雑記/考察

開幕後1巡目の対戦が終了


IMG_1176

8勝5敗1分


シーズンが開幕してから各チームとの対戦がひと通り終わりました。
楽天に3連敗を喫したのは痛かったですが、それでも貯金3で2位タイにつけており悪くはないスタートではないかと思います。

投手陣


4/12時点でチーム防御率は3.89で4位となっています。
ただし6日のイーグルス戦で13失点大敗があったため、その試合を除くとまずまずの数字ではないかと思います。
選手は先発は高橋光成投手が2勝、平井克典投手が3勝を挙げて先発の役目を果たしていますが、他の投手は制球に苦しむ場面が多い印象です。
松本航投手、浜屋将太投手は共に1勝を挙げているものの防御率5点台と苦戦しています。
敗戦投手になったものの上間永遠投手がまずまずのピッチングを見せただけに、今後の内容次第ではローテーションの入れ替えもあるかもしれません。
今井達也投手も相変わらずの制球難ではありますが三振も多く奪っており、現時点では大崩れはしていないため、1軍で投げさせて安定感を高めていくのを待つの待つ事になりそうでし。

リリーフ陣では平良海馬投手、増田達至投手の勝ちパターンに加えて、佐野泰雄投手が計算できるようになったのは非常に大きいのではと思います。
しかし宮川哲投手は登板毎の調子の差が激しくなかなか安定しませんし、ギャレット投手、田村伊知郎投手、伊藤翔投手もビシッとは抑えられない試合が続いています。

先発は外国人選手、リリーフは森脇亮介投手が復帰するまでは苦しいやり繰りが続くかもしれませんが、試合展開に応じた総力戦で凌いで欲しいところです。

野手陣


打率.229、56得点は共にリーグ4位となっており、主力打者に故障者が続出している影響が大きく出ていそうです。
しかし昨年のように打線全体で不振に陥っている状態にまでは至っていません。

昨年とは異なり若手が台頭しているのが大きいと思います。
6年目の呉念庭選手愛斗選手は昇格以降ラッキーボーイ的な活躍を見せています。
そしてルーキーの若林楽人選手に期待はしていましたが、この時期に1番で起用できる程の活躍を見せてくれるのは想像以上でした。

主力ではキャプテンの源田壮亮選手は2番として及第点の成績ですし、金子侑司選手は9番に打順変更してから調子を上げてきました。
一方で主軸の中村剛也選手は打率は低いものの打点は稼げていますが、森友哉選手はなかなかチャンスで1本が出ない状況です。
岡田雅利選手の打撃の調子も悪くなさそうなだけに、6連戦の週は森選手を休ませながらの起用になるでしょうか。

野手陣は投手以上に故障者が続出しているため当面は我慢が続きそうです。
複数ポジションを守れるスパンジェンバーグ選手が出場できるようになれば選手起用の幅も広がってくるのではと思います。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



盗塁数の増加が目立つ今シーズンのライオンズ


IMG_1175

チーム20盗塁


昨シーズンは盗塁数が減ったライオンズですが今年はまた積極的に盗塁を仕掛けています。
14試合が終えた時点でチームとしてリーグトップの盗塁数20個に到達しました。
特にマリーンズ3連戦だけで10個の盗塁を決めています。
他チームの盗塁数は一桁なだけに圧倒的な数字となっています。

そして個人の盗塁数上位をライオンズの選手で占めています。
1位タイの6個を決めているのが若林楽人選手源田壮亮選手です。

若林選手はルーキーながら良いスタートを決められているのが素晴らしいと思います。
また1試合2盗塁を3回記録しているのも特徴的です。
自打球で途中交代したものの長期離脱とはならなさそうなのは安心ですが、今後マークが厳しくなり走れなくなる時期も出てくるかもしれません。
しかしその中でも結果を残してレギュラーに定着し、ルーキーで盗塁王を獲得できるような活躍を期待したいところです。

