雑記/考察

交渉相手との利害関係もあり成立は難しそうなシーズン中の効果的なトレード

IMG_6272

戦力補強


低迷しているチーム状況を打破するためにシーズン中のトレードによる戦力補強が考えられます。

現状のライオンズとしてはやはりまずは打撃力の強化に繋がる、次に一軍のリリーフを担える投手が必要です。
ただし補強ポイントが明白であるが故に交渉相手からは足元を見られそうですし、即戦力選手の獲得のためにはライオンズも一軍級の選手の放出が必要となりそうです。

昨年は中日との間で川越誠司選手高松渡選手のトレードが成立しました。
しかし昨年も打撃が低迷する中で足を武器とする高松選手の獲得でしたし、コンディション不良もあって結果的にはシーズン中の戦力強化とはなりませんでした。

2018年にはやはり中日から小川龍也投手を獲得して課題であったリリーフ左腕の強化に成功し、その年のリーグ優勝に貢献した例もありました。
ただしこの時は選手を放出して支配下枠を空けたかった中日から金銭トレードで獲得しておりレアケースであると思います。

昨年は日本ハムが中日から郡司選手を、ロッテが巨人から石川選手を獲得しましたがその際には打力をアップしたかったライオンズが獲得したかった選手という意見もありました。
しかし中日は捕手とリリーフ左腕、巨人は若手リリーフとライオンズも手薄なポジションを欲しており仮に獲得に動いていたとしても成立は難しかったと思います。

現時点で他球団から即一軍で活躍できるレベルの選手を獲得しようとする場合は選手層的に先発投手を放出する必要があるかもしれません。
ただし一軍で投げられる先発はどれだけいても十分ということはないため現実的には厳しいと思います。

それでも2021年には準レギュラー級の木村文紀選手と期待されていた佐藤龍世選手を放出して公文克彦投手、平沼翔太選手を獲得した例もあります。
交流戦で対戦を終えたセリーグ球団と何か動きがある可能性もゼロでは無いと思いますので今後の動向に注目です。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


武内投手の交流戦に向けての抹消で先発ローテはどうなる?

IMG_6271

先発ローテ


20日に武内夏暉投手が登録抹消されました。
登板間隔を空けるたけにもともと予定されていた抹消で交流戦に備えるようです。

そのため今週のロッテ戦は今井達也投手、隅田知一郎投手、オリックス戦は高橋光成投手、ボー投手、渡邉勇太朗投手が先発する事になりそうです。
ただし渡邉投手先発試合は與座海人投手が第二先発として控える事になるかもしれません。

そして翌週からの交流戦は6連戦となるため先発がもう1人必要となります。
同じカードで左腕を並べる可能性は低そうなため平日カードは今井達也投手、隅田知一郎投手、週末カードは高橋光成投手、武内夏暉投手、ボー投手の先発と予想しますが、その場合は木曜の先発が不透明となります。

平良海馬投手が戻ってこれれば理想ですが現時点で練習再開の情報などは無いため微妙ですし、リリーフ陣の状況次第ではセットアッパーに配置展開されている松本航投手が先発復帰する可能性もあります。
ただし現時点では体調不良から復帰できていれば羽田慎之介投手など若手投手にチャンスが与えられるのが現実的かもしれません。

交流戦でいきなり打線が活性化する可能性は低いだけに先発投手にはしっかりと試合を作る事が求められますし、若手がチャンスを得られた場合は一軍定着に向けて結果を残して欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


残りのシーズン更には来季に向けて少しでも出てきて欲しいポジティブ要素

IMG_6269

若手の台頭


18日にソフトバンクに敗れて自力優勝が消滅すると19日は武内夏暉投手の緊急降板により痛恨の逆転負けを喫しました。
打線が低迷する中でリリーフが踏ん張れなくなり、更に先発も序盤から失点するケースも増えてくるなど完全に悪循環に陥っており、打つ策も全て裏目に出ている気がします。

ただしその中でも昨年に比べての上積み要素はあります。
先発では今井達也投手は昨年より安定感を増してエースのピッチングを披露しており、武内夏暉投手もルーながらも抜群の安定感を見せています。
野手では古賀悠斗選手は打撃でも結果を残して正捕手に定着しつつあり、蛭間拓哉選手は一軍昇格後は打線を牽引する活躍を見せています。

