雑記/考察

現役高卒外野手の1年目ファーム成績

IMG_0902

伸び悩み


前に川野涼多選手と過去の高卒野手達の1年目のファーム成績を比較してみましたが、伸び悩み気味の現役高卒外野手達の過去の成績も見てみようと思います。



1年目成績
試合安打本塁打打点盗塁四死球三振打率OPS
戸川大輔509231530.129.415
愛斗743552132052.201.591
鈴木将平10181032154048.280.697
西川愛也79480991451.226.542
高木渉756262422574.278.796

2年目成績
試合安打本塁打打点盗塁四死球三振打率OPS
戸川大輔76311842352.185.518
愛斗43538253933.3581.010
鈴木将平11585133263445.224.564
西川愛也10393325102979.242.606
高木渉8366123631790.256.755

全体的に2年目までに大きく成績を伸ばした選手が少ない印象です。

戸川選手は育成指名だった事もあり2年間は確実性の低い打撃となっていました。
徐々に成績を向上させてきていますが、年数的にそろそろ1軍で結果を残さなければ厳しい立場になるかもしれません。

愛斗選手は唯一飛躍的に成績を向上させています。
しかし1軍では自分の打撃ができておらず、また大事なところでの怪我が多い印象です。
ファームでも四死球数が少ないため1軍クラスのボールの見極めができていないのではと思いますが、2軍の帝王で終わらないよう殻を破って欲しいところです。

鈴木選手は1年目に高卒らしからぬ成績を残して期待されましたが、2年目には打率を大きく下げてしまいました。
しかし昨年は1軍でも活躍した時期もありましたので、今年こそ定位置を確保して欲しいです。

西川選手は高校時代の故障の影響があった1年目から成績を伸ばしパワーもついてきましたが、飛躍的な成績向上とまではいきませんでした。
調子の良い時は天才的な打撃を披露してくれる反面、一度不調になるとなかなか復調できなくなる傾向にあるため、その点を克服できるかがポイントでしょうか。

高木選手は育成指名ながらも1年目から結果を残し、2年目は更にホームラン数を倍増させたものの打率は下がってしまいました。
パワーが魅力の反面、1軍の投手にも対応できるだけの確実性が課題でしょうか。

レギュラー獲り


2軍ではある程度結果を残しているものの、一気に1軍に定着するほど飛躍的に成長を遂げた選手がまだ出てきていない状況です。

高卒以外にも野手転向3年目の川越誠司選手、独立リーグから入団し2年目の岸潤一郎選手、ルーキーの若林楽人選手と期待の若手外野手は多いため、争いを勝ち抜いてレギュラーに定着する選手が出てきて欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


ライオンズの準硬式出身選手


IMG_0900

過去に3選手が在籍


昨年のドラフト5位で準硬式出身の大曲錬投手を指名しましたが、何度も触れているようにライオンズは過去にも準硬式出身選手が在籍していました。

1994年のドラフト6位では早稲田大の山田和幸選手が指名されました。
野手としては初の準硬式出身のプロ野球選手となりましたが、プロ入り直前からイップスになっており、また内臓疾患の影響で1996年限りで退団となってしまいました。
当時はファームの映像等を簡単に見ることはできなかったため、どのようななプレーをするのか見てみたかった選手です。

1999年のドラフト6位では同志社大の青木勇人投手(現3軍コーチ)が指名されました。
準硬式出身で時間がかかると思われましたが1年目のオープン戦で早くも登板して驚き、次の試合でも連投テストで登板して更に驚いた記憶があります。
3年目まではリリーフとしてチームを支えましたが、肩の故障と試合中の乱闘でむち打ちになってからは低迷が続き、2006年にカープにトレードになりました。
とは言え青木投手のような成功体験がある事は大曲投手にとっても心強いのではと思います。

2005年の大学社会人ドラフト5巡目では関西学院大の山本歩投手が指名されました。
ドラフトの際は図書館で図書館で卒論の資料を探しており指名に気づかなかったようです。
また研究内容が不斉合成であるという報道があったため、ファンがネットで調べて理解しようとしていたのを覚えています。
プロ入り後は制球面に課題があったものの高い奪三振率を誇っていましたが、肘の故障の影響で1軍登板は5試合のみで2009年限りで引退しました。
引退後はスタッフとしてチームに残りましたが大学院進学のために退団し、修士号の取得後は一般企業に就職したようです。
魅力的な投球内容だっただけにもっと1軍で見たかった選手でした。

ボールや体力面の違いなども影響するのか各選手共に故障に泣いた印象です。
大曲投手はもともと硬式球の経験があり過度な心配は不用かもしれませんが、まずは硬式球に慣れて故障のない身体作りを行なって欲しいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


川野涼多選手と過去の高卒野手の1年目成績

IMG_0893

1年目成績


期待の川野涼多選手は昨年高卒ルーキーながらもファームで及第点の成績を残しました。
そこでライオンズの中心打者に育った高卒野手の1年目のファーム成績と比較してみました。

試合安打本塁打打点盗塁四死球三振打率OPS
松井稼頭央9083424112343.260.666
中村剛也773972811661.215.633
栗山巧51163121330.205.645
中島裕之32201414.105.255
浅村栄斗9976327103084.219.579
森友哉687954102348.341.901
川野涼多583631232143.242.682

