選手コーチ往来

FA人的補償は和田投手ではなく甲斐野投手に決定!

IMG_5621

人的補償


​​FAの人的補償として甲斐野央投手を獲得した事が発表されました。

結果として今朝のスポーツ紙でスクープ記事が掲載された和田毅投手ではありませんでした。
誤報だったのかもしれませんし、本来のルール上はNGですが和田投手が難色を示した事で水面下で手打ちが行われた可能性もゼロではないと思います。

甲斐野投手は入団6年目の右腕でルーキーイヤーからリリーフとして65試合に登板しました。
なおデビュー戦となったライオンズとの開幕戦で好リリーフを見せてプロ初勝利を挙げています。
2年目以降は故障もあり登板機会を減らしましたが昨年は46試合に登板するなど復活を遂げていました。

最速160km/hにフォークを武器としておりリリーフが手薄だったライオンズの補強ポイントと合致した選手だと思います。
今年も昨年のようなピッチングを披露できれば勝ちパターンなど重要な場面も任せられるのではと思います。

和田投手の報道の件もあり複雑な心境はありますが期待値の高い選手であるのは間違いないだけにチームの勝利に貢献するピッチングを期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


2023年退団選手:緊急デビュー戦でのエラーが大きく響いた中山選手

IMG_5523

大型遊撃手


中山誠吾選手は2021年ドラフト6位で入団しました。

パワーが魅力の大型遊撃手でしたがまだ荒削りのためルーキーイヤーは開幕を二軍で迎えました。
ファームでも結果が出ない状況が続いていましたが5月に源田壮亮選手が自打球で離脱すると急遽一軍登録され即スタメンで起用されます。
しかしこの試合ではノーヒットに終わっただけでなく敗戦に繋がるエラーを喫してしまいました。

このエラーによりしばらくはグラウンドに立つのも怖かったとの事で結果的にプロ野球人生を大きく左右するエラーになってしまったのではと思います。
その後育成から支配下登録されシンデレラボーイとなった滝澤夏央選手とは対照的な結果となってしまいました。

2年目の今季も打撃の確実性を高められないでいるとオフに戦力外通告を受けました。
あまりに早い自由契約のため育成再契約の可能性もあると思っていましたが合同トライアウトに参加していました。
純粋な自由契約だったかもしれませんし環境を変えるために育成を断った可能性もあるかもしれません。

現時点で去就は不明なため少なくともNPBで選手またはスタッフとして残る可能性は低いと思います。
できれば野球に関わる新天地が決まってくれればと願っています。

2023年成績:出場なし
NPB通算成績:1試合 3打数0安打0本塁打0打点 0四死球 0盗塁 打率.000


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


宮川投手とヤクルトの元山選手が電撃トレード!

IMG_5516

内野手補強


​​宮川哲投手とヤクルトの元山飛優選手のトレードが発表されました。

2019年ドラフト1位で入団した宮川投手は1年目からリリーフとして活躍しましたが制球難を克服できず重要な場面での起用には不安が残りました。
また今季は先発に転向したもののやはり不安定な投球で僅か1勝に終わっていました。

そして来季の起用方がどうなるか不透明だった中でのトレード移籍となりました。
ヤクルトはチーム防御率がリーグ最下位に沈んだだけにリリーフ、先発どちらでもチャンスは多いのではと思います。

一方の元山選手は2020年ドラフト4位でヤクルトに入団しました。
守備力は高いようで本職のショートだけでなくセカンド、サードも守れるようです。

しかし打撃面では今季も打率1割台に沈むなど苦しんでいます。
大学時代は首位打者も獲得した経験もあるようですので環境が変わる事で改善できるでしょうか。

今回のトレードはライオンズとしては呉念庭選手の電撃退団により手薄となった内野の層を厚くする目的だと思います。
リリーフの中のいじられ役として愛されていた宮川投手の移籍は非常に残念ですが来季はライオンズよりも登板機会が増えるのではと思いますので新天地での活躍を応援したいです。
一方の元山選手もバックアップ要員に留まらずレギュラー争いに加われるような活躍を期待したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


クリーンアップ候補アギラー選手の獲得を正式に発表!

IMG_5512

MLB114発


​​調査報道のあったヘスス・アギラー選手の獲得が正式に発表されました!
1990年生まれで体重125kgの巨漢スラッガーです。

背番号は44に決まりました。
空き番となった3を与えるのではとも想定していましたが個人的にゾロ目はスラッガーのイメージが強いため良い番号ではと思います。

アギラー選手にはやはりMLB通算114発を誇るパワーへの期待がかかります。
今年はAAAでも本塁打率が下がっていたため衰えが気になるところですが今年は得点力不足に苦しんだため中軸としての期待がかかります。

また渡辺久信GMは守備面についてもハンドリングが上手いと評価しました。
好守を見せたマキノン選手レベルを望むのは厳しいと思いますが標準程度に守ってくれればと思います。

渡辺GMからの明言はまだありませんがこれで外国人選手補強もひと段落でしょうか。
例年に比べて期待値の高い外国人選手を獲得しており球団の本気度が伺えますが日本で結果を残せるかはまた別の話のため、早く日本に適応してチームを優勝に導く活躍を見せて欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


現役ドラフト結果:広島から中村投手を獲得!愛斗選手がロッテへ移籍

IMG_5455

現役ドラフト


​​現役ドラフトが開催されライオンズが広島から中村祐太投手を獲得しました。

高卒10年目の右腕でこれまでに一軍で42試合に登板しています。
今季は一軍では5試合のみの登板に終わっていますが二軍では28試合に登板して防御率1.08という素晴らしい成績を残しています。
更に33回1/3を投げて四球は僅か8個と制球面も良さそうです。

プロ入り以降は先発起用が続いていましたが今年はリリーフ登板がメインだったようですので中継ぎの層を厚くする狙いかもしれません。
まだどのような選手かは追い切れていないため今後確認しようと思います。

一方で移籍ライオンズからは愛斗選手がロッテに移籍しました。
外野守備はゴールデングラブ賞も狙えるレベルですが打撃面ではなかなか殻を破れませんでした。

特に低めの変化球という明確な弱点をなかなか克服できませんでした。
更に昨年はバットを短めに持つ事で改善されつつあったものの今年は自身の判断でまた長く持つように変えていたためライオンズではこれ以上の成長は厳しかったかもしれません。

同じパリーグというのが懸念ではありますが環境を変える事で飛躍できる可能性もあるだけに新天地での活躍を期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
カテゴリー
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村