ただしそれでもチーム状況は改善しないため今季はCS争いに食い込み、更に来季以降を戦い抜いていくためにも更なる若手の台頭というポジティブ要素が出てきて欲しいところです。

先発は羽田慎之介投手、菅井信也投手青山美夏人投手、上間永遠投手などファームで結果を残している投手達がいます。
高橋光成投手のMLB挑戦などもあるだけに今季中に一軍で先発し飛躍のきっかけを掴んで欲しいです。

リリーフは現在目立った活躍をできている選手はいませんが豆田泰志投手、上田大河投手、糸川亮太投手などの成長や育成選手たちの突き上げを期待したいところです。

捕手はファーム調整中の古市尊選手の打撃の状態が上がってきています。
他にも楽しみな若手が多いだけに古賀悠斗選手、炭谷銀仁朗選手を脅かす選手が出てきて欲しいです。

内野手は期待の若手に故障が相次いでいます。
村田怜音選手は長期離脱となりそうですがブランドン選手、山村崇嘉選手には実戦復帰後に猛アピールして欲しいですし、再調整中の渡部健人選手も今季こそ一軍定に定着して欲しいです。
また二遊間についても滝澤夏央選手など次世代のレギュラー候補たちにはトノゲンが不調の際にはスタメンの座を奪えるようレベルアップを図って欲しいです。

外野手はなかなか一軍で安定して結果を残せていない長谷川信哉選手、若林楽人選手やファーム調整中の西川愛也選手、鈴木将平選手など潜在能力の高い選手は多いだけにそろそろ殻を破って欲しいところです。

現時点では投手に比べて野手の成長が追いついていない状況です。
今年はアマチュアに有力選手が多い野手ドラフトが予想されますがルーキーに1年目からの過度な期待は禁物なだけに、レギュラーに定着できるような若手が1人でも多く台頭してくれる事を期待したいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


武内投手は19日に先発?ソフトバンク戦の先発ローテは?

IMG_6250

ソフトバンク戦


17日からのソフトバンク戦はボー投手が初戦に先発しローテ通りであれば2戦目以降は武内夏暉投手、今井達也投手と続きます。

しかし武内投手は3戦目の19日に先発との一部スポーツ紙の記事がありました。
その場合、今井投手は21日からの対ロッテ初戦に投げることになりそうです。

ただしそうなると18日の先発が不透明となります。
一軍帯同メンバーであれば羽田慎之介投手が候補となりそうですがいきなり強力ソフトバンク打線を相手に敵地で先発デビューというのは厳しいのではと思います。

二軍先発投手の登板間隔を考えると與座海人投手、渡邉勇太朗投手の名前が挙がりそうです。
しかし渡邉投手はまだ不安定ですし、與座投手も課題は残るため左の強打者が多いソフトバンク相手では厳しい気もしています。

いずれにせよローテの再編が行われる場合は月末からの交流戦も見据えて判断されると思います。
また武内投手が実際には18日に先発という可能性もあるとは思いますので、まずは予告先発の発表や選手の合流情報などを待ちたいと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


平沼選手の回復具合が鍵を握りそうな当面のファースト起用

IMG_6249

ファースト候補


5月に入ってからファーストを守る選手の抹消が続いています。

まずアギラー選手が足首痛で抹消されると、渡部健人選手は不振で再調整となりました。
そして16日には村田怜音選手が左膝前十字靭帯損傷で抹消となってしまいました。

これにより現時点では一軍では佐藤龍世選手、平沼翔太選手がファーストを守れますが本職の選手は不材となりました。
高松渡選手も途中から守る事もありますがあくまでもオプション的な起用です。

ファームでは陽川尚将選手の名前が挙がりますが打撃の状態は良くありません。
ブランドン選手、山村崇嘉選手はまだ実戦復帰していませんし、高木渉選手は今季はファーストも守っていますが現在は三軍調整中です。

当面の起用としては元山飛優選手が一軍登録されて佐藤龍世選手がファーストに回る可能性はあると思います。
しかし一軍昇格後に勝負強さを発揮している平沼翔太選手が最有力候補だと思います。

ただし平沼選手は足の痙攣で途中交代してからはまだ試合出場が無いため、足がどの程度回復しているかが当面の打線の鍵を握りそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。
カテゴリー
お問い合わせ
PVアクセスランキング にほんブログ村