思い出の試合

思い出の試合:2004年10月22日 中日ドラゴンズ戦

image

日本シリーズ第5戦


伊東監督1年目となる2004年のライオンズはレギュラーシーズンを2位で終えたものの、この年から新設されたプレーオフを勝ち抜いて日本シリーズに進出し、中日ドラゴンズと対戦します。

2勝2敗で迎えた第5戦は西武ドームで開催されました。
ライオンズ西口投手とドラゴンズ川上投手の投げ合いで始まったこの試合は、西口投手が3回に1点、4回に2点を失う一方、ライオンズ打線は川上投手を攻略できず6回の小関選手のタイムリーによる1点に抑え込まれます。
結局ドラゴンズが9回にも3点を追加してライオンズは1-6で敗戦。
ドラゴンズに王手をかけられた試合となりました。

初現地観戦


この試合は初めてかつ現時点で唯一西武ドームで現地観戦した試合です。

当時長期で関東に滞在していたためダメ元でチケット発売日に電話をかけたところ無事に繋がりチケットを確保する事ができました。
(インターネット予約ではないあたりが時代を感じます…)
第5戦という事でどちらかの4連勝で一気に勝敗が決しないよう祈っていた記憶があります。

そして迎えた当日、陸の孤島のような場所から移動したため2時間半くらいかけてようやく西武ドームに到着し、試合は既に3回になっていました。
チケットを見せてそのまま外の見える通路を上っていく不思議な感覚、そしてそこから掘り下げられたグラウンドで選手達がプレーしているのを見た時の感動は今でも忘れる事ができません。
残念ながら試合に敗れ、また帰りも時間がかかるため試合終了まで観る事はできなかった事は心残りですが、本当に夢のようなひと時でした。

その後ネーミングライツでいくつかの名称を経て現時点ではメットライフドームとなり、大幅な改修も行われているため、また現地観戦して試合を応援しつつスタジアムグルメもいろいろと楽しんでみたいものです。

12年振りの日本一


なおこの年の日本シリーズはライオンズが第6戦に勝利して逆王手をかけると、第7戦も勝利し見事12年振りの日本一となりました。
松坂投手日本シリーズ初勝利カブレラ選手グランドスラム返しなど見どころが多く、またシーズン1勝の石井貴投手がシリーズ2勝を挙げ、シリーズの勝利数がシーズンを上回るという史上初の快挙?を成し遂げてのMVPを獲得するなど印象深い日本シリーズとなりました。









思い出の試合:1997年5月7日ダイエーホークス戦

2B280F56-806C-4318-92DB-D85DE02B30D2

猛打爆発


今とは違い1997年当時のライオンズはホークスに対して相性の良さを誇っていました。

そんな状況で敵地福岡ドームで迎えた5月7日のホークス戦。
ライオンズは初回からホークス先発のウエスト投手を攻め、先頭の松井稼頭央選手の内野安打を足がかりに2点を先制します。
その後も打線が爆発し、終わってみれば当時のNPB新記録となる29安打で21-0という大勝を収め、さらに当時NPB史上6回目の毎回得点、毎回安打、先発全員安打、先発全員得点という記録づくめの試合となったのでした。

特筆すべき点は29安打のうちホームランは1本のみ(3ラン)だった事です。
1996年オフに清原選手がFAで巨人に移籍し大砲がマルティネス選手のみとなった状況で、足を使って繋ぐ野球を目指したHit!Foot!Get!というスローガンを体現する試合となったのでした。

完封勝利


そんな大味な試合だったにも関わらず3時間7分という標準的な試合時間でした。

その立役者は現コーチであるこの試合先発の豊田清投手です。
味方の攻撃時間が長く集中力が途切れてもおかしくない状況にも関わらず、豊田投手は集中してホークス打線を抑え続け、結局被安打2の完封勝利を収めました。
この集中力の高さが後の抑え転向時にも活かされたのかもしれません。

この年豊田投手は抜群の制球力を武器にローテーションを守り続けて規定投球回に到達し、初の二桁勝利を達成したのでした。

この試合をスタンドで…


この歴史的な試合の日、福岡ドームのスタンドで…売り子としてアルバイトをしていました。
ライオンズの攻撃中、次々と放たれる快音とライオンズファンの歓声。
しかし基本的にグラウンドに背を向けており、振り返って試合を見たいのをグッと堪えて働いていたため、シフトを入れずに観戦に来れば良かったと激しく後悔した1日となったのでした。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


 
スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。