源田選手は入団以来3年連続で30盗塁以上を記録していましたが、昨年は打撃不振の時期も長かった事もあり18盗塁と数字を落としました。
今年は好調な出だしとなりましたのでキャリアハイの数字を残せるよう打撃面でも結果を残し続けたいところです。

3位タイの3盗塁を決めているのが金子侑司選手山野辺翔選手です。

金子選手は9番に打順変更してから打撃が上向いてきただけに更なる盗塁を期待したいです。
ただし盗塁死も5回あるなど昨年から成功率が大幅に落ちてきているのが気がかりです。
年齢的なものもあるかもしれませんし、タイミング等の問題かもしれません。
松井二軍監督が現役時代に「足にはスランプはある」という発言をしていたように記憶していますが、問題点を解決して成功率を上げて欲しいところです。

山野辺選手は外崎選手の離脱後にセカンドでスタメン出場するようになったため、俊足を発揮する機会が増えました。
しかし指の故障で登録抹消となりましたので、早く万全な状態に直した上でまたグラウンドを駆け回る姿を見せて欲しいです。

後は呉念庭選手山田遥楓選手が1盗塁ずつ決めています。
他にも足を使える選手も多いため足でパリーグを掻き回して欲しいです。

Hit!Foot!Get!


東尾監督時代にもHit!Foot!Get!のスローガンを掲げて足を使った野球を目指していました。
特に1997年にはチームとしてシーズン200盗塁を記録しています。
この時に200盗塁目を決めたのが決して俊足ではない捕手の今来留主成幸選手だったというのが強く印象に残っています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです



故障者続出で1軍2軍共に苦しい野手事情


IMG_1171

野手に故障者続出


10日に指の故障で山野辺翔選手が登録抹消され、若林楽人選手は自打球で負傷交代しました。

これまでに栗山巧選手が脚の張り、山川穂高選手が脚の肉離れ、ブランドン選手が熱中症、外崎修汰選手が腓骨骨折で登録抹消されています。
このうちブランドン選手はファームで実戦復帰し、栗山選手も練習再開していますが他の選手は復帰の目処は立っていない状況です。

またファームでは高木渉選手が脚を痛めて交代した後から欠場し、川野涼多選手や戸川大輔選手も情報は無いですが試合出場が無い状態が続いています。

ファームの野手状況


山野辺選手の代わりに1人、若林選手も抹消となった場合はもう1人野手の登録が行われる事になりますが、故障者の影響でファームに野手もギリギリの状態となっています。

内野手で試合出場しているのがブランドン選手、綱島龍生選手、高卒の山村崇嘉選手、育成の長谷川信哉選手で、育成捕手の中熊大智選手がファーストで出場する場合もあります。
ただしブランドン選手は13日、綱島選手は18日以降でなければ1軍登録できません。

外野手は川越誠司選手、内野も守れる熊代聖人選手、高卒の仲三河優太選手、育成のジョセフ選手が試合に出場しています。

昇格候補


脚の張りが取れていればそろそろ栗山巧選手が登録されるのではと思います。
若林選手も抹消となった場合は内野手で昇格候補がいないため外野手が登録されるのではと思いますが、川越誠司選手はまだ調子が上がりきっておらず1軍の外野手も過多状態となります。
そのため内外野を守れる熊代聖人選手が昇格候補となるのではないかと思っています。

更に渡部健人選手がデビュー戦のホームラン以降ヒットを打てていないため、状態によっては13日以降にブランドン選手との入れ替えがあるかもしれません。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです

早くも5選手が1軍初ホームランを記録

IMG_1164

初ホームラン


9日のマリーンズ戰で愛斗選手がホームランを放ちました。
今シーズンはこれでブランドン選手、呉念庭選手、渡部健人選手、若林楽人選手に続き、5選手が1軍初ホームランを放ちました。
ルーキー3選手に苦節6年目の2選手という対照的な内訳になっています。

