なし

6巡目:上本達之選手(背番号49)


社会人出身ですが高卒4年目のため松坂世代の選手です。
高校時代は夏に甲子園で延長15回サヨナラボークで敗れた試合で捕手を務めていました。
プロ入り後は捕手だけではなく時には一塁手や代打としても活躍を見せました。
2017年の引退後はブルペン捕手・育成コーチを経て、来シーズンからは2軍コーチに就任します。
期待の中熊選手の飛躍の裏には上本新コーチのアドバイス等の影響もあったようですので、更なる若手野手の育成に期待しています。

通算1軍成績:466試合168安打13本塁打78打点3盗塁 打率.226

総括


大学に進学した松坂世代の選手がドラフト解禁となった年で、ライオンズも5名中4名が松坂世代の選手の指名となりました。
この年は大豊作で他球団の上位はホークスの和田投手、新垣投手、ベイスターズの村田選手、ジャイアンツの木佐貫投手、久保投手、カープの永川投手、スワローズの館山投手など大活躍をした選手が多いため、ライオンズの指名選手は少し物足りなさは感じるものの、それでも長くチームに貢献してくれたと思っています。
また4選手とも引退後はコーチや育成に関わっており、人柄や指導面でも評価されているいるようです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



 

1984年ドラフト:くじ運に見放されたドラフト

IMG_0817


過去のライオンズドラフトの思い出を振り返ってみようかと思います。
今回は1984年のドラフトです。

1位:大久保博元選手(背番号45)


1位はこの年の目玉だった明治大学の広澤克実選手を指名するも抽選を外し、高校生捕手の大久保選手を指名しました。
しかしライオンズでは捕手としては伊東選手、スラッガーとしては翌年指名された清原選手の壁が高く、1992年シーズン中に中尾孝義選手とのトレードでジャイアンツに移籍しました。
ジャイアンツでは一時期4番を打つなどの活躍を見せますが1995年限りで引退しました。

引退後は2008年に就任した渡辺監督に請われて打撃コーチに就任し、伸び悩んでいた中村選手の覚醒などに一役買いました。
しかしその後はライオンズや2014年からコーチ・監督に就任したイーグルスでいろいろトラブル等もありましたが詳細は割愛します。

通算1軍成績:303試合158安打41本塁打100打点1盗塁 打率.249

2位:田辺徳雄選手(背番号51)


2位は吉田剛選手を指名するも抽選を外し、同じく高校生内野手の田辺選手を指名しました。
ルーキーイヤーから1軍出場を果たすと4年目からはショートのレギュラーに定着してライオンズの黄金時代を支えました。
現役晩年は若手選手の台頭もあり2000年にジャイアンツに移籍しその年限りで引退しました。

引退後は2002年からライオンズの打撃コーチに就任し多くの若手選手を育成しました。
2014年途中から2016年までは1軍監督を務めるも結果を残せずに退任し、2020年からは新設された3軍統括コーチに就任しました。
打撃コーチとしての育成手腕には定評があるだけに、次世代の主力選手達の育成に期待しています。

通算1軍成績:1229試合926安打87本塁打442打点60盗塁 打率.268

3位:高山郁夫投手(背番号55)


3位は石橋文雄選手を指名するも抽選を外し、高山投手を指名しました。
入団後は大きな結果は残せずカープ、ホークスに移籍した後1996年限りで引退しました。
引退後は2006年以降複数球団の投手コーチを歴任しており、手腕を奮っています。

通算1軍成績:92試合12勝12敗-H0S 防御率5.16

総括


ドラフト1位だけでなく他の順位でも抽選が行われていた時期でしたが、3位まで全ての指名選手が競合し抽選を外してしまうというくじ運に恵まれなかったなかった年でした。
指名人数が3人と少なかったのも予定通り指名できなかった影響かもしれません。
ただし2位の田辺選手は選手としてもコーチとしてもチームに大きく貢献しており、抽選を外した方が良かったという結果になりました。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。