現2軍監督の松井選手は試合数も多く他選手と比較しても見劣りしない成績を残しました。
ライオンズの骨と牙、中村選手栗山選手は打率は2割そこそこながらもOPSは.600を超えており、更に中村選手はホームランを7本放ち大砲の片鱗を見せています。
中島選手は育成重視で出場試合数も少なく安打も2本のみでした。
浅村選手は打率は低いものの多くの試合に出場し安打を積み上げました。
森選手は別格の成績でシーズン後半は1軍に定着しました。

比較すると出場試合数は多くはないものの川野選手の方が打率やOPSが高いケースが多く、今後の成長を十分に期待できる成績ではないかと思います。
また今年のルーキーの山村選手仲三河選手が今年どれくらいの成績を残してくれるかも楽しみです。

2年目成績


試合安打本塁打打点盗塁四死球三振打率OPS
松井稼頭央172105224.300.686
中村剛也9380225814497.249.825
栗山巧918073014179.274.773
中島裕之100109114754980.299.824
浅村栄斗6573528111846.278.725
森友哉121101088.344.913
川野涼多?????

2年目のファーム成績を見てみると各選手共に大幅に成績を向上させており、松井選手と森選手は1軍に定着しました。
そのため川野選手が今後1軍の主力野手にまで育つかどうかは、今シーズンにどれだけの成績を残せるかによるかもしれませんので注目していきたいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


中村剛也選手の達成が期待される記録


IMG_0862

本塁打と得点


2021年シーズンは栗山巧選手2000本安打達成の期待がかかりますが、同級生の中村剛也選手にも450本塁打1000得点達成の可能性があります。

中村選手は昨シーズンは死球の影響もあり不振に陥り記録を伸ばす事ができませんでした。
450本塁打にはあと26本に迫っていますが、昨年は9本に留まっています。
しかし2017-2019年は27本塁打以上を放っているため復調できれば十分達成可能ではないでしょうか。

1000得点には残り68得点ですが1人で達成できる記録ではないため厳しいかもしれません。
ただし2019年は69得点を記録しているため、山賊打線が復活できればギリギリ達成できるかもしれません。

中村選手と栗山選手の記録が早めに達成できればそれだけチームのパリーグ優勝にも近づけるのではと思いますので、両選手の個人記録にも注目したいところです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


2021年の年男


IMG_0532

丑年生まれ


改めまして明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2021年は丑年ですがライオンズには8人の年男の選手とコーチがいます。

1997年生まれ


高橋光成投手は足踏みしたシーズンはあったものの一昨年は二桁勝利、昨年は規定投球回到達と順調に成長してきています。
今年はエースとしてタイトル争いに絡めるようなピッチングを期待したいですし、西口投手コーチの前でノーヒットノーランを達成して欲しいです。

粟津凱士投手は入団から2年間結果を残せていませんが、昨年は右肘の靭帯を痛めておりPRP療法で治す方針のようです。
今シーズンはどの程度投げられるか不明ですが、決め球のシンカーを武器に飛躍のきっかけを掴んで欲しいところです。

出井敏博投手は育成選手ながらフェニックスリーグで好投を見せており、ファームでの投球内容によっては先発要員としてシーズン中の育成登録もあるかもしれません。
球威で抑えるタイプではないだけに、1軍で通用するためにはストレートの平均球速を少し上げられるか、もしくは各球種の精度をどれだけ上げられるかがポイントでしょうか。

柘植世那選手はルーキーイヤーの昨年は第三捕手として定着しました。
ただし特に守備面でのミス等もありましたので、自主トレやキャンプで攻守のレベルアップを図り、まずは岡田選手から第二捕手の座を奪うほどの成長を見せて欲しいです。

佐藤龍世選手は昨年ファームで抜群の結果を残していたものの道交法違反で対外試合禁止処分となり、自身だけでなく打撃不振に苦しんだチームとしても大きな痛手となってしまいました。
謹慎処分が解けた今季はプレーだけでなく練習姿勢や私生活でも周囲を納得させる必要がありますし、その上でサードのレギュラー争いに加われるような結果を出して欲しいところです。

愛斗選手はなかなか殻を破る事ができず、シーズン終盤の1軍昇格時には外角の変化球などの課題が克服できていない事が露呈してしまいました。
ドラフトで外野手を多く指名したため立場的に厳しくなるシーズンですが、2軍での思いっきりの良いバッティングを1軍でも披露できるようになって欲しいです。

1985年生まれ


メヒア選手は昨年は久々の二桁本塁打を放ち、得意の楽天戦では好成績を残したものの全体としては物足りない結果となりました。
ナイスガイでファンからも愛されている選手ですので、ファーストや指名打者、さらには代打としてここぞの場面で値千金の一打を放つ姿を出来るだけ多く見せて欲しいところです。

1961年生まれ


清川栄治コーチは還暦を迎えます。
若手投手が伸び悩んでいますがフェニックスリーグで結果を残した好素材達がいますので、1人でも多くの投手が1軍の戦力となるよう育成して欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。