昨年は鈴木将平選手、高木渉選手、柘植世那選手が初ホームランを放ったと記憶していますので、12試合目で早くも昨年を超えています。

故障者や外国人不在の影響により出場機会が増えている面もありますが、昨年は主力が故障した際に若手が結果を残せず打線が低迷した事を考えると、今年の若手の頑張りは目を見張るものがあります。
現状の1軍メンバーでは外崎選手に代わってセカンドで出場中の山野辺翔選手、8日にファームでホームランを放った西川愛也選手、外野のサブ要員の岸潤一郎選手も帯同していますので、更に初ホームランを記録する選手が増える可能性もあります。

なおプロ11年目の熊代聖人選手もまだホームランを放っていません。
内外野のサブ要員やムードメーカーとして1軍昇格する機会はあると思いますので、待望の1発を放てるか注目したいです。

プロ初からの2発


愛斗選手はプロ初ホームランに加えて、8回には逆転となる2号3ランも放っています。

ライオンズでプロ初ホームランを記録した試合で2発を放ったのは高山久選手、中村剛也選手、炭谷銀仁朗選手以来4人目となります。

高山選手や炭谷選手は打撃面で伸び悩みましたが中村選手は主砲として何本ものホームランをおかわりしています。
愛斗選手も主力として活躍できるよう、今後は弱点を突かれて結果を出せない時も出てくると思いますが、課題を克服して更なるレベルアップを図って欲しいです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


実を結びつつある近年のドラフト戦略


IMG_1161

1軍の戦力へ


8日時点で1軍メンバー31名のうち過去5年のドラフト指名選手が18名と過半数を占めています。

2016年指名選手は5選手が1軍登録されています。
投手では今井達也投手、平井克典投手が先発ローテーション入りし、田村伊知郎投手は現状はビハインド時のリリーフ要員となっています。
野手では源田壮亮選手は不動のレギュラーで鈴木将平選手は外野争いを繰り広げています。

2017年指名選手は3選手が1軍登録されています。
投手では平良海馬投手は不動のセットアッパー、伊藤翔投手はリリーフ要員です。
野手では西川愛也選手が開幕スタメン入りしましたが今年はまだ無安打が続いています。
他にも綱島龍生選手も数日ですが1軍登録されていましたし、高木渉選手もファームで圧倒的な成績を残しており故障が癒えれば1軍登録のチャンスがありそうです。

2018年指名選手は3選手が1軍登録されています。
投手では松本航投手が不安定ながらも先発ローテーション入りしています。
野手では山野辺翔選手が外崎選手の代役としてセカンドで出場を続けており、佐藤龍世選手はサードのサブ要員として1軍昇格しています。
また故障が無ければ森脇亮介投手もセットアッパーとして帯同しているはずです。

2019年指名選手は5選手が1軍登録されています。
宮川哲投手は勝ちパターンに繋ぐリリーフ要員、浜屋将太投手は先発ローテーション入りし、8日に初登板を果たした上間永遠投手も当面は先発起用されると思います。
野手では柘植世那選手は第3捕手、岸潤一郎選手は外野でスタメン起用される試合もあります。
また7日に抹消されたものの井上広輝投手も開幕1軍入りしており、入団2年目の選手達がこれだけ1軍の戦力になっているのは驚異的に思えます。

2020年指名選手は2選手が1軍登録されています。
若林楽人選手は結果を出し始め外野でスタメン起用されるようになってきましたし、渡部健人選手もプロ初ホームランを放っています。
また熱中症で登録抹消されたブランドン選手も開幕1軍を果たしていました。

故障者続出や外国人選手不在の影響があるとは言え多くの獲得選手が戦力になっていますし、全く戦力にならない選手も減っている印象でスカウティングの成果に思えます。
また大学や社会人卒だけでなく、平良海馬選手は高卒2年目から戦力になりましたし、井上広輝投手、上間永遠投手も早々に1軍デビューを果たしました。
3軍制も軌道に乗り始めた感もありますし、近い将来に渡辺GMの言う投手王国だけでなく強力打線も出来上がり、新たな黄金期が到来する事を期待しています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
↑ポチッとして頂けると嬉しいです


スポンサードサイト
Twitter
ライオンズファン歴35年。ブログでライオンズに関する記事を書いています。